晴遊雨読・暢呑夢酔の戯れごと

絶景かな!!浅間山、空気と水の美味しい町で余命人生エンジョイ中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夕焼けの 浅間眺めつ 権現の湯

2009-12-29 21:57:00 | Weblog
夕焼けの 浅間眺めつ 権現の湯

21年12月29日(火)晴れ、穏やかな日。   -2度


昇り来る日の出



 いつものように7時前には起床する。新聞を取りに行くと零下の寒さである。
モップ掃除をしていると、元気溌剌の朝陽が昇ってくる。
 朝のうちは少し寒いが、師走の好天になりそうである。
昨夜遅くまでテレビを観ていた、孫たちは起きて来ない。


朝食前のひととき



 やっと起きて食卓に座る孫たち。
食事の前に新聞の折込広告を見て、ショッピングの予定など楽しそうに
話している。


雪化粧して雲の上から



 浅間山は雪化粧した峯から、白い噴煙を少しず煙が上で漂っている。

孫が来るからと準備にハッスルした敬妻は、股関節が痛むと治療院に行く。

 先日母上をなくされたTH氏が、お返しと快気祝いを持参される。
高価なものをいただき恐縮する。早く元気になって活躍してほしい。


塀際の雪で遊ぶ孫たち



 昨日の雨でもう溶けてしまったと思っていた雪が、塀の日陰に残っている。
孫たちは珍しがって遊んでいるが、雪合戦やダルマ作りする量はない。

早く届いた広報「たてしな」1月号



 珍らしや!いつもその月の半ばでないと届かない広報が届き驚く。
例月、月の半ばでないと届かないので、情報を事前に知ることがなく不便を感じていた。2月分が1月に届くようになれば、スケジュウルの上でもありがたい。
 早速に担当する家へ配達する。

春と間違え咲く野花




 散歩に庭を巡ると。土手に春一番の「オオイヌノフグリ」がもう咲き出している。
例年春一番に咲く花なので、暖冬の影響を諸に受けているのだろうか。
土手には、タンポポも何回目になるか、咲いている。


浅間の南に月昇る



 少しづつ丸みを増してくる月・13.45夜月である。
浅間の右側に顔を出している。時間は14時45分とある。
 浅間の峯も午後からは好天になりそうである。


夕焼けに染まる浅間山



権現の湯の売店



権現亭での夕食と晩酌



 夕焼けに染まる景色を見ていたら、権現の湯に行きたくなる。
敬妻に娘・孫2人で、風呂に入った後で、権現亭の食事を食べる。
運転を娘に任せているので、牧水の生を冷で飲む至福の時である。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孫来る 浅間噴煙 歓迎す | トップ | 来年の 開運願い 眼鏡買い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事