ムジカ公式ブログ MUSICA Official weblog

オーディオと音楽とすこしマニアック。 MUSICA are a new Hi-Fi brand from Japan.

低音がほしい!!(改稿版)

2017-05-17 | オーディオ部品のうんちく

過去に書いたテーマの再投稿版です。

今回は『低音がほしい!! 』です。

***************************************************

ダイナミックな低音には誰もがあこがれます。

もちろん小口径のフルレンジスピーカーにも良さはありますが

やはり腹にズシンとくる低音を聴きたいと思うのは私だけでしょうか?

それならば、トーンコントロールで調整していると

オーディオの大先輩からは『グラフィックイコライザーやトーンコントロールは音が悪くなる。』とか・・・

プリアンプからトーンコントロールが消えたのは、もう20年も前のお話。

電子部品の進化は素晴らしいトーンコントロールをもたらしました。

当社のプリアンプ(Raicho 3 、pri64)ではトーンコントロールは標準装備。

ブラインドテストをしてもまったく判りません。

windows95しか使ったことがない人がパソコンなんて使いモノにならんというようなものでしょう。

最小の部品点数で簡単な低域増強フィルターを設計してみましょう。

条件は3つ。

(1)1kHz(中域)に対して50Hz(低域)が2倍になっている(+6dB)

(2)プリアンプとパワーアンプの間、または、CDとプリメインアンプの間に使用する

(3)部品が少なく簡単

回路図です。



上記の条件で計算するとR1=15KΩ、R2=4.7KΩ、C=0.1μFとなります。



口径10cm程度のスピーカーで試聴しました。

低域増強フィルターを接続すると口径が一回り大きくなったような感じです。

空気感がよく表現できます。かといってサブウーハーのように

いかにも低域がでます!という感じではありません。

この低域増強アダプターのよいところは自然な低域の増加です。

この回路ではコンデンサーCの値をを減らすことでより高い周波数までコントロールできるようになりますし、

抵抗R2を小さくすることで低音の増加量を増やすこともできます。

簡単に実験できるので試してみてください。

尚、低域増強アダプターはクラフト・クラブ・ムジカでも販売しています。

http://www.musika.jp/ccm/lf1.html

*************************************************

キャンペーンに関するページを開設しました。

5月に終了するキャンペーンが3つあります。

(1)雷鳥3乗換キャンペーン

現在お使いの雷鳥/雷鳥2シリーズを新製品雷鳥3に乗換え。

期日:2017年5月31日まで

詳細はこちら


(2)真空管バッファ付にカスタマイズ

ST管を使用したバッファ回路を追加するカスタマイズを割引。

期日:2017年5月31日まで

詳細はこちら


(3)ドイツ・クアドラル スピーカーテスト輸入

スピーカードイツ・クアドラル社ロジウム400のテスト輸入について。

期日:2017年5月20日まで

詳細はこちら




お知らせです。

ムジカスタイル 2017年 春号を印刷しました。

(ダウンロードはこちらから)






『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モノラルアンプは音が良い?... | トップ | 音の良いコンデンサーは存在... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。