ムジカの写真帳

世界はキラキラおもちゃ箱・写真館
写真に俳句や短歌を添えてつづります。

まるのまま

2016-12-10 04:28:16 | 







まるのまま 捨つる椿の 潔さ    夢詩香






*あまり写真がよくないですが、椿の写真がほかになかったので、使いました。

椿は散るとき、サザンカのように花びら一枚一枚を落とさず、花をまるごと落としますね。その様子が首を落とされることに似ているので、武士などには嫌われたそうですが。

かのじょはよく、痛いものを捨てました。

それがあれば人類を救えるという日記を書いて、なんの迷いもなくすぐに捨てた。また、この人生を明け渡してくれと言われたときも、そうなのですかと言って、すぐに渡した。

人間ならとても捨てることができないようなものを、あの人は本当に軽く捨てるのです。なぜそのようなことができると思いますか。

神の愛を知っているからです。

大事なものを捨てる時、何も苦しみがないということはありません。あの日記を書いた時、どんな苦労があったかを、知っている人はいるでしょう。それでもそれを捨てることができるのは、神が自分を使い、深く人間を愛そうとしていることを、知っているからです。

あれは神の愛なのです。神が、かのじょを使い、書かせたものなのです。だからそれを自分のものにすることなどできるはずがない。それをわかっていたから、かのじょはそれを神にさしあげたのです。

神はそれで、もっと激しくかのじょを愛したのです。かのじょのために、なんでもしてくださっている。そう、このように、わたしを使い、神のかのじょへの愛を表現なさっている。

神の愛はそういうものだ。それを知っているからこそ、その愛が何をしてくれるかということを知っているからこそ、大事なものを捨てることができる。この世の名声よりも富よりも、もっとすばらしい愛があることを、あの人は知っている。

人間の馬鹿な男たちは、かのじょのそういう深い知性を知りませんでしたから、欲深い女が来るだろうと思っていたところに、大きな穴をあけておいた。だがかのじょはそちらに来なかった。それだけで、大勢の馬鹿がその穴に落ちた。墓穴を掘るということわざがそのまま現れたようなことでしたね。

男の謀略など、女の無欲の前には、なんの力も持ちえないのです。ダイヤの指輪をあげると言っても、いらないと言われれば、終わりです。

女性たちは神の愛に生きなさい。神の愛を知りなさい。浅はかな男がくれる富よりも、そこにこそ不思議な富があることを勉強しなさい。

そして椿の花のように、潔く、自分の花を捨てなさい。

そうすれば、まことに美しい女性になれることでしょう。






『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坂本を | トップ | 里山の »
最近の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事