比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
拙ブログの記事のリンク、写真の転用はご自由に。

冬の信州上田・・・稲倉の棚田・・・この土地を切り開いた先人たちの・・・古墳の見える風景

2017-03-15 | 信濃の国は

2017年2月、上田市殿城(旧石清水村)稲倉の棚田。雪景色。
今回は「上田六文銭」さんの画像提供です。
信州上田の・・・六文銭の写真帳・・・
※ブログ「比企の丘から」のギャラリー公開。
昨年の秋、ここ稲倉の棚田を尋ねたとき・・雑草に埋もれている古墳を見ました。
ふたたび冬、稲倉の棚田・・・古墳を尋ねて見ました。あのときは草に囲まれていましたがいまは草も枯れて見やすい。
この写真では2基、近くにもう2基,ぜんぶで4基あります。むかしは20基を越えていたそうです。

古墳A

古墳B

古墳C

古墳D

小さな円墳・・・大きな将軍塚から埋葬者の地位が少し下のランクにひろがったころの古墳でしょうか。棚田の開発とともに徐々に崩されていったものと思われ、歴史的な検証はされていないようです。副葬品も盗掘というより廃棄されていったのでしょうか。
残された4基の小円墳から、この土地を切り開いた先人たちの生きた証が見えてきます。
※撮影日は2月15日、Panasonic LUMIX DMC-FZ100。

上田市内の埋蔵文化財包蔵地域をネットで検索しましたら459の登録がありました。この殿城地区だけでも15の古墳・遺跡が登録されていますが、ここ石清水の古墳は登録されていないようです。調査の対象から外されているのでしょうか。よくワカリマセン。
※コメント欄クローズしています。
『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の信州上田・・・稲倉の棚田・... | トップ | 彩の国・・・比企の里の・・・山の... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。