sweeter than sugar

written about:大好きな音楽と、その音楽に囲まれた生活、そういう生活を送る時には必ず隣に居て欲しいヒト

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SOS

 | 妄想的手紙
 また、10月の時みたく、ものすごい不安にかられてる。
 どうしよう??
 今はまだ、分からないけど、今回は不安の種が多過ぎた。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

no name

 | 全体的通信
 新年早々、思いの外情緒不安定で。
 吐き出さなくちゃ、ちょっと辛いけど。
 でも、吐き出す適当な場所が見つからなくて。
 それで、また、此処に戻ってきてみたりした。

 今年の元旦、2日と、両日とも今までの人生の中で一番って位に、情緒不安定で。
 「私の頭の中の消しゴム」観たコトあるヒトは分かるゃろうけど。
 強いストレスがかかると、貧血状態みたくなって、体に力入らなくなって。
 意識が飛ぶっていうか。
 それを、連日喰らうもんだから。
 お正月3日目にして、もぅ結構心も体も精一杯のトコまできてる。
 本当なら、こういう時期って、癒されたりするもんじゃなぃんかなぁーとか、思うけど。
 今年に限ってはそうじゃなかった。
 来年からお正月の無い私にとって、非常に残念な結果でありました。

 泣き出してから、過呼吸になるまでの速度も速くなってる。
 というか、ストレスかかってから、過呼吸になるまでの速度、というか。
 何か、12月、一生懸命テンション高く保って走ってきたのが嘘みたく。
 今になって急に、どん底。
 好きなヒトもびっくりする位、精神的に安定し始めてたのにな。
 昨日の夜、突然好きなヒトから電話かかってきて。
 慌てて部屋に戻って声聴いたら、突然泣きそうになって。
 どうしようもなかった。
 この涙は、きっと、痛かったり辛かったり苦しかったりする涙とは違うけど。
 でも、声だけでもうどうしようもなかった。
 
 明日、会う時、私待ってる間ちゃんと普通に待ててるかな。
 それだけが、不安。
 だけど、それでも、会いたいから。
 ただただ会いたいから、その気持ちに揺さぶられて、夢とか変な夢を観てしまう。
 甘えたで、直ぐに流される私の性分が、見事に表された夢。
 観ながらにして、それが、現実に有り得なくもないコトを悟る。

 私の精神的な脆さや弱さは、きっと親譲りだ。
 それを、確認できてしまったコトが、悲しい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

独り言。

 | 恋愛的思考
眠れなくて。
 色々考える。
 一応エアコンを入れながらも。
 熱出してるから、強くもできず。
 大して涼しくもなぃ部屋で。
 
 人間の声とか、肌とか、そういうものの重要性について。

 とか、言うと。
 何か大げさに聞こえるんだけど。
 実は違って。
 単に一人が寂しくて、上手に乗り切る方法を考えてる。
 
 お昼間は気丈に居れるし、寂しいって思わないけど。
 夜になると、どうしてこうも寂しくなるのかなぁー。
 分からない。
 だから、考える。
 でも、分からない。

 そういう、こういう種類の寂しさを、埋めるのは難しい。
 だから、今、無理して卒論とか書いちゃってる。
 さほど進んでも無いけど。

 お薬とか飲んだらきっと眠れるのかも、なのかな。
 どうも、そうでもなぃ気がする。
 それに、お薬はいけなぃし、飲まなぃ約束だし。
 
 明日からまたバイト。
 バイトしてる間は気が紛れる。
 お客様が来る度に、気が紛れる。
 ヒトと接してる自分は、寂しさを感じにくぃ。
 
 そうやって気付いたら、会える日になってるのかな。
 楽観的に思ってみたりする。
 一応今日まで4日間やってこれたし。 
 (たったの4日間!??、ではなくて)
 後1週間も、そのまま歩き抜こう。
 走れなくても、休まず、時間を消費しよう。
 本を読んだり、美味しいモノを食べたり。
 古いCDを聴いたり、テレビを観たり。
 思いがけず旧友に連絡したり、物欲に駆られたり。
 
 そう!!
 私思ったんだけど。  
 寂しいと物欲が増すの。
 これ本当、だから、ここ最近あんまり服買ったりしなかったんゃ思う。
 その反動。
 今、ものすごぃ服買いたい。
 コンバースの新しいボア付きの靴も、LDSのニットブーツも。
 CA4LAのローゲージのふかふか帽子も。
 欲しいモノが沢山あるゃ。

 だけど、とにかく、一番欲しいのは。
 好きなヒトが直ぐ隣に居て、一緒に過ごす時間。 
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

きしきし、きしむ音

 | 恋愛的思考
 何か、この頃また泣き虫で。
 思い出せば、怖くて泣いてたり。
 言い合いになれば、上手く話せなくて泣いてたり。

 私が持つ気持ちが、耐え切れなくて。
 コップから水がとぽとぽ溢れるように。
 突然、目から零れ落ちるから。
 何で泣くかとか、全く説明できない。

 全く説明できない、漠然とした不安と。
 全く予期できない、唐突にくる恐怖とが。
 時々、一人の私を襲う。

 バカみたく、会いたくて仕方がなくて。
 思い起こせば、先週とか結構いっぱぃ会ってたのに。
 それでも、足りなくて。
 もうすでに会いたくて。
 私が欲深いのかな。
 私がわがままなのかな。
 真相はよく分からない。

 丁度胸の肋骨辺りが、きしむように痛くて。
 痛いのを我慢すると、何だか切なくて。
 これが、外科的な痛みなのか。
 はたまた、精神的な痛みなのか。
 それさえ判断できなかったり。

 とにかく、夏が近付くと怖い。
 夜が暑いのも嫌い。
 思い出すのは、ありふれた匂い。
 だから、直ぐに思い出に繋がっちゃって。
 フラッシュバック。
 どうしたら、もう思い出さなくて良いかな。
 どうしたら、何も知らなかった頃に戻れるかな。
 そんなコトは無理だとしても。

 今の好きなヒトは、私の過去がどうであれ、今の私を見てくれると思う。
 それは、きっと、間違いでなく。
 過信でなく。
 多分、真実。
 でも、それでも。
 時々おっかけてくる、何年か前の夏の夜から。
 真っ黒な闇から、手が伸びて。
 捕まえられる気がしてしまう。
 それが、とてつもなく、怖くて。
 思わず、全部言いたくなってしまう。
 言って変わるのか、分からないけど。
 それでも、もう、一人で背負うには重た過ぎる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢見

 | 恋愛的思考
 夢は好きだったり、嫌いだったり
 叶わないコトが叶うから、好きで
 怖いモノが出てくるから、嫌いで
 夢を見るのは、博打と同じ
 丁と出るか、半と出るか

 好きなヒトと一緒に眠って
 眠れなかったのは一度だけ
 こっそり起きてお薬飲んだけど、すごく悲しかった

 どうして、こうも会いたいのか
 わがままなのかもしれなぃし
 欲深いのかもしれなぃけど
 ダメです
 
 一人で冷たいベッドにもぐるのは
 やっぱり好きじゃない
 その感触が要らないコトを思い出させるから
 そうして見たくない過去へ、引き戻される
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

恋愛勘定

 | 恋愛的思考
 いち
 に
 さん
 し 
 ご 
 ろく
 なな
 はち
 きゅう
 じゅう

 「じゅう」まで数えたら、ようやくキミは見つめる私に気付く?
 さぁ、どうでしょう
 
 いち
 に  
 さん
 し 
 ご
 ろく
 なな
 はち
 きゅう
 じゅう

 そうして、振り向いたキミが笑顔でありますょうに
 そうして、振り向いたキミが笑顔であるように
 見つめる私も笑顔であると、今日は胸を張って言えそうです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涙の理由、孤独の影

 | 恋愛的思考
 どうして、昨日泣けたのか。
 思い返してみても、理由は曖昧で。
 いくつか思い当たるんだけど、どれが一番の理由かは分からなくて。
 ただ一人で居るのがたまらなく嫌だっただけ。
 
 怖いと思った。
 部屋に一人で。
 ベッドの上で体育座り。
 廊下を隔てた部屋には両親が居るのに。
 どうしようもなく寂しくて、電話。
 声聞いてたら、ぼろぼろ涙がこぼれて。
 だめだった。
 
 春の季節。
 この時期。
 夏の季節。
 ピークの後のけだるぃ暑さ。
 秋の季節。
 半袖と長袖の間。
 冬の季節。 
 卒業式のスーツを見る頃。

 すごく苦手。
 私には踏んではいけない地雷が沢山あって。
 こなぃだもつぃうっかり自分から踏む真似しちゃって、爆発。
 泣けてしまって、気付いた好きなヒトは分かってくれたけど。
 すんごぃ怖かった。
 また昔に引きずり戻される気がして。
 顔の見えない世界は、嫌い。
 私じゃなくても良いような気がして。
 上手く目を見れないけど、それでも、こっちを向いてて欲しい。
 エゴの固まりな私。
 それが、唯一の脱出方法。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

泣き虫の青空

 | 妄想的手紙
 久しぶりに、打ちのめされて。
 何だか、色々思い出したりしてみたけれど。
 私は、いつだって、他人任せで。
 歩く道を示してもらって、ようやく気付くコトができる。
 何で、忘れちゃうのかなぁ。
 何で、気付けないのかなぁ。
 思う余りに、見失うコトが、私は人より多過ぎる気がしてならない。
 
 安心できるコトバをありがとぅ。
 胸張って、隣に居れるよう、誇れる自分で在りたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

似非マーブリング

 | 全体的通信
 たった一つの言葉で、ここまで精神的に安定するのかな。
 直接的に、それが作用しているのかどうなのか、よく分からないけど。
 でも、えも言われぬ不安とか、パニックになりそうな程の感情の上下とか。
 そういうの小さな兆候があんまり見られない気がする。
 今まで見てきた世界と、今見てる世界、そして、これから見る世界の何が違うのか分からないけど。
 でも、ほんまに、真っ白な紙に一滴だけ落とした赤いインクが、どんどん、でもじわじわと広がっていくかのように。
 私の中の不安とか寂しさ、恐怖は時々私を侵食する。
 その速度と同じように、もしくはそれ以上の速さで、幸福な気持ちが自分の中に甘く広がるのは幸せなコトやと、思います。
 
 人間の持つ影響力は計り知れない。
 人間の持つ可能性も計り知れない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一人ごちる

 | 全体的通信
 よく、体と心は繋がっていると言われますが。
 緊張するとお腹痛くなったりする時に、実感するょね。
 
 今、すんごぃ気持ち悪くて。
 原因分かってるけど、眠れないから。
 無理矢理履歴書書いて、気を紛らわしたり。
 わざと、携帯を視界から遠ざけたり。
 バカげた方法でどうにか平静を取り戻そうとしてます。

 本当、ここは独り言みたくなっているから。
 かえって、気が楽になる。
 私、寂しいの嫌いだけど、一人が嫌いなわけじゃない、わがまま人間だし。

 早く朝が来ないかなー。
 太陽が昇れば、眠たくなる気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加