比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
拙ブログの記事のリンク、写真の転用はご自由に。

関東郡代伊奈家を追っかけて・・・赤山陣屋を歩く

2010-02-23 | 道をゆく 埼玉イイなっ
世界のメガロポリス東京・・・徳川家康の江戸御討入より都市づくりが始まります。
さてその都市づくりの一端をになった伊奈一族に興味を持って伊奈町の小室陣屋跡、墓所のある鴻巣市の勝願寺・・・を歩いてみました。
そして最後にたずねたのは・・・関東郡代伊奈家三代半十郎忠治の開いた赤山陣屋の跡です。数10㌶・・・広大な敷地であったことは想像できますが、いまはほとんどが民有地、安行地区独特の植木の養生畑です。史跡赤山陣屋と呼んでいるのは農道を兼ねた通路とその脇のわずかに残る空堀のみのようです。

赤山城址と彫られた大きな石柱。その脇に説明板。右奥が本丸らしいですが私有地?この辺は本丸の虎口?

石柱から左に進むと空堀が。

さらに突き当たって右に。西堀? 遠くに高速東京外環道が見える。

この辺は鉄製のフェンス、生垣に囲まれ、欅のみが陣屋跡を偲ばせます。

東京外環道の真下です。いま来た道を振り返ったところです。ところどころに目立たないように銅板の説明プレートがあります。谷のようになっていて左側が本丸跡。背中側が高速道、高速道を越えたところに出丸があったようです。車で行ったので高速道下の道路に無断駐車です。


ここの探訪はこの地域の東側の曲輪バス停方面から山王社を通って歩き出すのがいいようですが駐車場も見つからず上の写真のところ(高速道下)から石柱までの往復でした。陣屋跡といっても99%が民有地、静かに迷惑をかけないように歩きたいのですが、それにしても駐車スペースと 散策コースの説明板がほしいですね。

《参考》関東郡代伊奈家200年の歴史を追った書。
丸野啓祐「関東郡代の終焉」(講談社出版SC・2000年刊)
本間清利「関東郡代 伊奈家の系譜」(埼玉新聞社・1983年刊)

関東代官頭初代伊奈熊蔵忠次は1590年徳川家康の江戸入府と同時に伊奈町丸山に10000石小室陣屋を構えます。1612年忠次没、2代長男忠政1618年没。跡を継いだその子忠勝は翌年9歳にて没、そのためお家断絶となるが3歳の弟が小室郷辺1186石の知行地を与えられ西伊奈家として存続。忠次の次男(庶子)忠治がすでに800石で仕官していたが1623年赤山に陣屋を設ける。東伊奈家の始まり。関東郡代という名前が出るのは1642年・・・ここに関東郡代7000石伊奈家三代忠治が生まれる。忠治の時代の主な業績は利根川の東遷の進行、1629年荒川の西遷、1652年玉川上水の水道奉行を務め、1653年没。玉川上水の水道奉行は4代忠克が継いだ。

以来、1792年12代当主忠尊まで200年余、伊奈家は関東郡代としてその職を全うします。1654年利根川が銚子で太平洋に、1707年宝永の富士大噴火の救済、1764年中山道伝馬騒動の鎮静化、1781年高崎藩絹織物一揆の鎮静化、1784年天明の浅間台噴火の救済、伊奈家の役割は地域密着型です。
このため幕府中央官僚の威厳をそぐという現象が見られるようになります。

1792年、12代伊奈忠尊(備中松山板倉藩からの養子)の時代、改易になります。11代忠敬(大和郡山松平藩からの養子)に子なきため迎えた養子ですがそのご忠敬に子供が生まれたためギクシャクします。忠尊の不行跡とか配下の離反とかいわれますが真相は闇の中です。

老中松平定信の進める「寛政の改革」のさなか、伊奈一族の一掃をはかっていたのかもしれません。

わたしの生まれた信濃国伊那の谷と同じ名前に惹かれて伊奈一族を追って小室陣屋勝願寺、赤山陣屋とたずねあるきました。惹かれたのはそれだけでしょうか。
伊奈家世襲200年の謎・・・嫡流、庶流、養子で伊奈家は続いていきますが職務に耐えられなければ職を解かれたでしょう。伊奈家は全体の塊として財務、金融、土木、設計、農政などあらゆる分野に地方行政の手錬れがいたと思われます。
忠尊改易後も「御料所の分はひたすら伊奈半左衛門をこいしがり」という言があるそうです。伊奈家は百姓の目の高さでご用を勤めたものとわたしは思います。 
『埼玉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関東平野を開いた伊奈家の菩... | トップ | 早春の三又沼ビオトープ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

道をゆく 埼玉イイなっ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事