ムジカ公式ブログ MUSICA Official weblog

オーディオと音楽とすこしマニアック。 MUSICA are a new Hi-Fi brand from Japan.

アンプは何ワット必要?(改稿版)

2017-05-15 | ムジカと音楽
過去に書いたテーマの再投稿版です。

過去の記事は専門的過ぎて判りにくかったので

今回は大幅に書き換えました。

『アンプは何ワット必要?』です。

***************************************************

パワーアンプは、数ワットの真空管アンプから1000Wを超える大出力アンプまでさまざまです。

近年では、大パワー競争は影を潜め、小出力の真空管アンプが注目されることも。

実際のところ、家庭で音楽を再生するには何ワット必要なのでしょう?

8畳間で、口径12cm程度のスピーカーを使用するときに必要なパワーを計算してみましょう。

音量は80dBとします。

(90dB 犬の鳴き声・騒々しい工場内、80dB 地下鉄の車内・ピアノの音、70dB 掃除機)

8畳間なのでスピーカーとリスナーの距離は2m。

以上のデーターから、スピーカーの音圧は92dB、スピーカーに必要なパワーは僅か1.6wです。

音楽によってはピークが10倍程もある場合もありますのでアンプのパワーは16Wあれば理想的です。

次に、20畳間で大音量再生をする場合を考えてみましょう。

音量は大きめで90dBとします。

20畳間なのでスピーカーとリスナーの距離は3m。

以上のデーターから、スピーカーの音圧は100dB、スピーカーに必要なパワーは10wです。

ピークを考慮してもアンプのパワーは100WでOKです。

このようにパワーアンプは100W以上は必要ない場合がほとんどです。

ところで、大出力アンプをお使いの方は

『50ワットのアンプより、500Wのアンプの方が音が良い』という方がありますが、これは疑問です。

最近は独身者用に1合を美味しく炊ける小さな炊飯器が人気です。

1人分であれば、一般的な5.5合の炊飯器よりも美味しいご飯が炊けるそうです。

アンプのパワーにも「美味しい領域」が存在します。

10wのアンプでしたら、1w~10w、500wのアンプでしたら、50w~500wあたりです。

500wのアンプで1.6wを増幅すると増幅素子のリニアリティ(直線性)が悪くなり音質が悪化しますし、

ノイズに対しても不利です。

また、この手の話として

『10wの真空管アンプは20wのトランジスターアンプ並みのパワーがでる』というのがあります。

真空管アンプとトランジスターアンプではパワーと歪の関係が異なります。

10wのトランジスターアンプは10w以下は超低歪ですが、10wをオーバーした瞬間に急激に歪が増加します。

対して、10wの真空管アンプは10W以下でもソコソコの歪がありますが

10wを超えても歪の増加は緩やかです。

人間は太鼓のように瞬発的な音では3%程度の歪は感じないといわれます。

その点を考慮すると真空管アンプは12~13wあたりまでが実用域。

しかし、10wの真空管アンプは20wのトランジスターアンプ並みのパワーがでることは決してありません!

*************************************************

キャンペーンに関するページを開設しました。

5月に終了するキャンペーンが3つあります。

(1)雷鳥3乗換キャンペーン

現在お使いの雷鳥/雷鳥2シリーズを新製品雷鳥3に乗換え。

期日:2017年5月31日まで

詳細はこちら


(2)真空管バッファ付にカスタマイズ

ST管を使用したバッファ回路を追加するカスタマイズを割引。

期日:2017年5月31日まで

詳細はこちら


(3)ドイツ・クアドラル スピーカーテスト輸入

スピーカードイツ・クアドラル社ロジウム400のテスト輸入について。

期日:2017年5月20日まで

詳細はこちら




お知らせです。

ムジカスタイル 2017年 春号を印刷しました。

(ダウンロードはこちらから)


『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3つの条件でプリより高音質?... | トップ | モノラルアンプは音が良い?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。