ムジカの写真帳

世界はキラキラおもちゃ箱・写真館
写真に俳句や短歌を添えてつづります。

さろてくれぬか

2016-11-12 04:28:30 | 







燕飛ぶ さろてくれぬか 我が心     夢詩香







*哀調ですね。言葉を崩していうと、心がはみ出てくる感じです。

まあ、長いこと生きてると、つらいことというのは、何度か来るもので。

不思議にそういうときって、心が妙に平静だったりするんです。

激しく悲しいはずなのに、なんかてきぱきと事務を処理できていたりする。

心のこもらない言葉が、するすると口から出てきて、物事をなんとなく処理できていたりする。

なんでこんなことをしてるのかって思うとき、空を見る。

心が何かに吸い込まれていくような気がする。

あの頃のことは、あまり思い出したくないけれど、あれは、冬だった。燕なんて飛んでいるはずもないのに。なんだか燕のようなものが飛んでいたような気がする。

灰色の高い空を覚えている。

あれはもしかしたら、わたしの心だったのかもしれない。






『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日ありと | トップ | たで食ふも »
最近の画像もっと見る

あわせて読む