さとみ昆虫記

パソコン初心者、昆虫も万年初心者、見たもの、感じたことを自由気ままに紹介します。
※写真の無断転載を禁止します

ヒメツチハンミョウ

2017-01-04 20:48:01 | その他甲虫

2016,4,9   新潟県  
秋に見ることもあるが、成虫越冬した個体を春早くから多く目にする ↓拡大

同個体   特徴である触角(♂)は見る角度によって、随分と形が変わる
今回沢山いたのはこんなところ ↓

2016,4,9   新潟県   手前の草が多い所

2016,4,9

♂ 



スギナを食べている個体もいた

同個体

同個体

同個体
トコトコ歩いている個体は毎年見るけど、食事中ののは初めて見た。今度は交尾中のを見たいな
   
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キセキレイ | トップ | ツチカメムシの仲間 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キタノミゾウ)
2017-01-05 06:54:00
本年も素晴らしい記録を宜しくお願いします。 

北海道のメノコは晩秋から出現して活動し、雪の下で野垂れ死にしてしまいますが、ヒメ(とか区別のつかないキュウシュウ)は越冬するのですか!
ヒメは春の芽吹き頃に出現するという先入観がありました。もっとも春といっても1月は季節的には冬でしょうか? ヒメが秋〜正月にかけて(も)見られたのはとても興味深いです。
キタノミゾウさま (さとみ)
2017-01-05 22:32:18
大変申し訳ございません。 生態など含め、全く知識も無いのに、きちんとした裏付けもとらずに、図鑑に「成虫で土中で越冬し・・・」と書いてあったので、そうなんだと思ってしまいました。
過去に秋(10月)田んぼの中で死んで間もないと思われる本種を見つけたこと、また、月刊むし№540と№541に本種の生態記事が掲載されていたことも頭にありました。 
これからはもう少し気をつけます。 本年もよろしくお願いいたします。




コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。