ムジカの写真帳

世界はキラキラおもちゃ箱・写真館
写真に俳句や短歌を添えてつづります。

身代は

2016-10-15 04:31:00 | 






身代は ボタンインコと 月明かり     夢詩香






*学校を卒業してからしばらく、県外で働いていたことがありました。

見知らぬ土地で、一人で暮らすのが寂しくて、ペット屋さんに行って、小さなインコを買ったのです。初めてもらった給料で、一番先に買った自分のものがそれ。鳥かごと、餌といっしょに、1歳くらいのかわいいキエリクロボタンインコを買いました。

ほんとはセキセイにしようと思ってたんだけど、ペット屋さんであの小鳥を見た途端にほしくなって、予定より高くついたけど、買ってしまった。

若いころなんて、威勢がいいけど、ほんとは何も持っていない。自分の財産と言えるものなんて、ほんと、あのインコだけだった。

当時流行ってたアニメのキャラの名前をつけて、かわいがっていました。

県外で働くのは、予想以上につらくて、わたしはすぐに挫折して、故郷に帰りました。故郷に向かう新幹線に、鳥かごを持って乗った。田舎に戻って、子供のころから知ってる風景を見たとき、なんだか染みるほどうれしかったことを覚えている。

それからしばらくして、地元で働き口を見つけて、その時出会った夫と結婚して、お嫁に行くときも、インコを連れていきました。ずっといっしょだった。

でもある日、家の掃除をしようと、しばらく鳥かごを外に出して置いたら、そのすきに猫に襲われたらしくて。気づいたら、かごが下に落ちていて、もうインコはいなかった。食べられてしまったのか、それとも空に逃げてしまったのか。あれっきりわからない。

妙に突っ張ってて、友達が少なかったあの頃のわたしにとって、一番の暖かい友達だった。だから今でもはっきり覚えている。







『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かひなきも | トップ | 死ぬる日は »
最近の画像もっと見る

あわせて読む