比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
拙ブログの記事のリンク、写真の転用はご自由に。

今日は比企の丘で・・・小さなコンサート

2017-12-03 | 音楽

12月3日午後、比企の丘の鳩山ふれあいセンターで小さなコンサートがありました。

連の會 Ali-Young Concert」・・・女性2人、男性3人からなるグループです。
Ali-Youngとは・・・台湾原住民語の「友だち」(アリヤンヤン)という意味だそうです。

ピアノ演奏「展覧会の絵」、女性ソロ「ねむの花」「千の風になって」「さようなら故郷の家よ」、女性デュオ「竹田の子守唄「ジプリのメドレー」、ピアノ演奏「旅のはじめに」、男性デュオ「大きな古時計」「遠くに行きたい」「アカシアの径」。ピアノ演奏「自由の翼」、混声「台湾歌曲」「浜辺の歌」「見上げてごらん夜の星を」「アメージンググレース」「聖しこの夜」。
 


最後は皆さんとご一緒に「今日の日はさようなら」を合唱。

イイ演奏会でした・・・クラシックからポピュラーまで、一度は聞いたことのある曲ばかり。

次回は2018年4月8日(日曜日)。

※コンサートでの写真撮影・・・タカが素人写真です。演奏者にもお客様にも迷惑にならないように、後ろから気づかれないようにそっと、いまのカメラはシャッター音をサイレントに、フラッシュを発光禁止にできます。とうぜん焦点は甘くなります。ほんとうは関係者のかたに断りを入れなくては思いましたが。失礼しました。


※コメント欄オープンしています。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋・・・越後魚沼平野・・・湯沢高原から雲海を見る

2017-12-03 | 道をゆく 越前、加能、越中、越後

信州上田の・・・六文銭の写真帳
秋・・・10月29日、新潟県・・・南魚沼あたり周遊・・・
湯沢高原・・・パノラマパークに上がってきました。標高850m、ロープウエイ山麓駅(標高350m)から標高差500m。

眼下にJR越後湯沢駅(上越新幹線、上越線)、湯沢温泉街が見えます。

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。」ではじまる・・・川端康成の小説「雪国」の舞台で有名。




雲海・・・



眼下に見える湯沢町の市街、中央に関越高速道、その左に魚野川、右側に国道17号線(三国街道)。
※撮影は10月29日。



※コメント欄オープン。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加