ムジカの写真帳

世界はキラキラおもちゃ箱・写真館
写真に俳句や短歌を添えてつづります。

身を歌ひ

2016-11-07 04:25:51 | 







身を歌ひ 鶴のねたみを 買ふ雀     夢詩香







*わたしは小さいころから、けっこう変わり者と言われていました。

女の子同士でつるみあうのが苦手で、ひとりで本ばかり読んでた。つきあいが悪いのがわざわいしてか、いじめみたいのに会うこともありました。

大人になっても、そんなことがあって。まだ子供が幼稚園だったころ、同じ幼稚園に通っていた子のお母さんに、少し目をつけられてしまったことがあるんです。

ちょっと意外だったのは、そのお母さんというのが、わたしから見ればとても恵まれた人だったということ。いわゆるセレブという感じで、持ってるバッグはプラダだったし、服もおしゃれで素敵。かなりの美人。なんでも、旦那さんのお父さんが、小さな会社の社長さんなんだそうで。

なんでそんな人が、きつい目でわたしを見るのかな。まあわたしは、あの人に自分から近寄って行かないし。ひとりで写真を撮ったり俳句を詠んだりするのが好きで、そんなマイペースな姿が、目障りだったのかもしれない。

ちょっと危なかったんだけど、いじめには発展しませんでした。というのも、それから間もなく、その人のお子さんが病気になってしまって、看病しなくてはならなくなったからです。

重い病気だったみたいで、一年ほど入院した後、お子さんは亡くなってしまいました。その頃のその人は、別人みたいに痩せていました。いろんなことがあったみたい。

人の幸不幸なんてわからないな。今ではあの人とは滅多に会うこともないんだけど。

テレビでもよくセレブの話題なんかが流れますけどね。あの人たちは、本当に幸せなんだろうかと思う。幸せだったら、なんでそれをわざわざ見せつける必要があるだろう。

わたしは貧乏だし、夫にも子供にも結構苦労してるけど、不幸ではないな。それなりに何とかなってるし、自分なりの俳句を詠めるのは楽しい。







『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はなきりん | トップ | 金木犀 »
最近の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事