ムジカの写真帳

世界はキラキラおもちゃ箱・写真館
写真に俳句や短歌を添えてつづります。

苦き実

2017-10-17 04:20:24 | 短歌





苦き実の 割けてしたたる みづをのみ なにくふひとの きはをこそしれ





*ご存じでしょうが、わたしたちはインスタグラムでも活動しています。

スマホがないので、投稿はできませんが、美しい絵を探している。本当の芸術家を探したいからです。

いいものを見つけたら、短歌をさしあげることにしている。表題の作はその一つです。あまり表立った反応はないが、歌をさしあげると喜んでくださっているようだ。

詳しいことを言いますと、歌を詠んでいるのはわたしですが、絵を探しているのはアンタレスです。ときどきほかのものもやります。われわれはこのように協力し合って、いろいろなことをやっているのです。

しかし今は、偽物ばかりが繁栄している世の中だ。嘘ばかりの画家はたくさんいるが、本当の自分で作っている画家は非常に少ない。

インスタグラムを初めて何か月か経ちますが、見つかった画家はほんの一握りです。

遠い外国のアーティストも探しているが、本物は実に少ない。ほとんどの画家は、自分の絵を、ほかの霊に描いてもらっています。

つたない漫画のような絵でも、自分で描いている人は少ない。苦い例もたくさんある。かなりおもしろい絵で、かなりいいことをしているが、画家が偽物なので、馬鹿なことになるという例もある。

時にはあからさまな盗作もある。そういうのはもうすぐにばれるので、やめたほうがいいですね。絵がそのままばらしていますよ。全然別の人の作品だと、絵自身が言っているのです。あまりにみっともないので、思わず言ってしまったこともありますが。

しかしインスタグラムはピクシブよりはましですね。ピクシブは程度の低い絵師(?)の醜い嫉妬の沼になっています。あそこで作品を発表すると、いやな人間の嫉妬を作品に塗られますよ。あまりやらないほうがいい。

いいことにはなりません。

芸術は、人間の心だ。それを高めていくことは人間をも高めていく。

本物の、よいものを、正しく育てていきたいですね。








この記事をはてなブックマークに追加