ムジカ公式ブログ MUSICA Official weblog

オーディオと音楽とすこしマニアック。 MUSICA are a new Hi-Fi brand from Japan.

低音倍増のスピーカーケーブル! vol.14

2016-12-24 | スピーカー
『低音倍増のスピーカーケーブル! vol.13』の続きです。

電子部品を使用し、低音の量をコントロールした上で

好みの音質のケーブルと組み合わせて

理想のスピーカーケーブルを作るという企画です。

低域増強回路を内蔵させたケーブルでは

ケーブル部のロスが少なくなるということを書いてきました。

しかし、ケーブルの音質を決定するファクターは抵抗値だけではありません。

次に高域特性を大きく左右する線間容量について考えてみます。

通常、アンプとスピーカーはスピーカーケーブルで接続されます。



アンプ側から見ると、スピーカーは負荷となります。

ところでスピーカーというのはコイルと磁石でできていますが、

あえて回路図に描くとこんな感じです。



コイルと抵抗とコンデンサーが複雑に交じり合った回路です。

アンプから見るとあまり嬉しく負荷です。

このコイルやコンデンサーの容量はスピーカーユニットによって異なりますので

アンプから見ると何が接続されるか分からない状態で

この負荷の前にあるスピーカーケーブルには計算できない複雑な電流が流れることになります。

対して低域増強回路を挿入した場合は

アンプから見た負荷の大半が純抵抗となります。



これならばスピーカーケーブルに流れる電流も計算ができるようになり

その計算結果が悪くならない様な構造のスピーカーケーブルを選ぶことができます。

つまり、スピーカーケーブルとスピーカーのわからない『相性』を技術的に予測することが出来るようになります。

これはどういう事かと言うと・・・次回に続きます。


年末年始の休日についてのお知らせです。

弊社では12月28日~1月4日を冬季休業とさせていただきます。

休業中にログハウスの見学や試聴をご希望のお客様は

ご予約のお客様のみ受け付けております。

eigyou@musika.jp まで御連絡ください。

出来る限り対応させていただきます。



お知らせ その1です。



ヘッドホンでアナログを聴くセット

アウトレット当社アウトレットショップで販売しています。

年内はアウトレットが充実しています。

ぜひチェックしてください!!


お知らせ その2です。

人気の小型スピーカー、ドイツ・クアドラル社のロジウム200ですが、

現在輸入元では品切れ状態になっています。

年内の入荷は厳しいようです。

当社には1セットのみ在庫があります。

当社では下記のようなロジウム200を使用したお得なセットを販売しています。

musica SHURE rega

quadral レコードプレーヤーセットNo.2(ブラック)


プリメインアンプ

 favore(ファボーレ)& ドイツ・クアドラル社 スピーカー RHODIUM200セット


スピーカー・モノ

ラルアンプセット


ご購入をご検討されている方はお早めに!


お知らせ その3です。

英REGA社のP1レコードプレーヤー、米SHURE社のM97XEカートリッジをベースにした

レコードプレーヤーのセットが大好評です。



詳細はこちらまで
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 低音倍増のスピーカーケーブ... | トップ | 低音倍増のスピーカーケーブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。