ムジカ公式ブログ MUSICA Official weblog

オーディオと音楽とすこしマニアック。 MUSICA are a new Hi-Fi brand from Japan.

いまどきのトーンコントロール vol.2

2017-07-15 | 雷鳥 Raicho
『いまどきのトーンコントロール vol.1』の続きです。

雑誌には音質を劣化させると書かれているトーンコントロールですが・・・。

最新のトーンコントロールではいくつかの改良がなされています。

まずは調整ポイントですが、

従来のトーンコントロールは

低域、中域、高域と3点の調整ポイントがありました。

オーディオの世界では1KHzが基準とされていて

中域は迷わず1KHz、

低域はベースをボンボンと鳴らすために250Hz。

高域の設定点はというと、

低域の250Hzは1KHzに対して2オクターブ低いので

高域は2オクターブ高い4KHzという感じでしょうか・・・。

最新のトーンコントロールでは

調整ポイントは数式によって導き出されたものではありません。

低域は、部屋の共振点と小型スピーカーの補強の観点から100Hz。

中域は耳の感度が最も高い点を補正する意味合いと、

フローリングの床からの中域の反射を考慮して1.6KHz。

高域は低域の立ち上がり感を支配する14KHzに設定されています。

さらには調整範囲も異なります。

低域は大きく調整する必要があるため10dB。

中域と高域は微調整が必要な帯域ですので6dBです。

また、Qも異なります。

Qとは例えば中域の1.6KHzの場合前後にどのくらい・・・次回に続きます。




(1) モニターオーディオ BRONZE 1(標準価格44000円・税別)をお買い求めのお客様に

ブログでご紹介したスピーカースタンドと

『新しいスピーカーがやってきたぁ! vol.10』でご紹介した

ダンピングを向上させる抵抗をプレゼント!

スピーカー + スタンド + ダンピング向上抵抗で44000円(税別)です!!

あと3セットです!

お申込は

eigyou@musika.jp

まで!!


(2) 『BRONZE 1スピーカー&CDセット』の販売を開始を記念して



CDプレーヤーへ6SN7真空管バッファを追加するカスタマイズ(18000円相当)を無料で行います。



詳細はこちらです



(3)『高音質コンデンサーを分解してみた!』のコンデンサーを使用した

カスタマイズを行っています。

対象は64シリーズと雷鳥3、雷鳥レジェード、雷鳥ルシード、いぶきシリーズです。

既に多くの方にお申込頂き、あと10台分です!

カスタマイズの価格は2ヶ使用(ステレオ)で10000円(税別)、

1ヶ使用(モノラル)で5000円(税別)となります。

eigyou@musika.jp

からお申込ください。
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スピーカースタンドはアンテ... | トップ | スピーカースタンドはアンテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。