ムジカの写真帳

世界はキラキラおもちゃ箱・写真館
写真に俳句や短歌を添えてつづります。

星を吊る

2016-10-31 04:29:52 | 







たかそらに 神はすなごの 星を吊る     夢詩香






*これは、言葉遊びから作った句です。

俳句は文字数が大事ですからね、時々五文字で言葉をつくる練習みたいのをするんです。

たとえば「二文字の名詞」+「助詞」+「二文字の動詞」という感じで五をつくるという遊びをします。

「鳥が飛ぶ」とか「花が咲く」とかは当たり前。でも組み合わせ次第で、おもしろい言葉が作れるもので。例えば「砂を煮る」とか「豆が飛ぶ」とか「玉が散る」とか。

意味は深く考えなくていいです。言葉をつくれば、使い方次第で面白い意味ができてくる。で、そんな遊びをしているうちに、「星を吊る」なんてのができて、そこから作ってみたのが今日の句です。

高い空に、神さまがたくさんの星を吊っている、なんてけっこうおもしろい。

こんな練習をしていると、かなりするする面白い句が詠めたりするようになるんです。こういうのも、子供の頃、漢字練習や単語の書き取りが好きだったことの名残かな。

なんでも、まめにやってると、いいことになりますよ。身についてくる。

基礎練習って大事です。






『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソロモンの | トップ | のぶだうを »
最近の画像もっと見る

あわせて読む