ムジカの写真帳

世界はキラキラおもちゃ箱・写真館
写真に俳句や短歌を添えてつづります。

かひなきも

2016-10-14 04:29:08 | 






かひなきも けふのこごとを 捧ぐ花     夢詩香







*言っても無駄だとわかってても、言うことはありますね。

そんなにはっきりとは言わないんだけど。そんなことしたら、ちょっとまずいことにならない、なんて感じで、やわらかく言うことはある。

けど、気持ちが伝わることはなくて。

うるさがられるから、小言を言うのは極力控えているんだけど。

でも、長い目で見たら、結局わたしの言ったとおりになってる。本人ももうわかってるみたいだけど、認めたくないから、何も言わない。

わたしも別に何も言わないけど、変わらないんだなあ、この人は、ってことは思う。

まあ、人生っていうのは、忍耐するためにあるものですよ。

カメラを持って、外に出かけて、花の顔の写真ばかり撮っていると、花がなんとなく何かを言ってるような気がするときがある。

何かを責めているような。何を言ってるのかわからないけど、人間を責めているような気がする。

なんで人間はそんなことをするの。そんなことをしたら、とても苦しいことになるのに。そう言っているような気がする。

きっと今はわからないだけで、人間は、ほんとにたくさん、花が悲しむようなことをしているんだろう、と思う。







『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過ぎかてぬ | トップ | 身代は »
最近の画像もっと見る

あわせて読む