比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
拙ブログの記事のリンク、写真の転用はご自由に。

秋の信濃路・・・明治・大正・昭和のおもかげを偲ばせる・・・しなの鉄道「大屋駅」

2017-12-08 | 鉄道・駅の風景

11月29日、久しぶりの信州上田へ日帰り・・・
11月下旬は信州リンゴ、秋野菜の収穫期。
葱、白菜などいただき、知り合いの果樹園で規格外の林檎をタップリ仕入れて帰路に。

上田市大屋・・・しなの鉄道大屋駅」・・・明治・大正・昭和の香り偲ばせる駅舎。
1896年官設鐵道信越線「大屋駅」開業 2007年経済産業省の近代化産業遺産に認定。

官設鐵道信越本線は1885年高崎~横川間、1886年直江津~関山間開通からはじまり、1888年直江津~軽井沢間、1893年横川~軽井沢開通で全通。当時の小県郡地区の駅は1888年開通したとき「田中駅」のみ。急成長していた諏訪地方の製糸業者の製品流通ルートは中央東線開通前であり和田峠を越えて田中駅に製品を搬送していて、最短地区の「大屋」に駅開設を請願、これが認められて1896年「大屋駅」開設。日本最初の請願駅。駅前向かって右の石碑はそのときの請願文。
明治時代の日本の輸出産業の花形の製糸業に関わる歴史の1ページを飾る出来事。上田市の信州大学繊維学部講堂などと合わせて近代化産業遺産群に。
中央東線が新宿~塩尻間が開通し篠ノ井線と合わせて1906年長野県は東京と鉄道網が整備された。それまで1896年からは中信、南信地方の人々は峠を越えて「大屋駅」で東京に向かった。

かつては依田窪の谷の中心・蚕都丸子町(現上田市)に至る上田丸子電鉄の併設駅もあり、国鉄、JRの中堅駅。
駅舎は明治時代のままを改修を重ねたものか、改築したものか・・・詳細はワカリマセン。標高482m、1日の乗客数1132人。
※撮影日11月29日 Panasonic LUMIX DMC-TZ85。


※コメント欄オープン。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

比企の丘・・・巌殿観音・・・大銀杏は・・・いま黄金の絨毯・・・

2017-12-08 | 比企の丘から

11月25日、比企丘陵、巌殿観音の大銀杏を見に行きました。
12月7日、ふたたびの岩殿観音、大銀杏です。
岩殿参道のほうから上ってきました。
樹齢推定1300年以上前か?
黄金の絨毯





今週の週末あたりが見ごろです。ぜひ見に来てください。
※2017年12月7日撮影。 


※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加