ムジカの写真帳

世界はキラキラおもちゃ箱・写真館
写真に俳句や短歌を添えてつづります。

三つ星の

2016-10-11 04:28:39 | 






三つ星の まなかの星は つらからむ     夢詩香







*わたしは、3人兄弟の長女でした。年の近い兄弟で、みんな団子みたいにじゃれあって育ったけど、小さい頃はいつも、真ん中の妹が、上にも下にもいじめられて、つらそうでしたね。

大きくなってきたら、そういうこともしなくなったけど、ごく小さい頃っていうのは、動物みたいなもんですから、一番弱い子が、一番つらいことになるもので。

クリスマスにもらった人形を、妹のと無理やり替えてもらったこともあったな。
わたしがもらった人形は、茶色の髪をしていて、妹がもらった人形は、金髪だったんです。
それがうらやましくて、なんかの言い訳を押し付けて、無理に金髪の人形を自分のものにしたことがある。

妹はすごくつらそうでした。

大人になっても、ごめんは言ったことはなかったけど。時効みたいなことになって、今更言うのもなんだよなってことになって。

妹はわたしより先にお嫁に行きました。それから遠いところに行ってしまったので、なんとなく疎遠になってしまった。
年賀状のやり取りはするんだけど。

子供の頃のことが、響いているのかな。

お互いに年をとって、柔らかくなってきたら、あの人形のことを謝りたい。覚えてないかもしれないけど。



ところで、オリオン座の三つ星にも、それぞれ名前があります。向かって左端はアルニタク、右端はミンタカ、真ん中の星は、アルニラム。

もう秋が深まってきましたね。もうすぐ宵の空にオリオンの三つ星が見えてくる。

空に三つが仲良く並んでいるのを見るのは、なんだかうれしい気がしますね。





『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つつどりの | トップ | つかの間の »
最近の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事