サッカー親子のあれこれ日記

元4級審判の親父とジュニアユース小僧の話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

敗戦の考察2

2016-11-08 06:26:37 | 日記

今日も敗戦の考察を継続します。

練習やアップ時に鳥籠というものがあります。

狭いエリアでワンタッチプレーを行う練習の一つです。

実際の試合でなぜこれを出さないのか!?

技術的な問題というより実戦の時に、外側の選手は180度しか見る必要ない事と出してはボ2パターンくらいしか持っていない事なんです。

何故?

過去にもボールタッチや練習時に感じていたことなんですが...

選手達はピッチで首を振っていないんです。

味方が視界に入っていないとボールを受けてから出し先やその後のプレーを考える事になっているんですね。

だから変な位置取りでボールを保持したり、ドリブルを始めたりもするんです。

同じく、相手位置を確認していないとセカンドボールも取れなくなるんですね。

こんなプレーはジュニアユース世代でコーチや監督から口を酸っぱくするほど言われているプレーなんですが...。

エース級の選手達は言われてなかったんですかね!?

高校での練習では中位しなかったんですかね!?

基本が出来ていないと応用にならない事は言うまでもないです。

相手のプレスが早かったりすると対処は全く出来なくなりますね。

新チームは絶対まねして欲しくない事です。

足元の技術は皆あるはずなので、ボールを受ける前に必ず準備してから受ける事です。

そうすれば、ボールをどこの位置にトラップするかも決めれるし、そこに置く為に練習をするんです。

基本が大事だしそれをやり切る事です!

 

 

 

今日はこんなところで...。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 敗戦の考察  | トップ | 敗戦の考察3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。