いちうた ― 君の住む街・市原は

「いちうた」は「いちはら歌声を楽しむ会・昭和の歌をうたう会・歌声列車IN小湊鉄道」の略称です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大成功・・・第20回「歌声列車IN小湊鉄道」

2012年08月19日 | 音楽

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

第20回「歌声列車IN小湊鉄道」を開催しました。(2012年8月19日) 

主催:「いちうたグループ」
後援;小湊鉄道株式会社 

開催日:2012年8月19日(日)
集合;小湊鉄道五井駅ホーム13:00
解散:同上ホーム16:30 

利用列車
往路;五井駅発13:47分→上総中野駅着14:56分(5分停車)
復路;上総中野駅発15:01分・養老渓谷トイレ休憩→五井駅着16:12分
片道約70分、全線禁煙・禁酒

スタッフ紹介 

平 哲也(演歌アコーディオンのテツ)【通称:テッちゃん】
「いちうたグループ」代表
担当:キーボード伴奏 

清水 厚史(通称「笑うレクリエーションから」笑レク・ショウレク)
担当:司会・企画・構成
   日本レクリエーション協会公認インストラクター
   落語家 橘屋武蔵の会 会員 江戸芸・かっぽれ/南京玉すだれ
   市原市市制40周年記念 市民応援歌「happyいちはら」原作詞者
   よさこいソーラン「飛翔迅」MC・天然記念物ワンと鳴くカエル応援団 

徳永 馨(通称:徳さん) 
 担当:アコーディオン・ピアノ/『楽しい音楽教室レク』
  元校長先生・千葉市吹奏楽連盟顧問・千葉市中央区保護司・音楽教育研究会顧問
 

原地 宏幸
担当:歌声列車車内指揮・熱演ハーモニカショウ
  
 日本レクリエーション協会公認 余暇生活開発指導士・陶芸作家   

大久保 信子
担当:キーボード伴奏 

安藤 清彦
担当:マネージャー パーカッション&音響


今回も皆様のご支援とご協力により大盛況でした。
皆様からお寄せいただいたメッセージや写真などをご紹介します。

 1.開催当日中(8月19日)に頂いたメッセージ

笑レクさんから

お疲れ様でした。今回も大盛り上がり、皆さんの笑顔の花が咲きました。
テッちゃんの演奏はもとより、原地さんの汗いっぱいの熱演ハーモニカショー、
校長先生の楽しい音楽教室5時間目も良かった。大久保さんのキーボード、
安藤さんのリズム・タンバリン皆さんに盛り上げてもらいました。
 
この調子で次回も楽しく演出しましょう。ありがとうございました。 

徳さんから 

今日はご苦労様でした。スタッフ全員元気に行えてよかったですね。明日の放映が楽しみですね。
笑レクさんいつもながら司会進行ご苦労様でした。今日のスナップです。

http://tokuyan.shumilog.com/

テレビ局(TBS)スタッフによる取材風景

笑レクさんによる名司会・進行

楽しい音楽教室

テレビ局の取材キャスター(岡安弥生さん)と一緒

てっちゃんも取材に応じて・・・

こちらも、徳さんからのメッセージ 

無事に収録も終わってよかったですね。

英訳の歌詞にも堪能な方がいて、よかったですね。
これで徐々に英訳歌詞も進んでいきますね。より良いものを作っていきましょうね。

先日運行された夢の横断列車の「サボ」が事務室にあったので写真に撮りました。
いすみでは、これを記念品で販売していますね。 



これが列車に取り付けられた「サボ」(サイドボード)です。

  

美音岡晴也さんからのメッセージ

第20回記念歌声列車、大成功、おめでとうございます。

少し雨の心配をしていましたが、お天気に恵まれホットしました。
取材が入り、緊張したと思いますが、無難にこなされたようで安心しました。

これで「歌声列車IN小湊鉄道」は全国に知れ渡ることになりましたね…。
益々、人気イべントになりますね。小湊鉄道、バンザイ!

スタッフのみなさん、お疲れ様でした。
 

天野さんからもメッセ―ジを頂きました。

スタッフの皆様、ごくろうさまでした。
天気が良くて 良かったですネ!
明日のテレビ放映が待ち遠しいです。
 
                ・・・・・・・・・・天野

 


2.翌日(8月20日)に頂いたメッセージ

天野さんから

大盛況/大成功/夢広がります !!!
まずは、全員の笑顔が素敵 !!!
91歳のおばあちゃん 元気ですね !!!
TBSの岡安キャスターも参加されたのですね。
笑レクさんの 南京玉簾も良かったです。
ほんとに 参加者の笑顔が素敵です。
 
スタッフの皆様の意気込みが 参加者の笑顔を求めていることが、
実感できました。
 
                ご苦労さまでした・・・・・・・・・・・・・天野

美音岡さんから

お早うございます。
美音岡晴也です。
朝ズバを見ました。「歌声列車IN小湊鉄道」大成功ですね。
小湊鉄道のよい宣伝になりました。
参加者のみなさん、スタッフのみなさんの熱気が伝わってきました。
歌を通して、市原市、小湊鉄道を元気にしましょう。
ご苦労様でした。

笑レクさんから

笑レクです。
沢山取材した中でうまくまとめて発信して頂きました。
レディース4(テレビ東京)に続き、TBS みのもんたの朝ズバ!で
全国に紹介いただき、きっと良い変化があると思います。楽しみです。
 
天野さん、美音岡さん、応援ありがとうございます。 

徳さんから

今日は早起きをして録画をしました。
テレビ画面を添付します。

 徳さんのデジブック 「朝ズバ」
http://www.digibook.net/d/9b54e393a05e8651f6cbb1461f2d1b9a/?m

  3. マスコミでも紹介されました

ニコニコ動画
予約いっぱい!千葉・小湊鉄道「歌声列車」一番人気の曲はやっぱり…
http://news.nicovideo.jp/watch/nw343584 

【こちらが、記事です】 

ワイドショーとひと口に言うが、じつはどれもけっこう毛色が違うものである。たとえば、このTBS系「朝ズバッ!」で「歌声喫茶」リバイバルを取り上げることがあっても、日本テレビ系の「スッキリ!!」でやることは考えにくい。あっちは子育て世代、こっちは孫遊び世代を意識しているんである。 

昭和歌謡や童謡を乗客が2時間半合唱 

そういうわけで、けさ20日(2012年8月)は歌声喫茶ならぬ「歌声列車」の御案内。
千葉ののどかな風景の中を走る小湊鉄道は、昭和歌謡や童謡を乗客が合唱するイベント車両を2か月に1回走らせている。これが好評で、「毎回、満席っていうんですから、すごいじゃない」(司会のみのもんた)。
番組が取材した日は、2時間半で30曲、歌いっぱなしだったという。一番人気の曲は舟木一夫の「高校三年生」だとか。
 


参加者からは「合唱なら歌がヘタでも参加できる」「みんなと歌って発散できるし、楽しいですよ」といった声が。
91歳の女性も「あと2時間は歌える」と元気いっぱいだったそうだ。
 

千葉日報(2012年月21日)の記事
「歌声列車が運行20号
「chiba-nippoo.pdf」をダウンロード  

PDFファイルが横向きで表れるので、右クリックを3回繰り返してご覧下さい。 

ちばとぴ 千葉日報
「歌声列車」が運行20号 延べ1000人、リピーターも 小湊鉄道
http://www.chibanippo.co.jp/c/news/local/97181 


 4. ファンのブログ・・「独り居の充実ライフを求めて!」(ご紹介)
 

小湊鉄道「歌声列車」が放映されました
http://blog.goo.ne.jp/goodtyan11221/e/e38b789822dc3907d7735cf86b03695a

下の写真は、このURLサイト(徳さんのファン)からコピーさせて頂きました。
ご投稿、有難うございました。

 

 

 

M.A.様から、この記事にコメントを頂きました。
嬉しくなりましたので、重複になりますが、ここでもご紹介させて頂きます。
ご参加、そしてご投稿、有難うございました。

Unknown (M.A.) 2012-08-21 23:32:42

初めて参加させていただきました。
父の喜寿祝いもあって、歌が好きな両親を誘って参加したのですが、想像以上に楽しく、三人とも大満足でした!

スタッフの皆さんのチームワークの良さや司会の巧みさも素晴らしかったですし、アコーディオンの伴奏がこんなに歌いやすいものだと初めて知りました。

母は、今度はお友達を誘ってみたいと申しておりました。
年内はもう予約でいっぱいのようですが、また参加した際にはぜひよろしくお願いします。


小湊鉄道応援ページに投稿されたメッセージ 

山岡みづは
http://ysby.bbs.fc2.com/

2012/08/19 (Sun) 22:43:51

歌声列車20回目おめでとうございます。

今日は途中雨が降る場面もありましたが、後半は素晴らしい天気でしたね。

往路は隣の車両に同乗させて頂き、復路を上総大久保のカーブで撮影させて頂きました。

(生憎の逆光で、素晴らしいヘッドマークが潰れてしまい申し訳ございません。)

 

やもめのジョナサン
http://momojirou001.blog112.fc2.com/

2012/08/20 (Mon) 22:26:20

今朝の朝ズバ拝見しました。みのさんも絶賛してましたね。
小湊鉄道全体のアピールにも大いに貢献されたことと思います。
この分では1回/月程度の開催も期待されるのでは。。。

 

 感謝とお礼

代表者・平哲也(演歌アコーディオンのテツ)です。
こんにちは。

第20回「歌声列車IN小湊鉄道」も多くの方のご支援とご協力により、楽しく開催させて頂きましたことを深く感謝申し上げます。

スタッフの皆さんの、なみなみならぬご尽力に対しても、心から御礼いたします

私個人に対しても、小湊鉄道の社員さんが、同鉄道五井駅操車場の踏み切りを渡るときには、僕の腕を支えて倒れないようにと、気を配って下さいました。

今朝のテレビ放映を施設で視聴しました。

テレビ局の取材班・そして深夜に仕事をされた編集の方、そして今朝の放映へと準備・実行された多くの方々に、改めて感謝を申し上げます。

さらに、笑レクさん、徳さん、そして美音岡さんや天野さんも喜んで下さり、メッセージをお寄せ下さいました。

また、放映をご覧になられた多くの方からも、お言葉を頂きました。ご自分のブログなどでもご紹介して下った方もおられます。

お世話になっている施設を利用されている方のご家族さまも、DVDに録画をして下さいました。有り難いことです。

また、当日始めてお会いしたある方が、「君の住む街・市原は」(市原市と小湊鉄道の応援歌・・オリジナル・イメージソング)について関心を持たれ、市原市の姉妹都市モービル市と親しいので、関係機関と話をして、本場の方々の声を録音出来ないか検討して下さるという嬉しいお話も伺いました。

その方は、市原市内の学校で英語を担当されているそうで、学校でも唄えるかどうか検討したいということです。試作中の英語版Sweet Home Ichiharaの楽譜をご所望になられました。

以上のように、「歌声列車IN小湊鉄道」が産声を上げた(2009年6月21日)頃は、継続できるかどうか危惧される方もおられましたが、毎回満席の盛況です。

そして、まだ実現にまでは漕ぎつけてはいませんが、県外の観光会社からは、ご予約も頂いております。

僕の健康状態は完全ではありませんが、残された時間を市原市の活性化と小湊鉄道の集客増加のために、全力を注ぐ覚悟です。

なお、「歌声列車IN房総半島横断鉄道」の夢も捨ててはおりません。
たとえ私の時代に実現が出来なくても、どなたかが引き受けて頂けるものと信じております。

どうぞご一緒に、市原市と小湊鉄道をご声援くださいますよう、お願い申し上げます。

この地域を、千葉県を、日本全国に、そして全世界に広めることにも力をお貸し下さい。

末筆ですが、「歌声列車IN小湊鉄道」の発足や、日本音楽著作権協会(JASRAC)との問題に解決の糸口を付けて下さったことと、房総半島横断鉄道に歌声列車を走らせたいという考えを支援して下さった、某市会議員様が逝去されました。
心から哀悼の意を捧げさせて頂きたいと思います。
奥様とご一緒に(乗り合わせた周囲の方には匿名で)参加されたお姿も、懐かしく
思い出しております。

 


 
 市原市と小湊鉄道の応援歌・・オリジナル・イメージソング「君の住む街 市原は」のYouTubeです。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=i0xnXwWgMf4

こちらは楽譜「君の住む街 市原は」と歌詞を英訳した「Sweet Home Ichihara」試作の楽譜です。

いずれも試作ですのでご了解下さい。

  英語歌詞で入力した楽譜です。
「sweet_home_ichihara.pdf」をダウンロード

 歌詞をカタカナで入力した楽譜です。
英語にアレルギーのある方のための試作です。
「sweei_home_ichihara_katakana.pdf」をダウンロード

ピアノ伴奏付き楽譜 (歌詞は英語)
「sweet_home_ichihara_with_piano.pdf」をダウンロード

なお、楽譜の作成と、英語歌詞の(音節と音符とを一致させる「譜割り」など、手数のかかる)入力は、徳さんが、自主的にご協力下さいました。改めて感謝申し上げます。

カタカナ部分の入力はテツがやりました。
 


 以下は投影用歌詞「君の住む街・市原は」です。 

君の住む街・市原は(日本語版) 

君の住む街・市原は(英語版) 

君の住む街・市原は(中国語版)

 


 

「いちうたグループ」行事のご案内

 

10月3日(水)第75回「昭和の歌ををうたう会」
10月14日(日)第回五井公民館文化祭・発表・・・・09:30~09:45
   文化祭行事のために公民館全体が使用されるので、「いちはら歌声を楽しむ会」はお休みです。
10月21日(日)第21回「歌声列車IN小湊鉄道」
10月28日(日)第158回「いちはら歌声を楽しむ会」

11月7日(水)第76回「昭和の歌ををうたう会」
11月11日(日)第159回「いちはら歌声を楽しむ会」
11月25日(日)第160回「いちはら歌声を楽しむ会」

12月5日(水)第77回「昭和の歌ををうたう会」

12月9日(日)第161回「いちはら歌声を楽しむ会」
12月16日(日)第22回「歌声列車IN小湊鉄道」
12月23日(日)第162回「いちはら歌声を楽しむ会」

 

会場と時間

 

「いちはら歌声を楽しむ会」 場所:市原市五井公民館2F 視聴覚室・・・13:30~15:30 参加費:500円
「昭和の歌ををうたう会」 場所:サンプラザ市原1Fアイ・スペース・・・13:30~15:30 参加費:300円
「歌声列車IN小湊鉄道」 場所:小湊鉄道列車内 五井駅から上総中野駅間 往復約2時間半 参加費:2,300円

 

申し込みとご見学
「いちはら歌声を楽しむ会」・・・直接会場へ 電話:0436-22-212(五井公民館)
「昭和の歌ををうたう会」・・・直接会場へ 電話:0436-24-1151(サンプラザ市原)

申し込みとお問い合わせ
「歌声列車IN小湊鉄道」・・・小湊鉄道本社 電話:0436-21-0771

 

 

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「君の住む街 市原は」の英... | トップ | 「いちうたグループ」9月のご... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (M.A.)
2012-08-21 23:32:42
初めて参加させていただきました。
父の喜寿祝いもあって、歌が好きな両親を誘って参加したのですが、想像以上に楽しく、三人とも大満足でした!

スタッフの皆さんのチームワークの良さや司会の巧みさも素晴らしかったですし、アコーディオンの伴奏がこんなに歌いやすいものだと初めて知りました。

母は、今度はお友達を誘ってみたいと申しておりました。
年内はもう予約でいっぱいのようですが、また参加した際にはぜひよろしくお願いします。
コメント有難うございました (演歌アコーディオンのテツ)
2012-08-22 13:08:13
MAさまへ

この度の「歌声列車IN小湊鉄道」へのご参加、ありがとうございました。

頂いたコメントも、とても嬉しく拝読しました。

皆様が大満足されとのお言葉・・・、それが私たち一同の願いであり、感謝でもあります。

次回(第21回)は10月21日(日)の同時刻に実施の予定です。

人気イベントのため、直ぐに募集を締め切ることもあるので、お早めにお申し込み下さい。

また、お母様のお友達にも、是非ご参加されるよう、お誘い下さい。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

有難うございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。