さとみ昆虫記

パソコン初心者、昆虫も万年初心者、見たもの、感じたことを自由気ままに紹介します。
※写真の無断転載を禁止します

越冬していたホソセスジゲンゴロウ

2017-03-21 18:30:39 | 水生昆虫
土手から信濃川本流に出るまでに大きな水たまりがある ↓

2017,3,20   新潟県信濃川河川敷
この際をちょっと掘ってみた

2017,3,20   新潟県信濃川河川敷  ホソセスジゲンゴロウ
手前が掘ったあと ↓


本種は山間地の池や、信濃川付近の水田脇の小川などでも採集したことがあるけれど、
そこでの数はそれほど多くない
好むのは、数日で干上がるような水たまりなどで、ここ信濃川河川敷の水たまり(道路も含む)では数多く見る

ゲンゴロウ類の成中越冬個体は初めてで嬉しかった(見つけた時は小さいツチカメだと思った)
ここには苔も多かったから一応めくってみたけど、やっぱりセアカオサムシはいなかったよ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フタキボシゾウムシ | トップ | カクスナゴミムシダマシとヒ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キタノミゾウ)
2017-03-21 22:36:08
セスジゲンとかエゾヒメゲンって本当に浅い水たまりにいますよね。不安定で短期間しか存続ない水場を好むのはゴマフガムシもそうですね。好む理由がよくわかりませんが。そういえば一度、夜の河川敷の水溜まりでゲンモが泳いでいるのを見ました。(笑)
キタノミゾウさま (さとみ)
2017-03-25 22:07:21
そうですね、浅い水たまりは私でも簡単に採集できるので楽ちんです。 できれば違う種を採ってみたいですが・・・(^v^)

水たまりのゲンゴロウモドキはさぞ迫力があったことでしょうね。夢でもいいので私も水たまりで大型のゲンゴロウが泳いでいるのが見たいです(^v^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。