goo

コンクール・・・

  「きれいなだけでは通らない」

このことば、何度となく耳にしてきました。「ホールのせいもあって汚い声の団体が通っている」とも。残念ながら10年近く通うかの地でまたしても出くわしてしまった・・・


「全国大会にいきました」という、ガラガラ声の女子とこれまでどれだけ多く会ってきたことか。輝かしい栄光を勝ち取るのと引き換えに失った彼女の声の輝き。職業病で嗄声になる女性教諭は仕方がないと諦めることもできるけれど、部活で一生の声を台無しにすることはかおるせんせいには許せないのです。

こういう声づくりをすれば県大会を通る という理由で彼女たちの声を傷めることはどうぞやめてほしい。万一そういう日々を強いて通過できなかった時、あなたは傷ついた彼女たちの声帯を治せますか? 医師でも無理だというのに。


コンクールのための音楽  そんなちまちましたものより、もっと普遍的で大きくて素敵なものをかおるせんせの仲間たちには希求していってほしい。


大事な彼女たちのおのど・・次回会う時にも元気でありますように。。。。









かなしいあさです・・・
 
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 名古屋二日め終了 新潟 »
 
コメント
 
 
 
はじめまして (まこ)
2017-07-18 12:43:12
はじめまして。
合唱に関心があり、検索していたところ
こちらに辿りつきました。

今回の記事ですが
なぜ、その女の子の声はガラガラ・・・になってしまったのですか?


輝かしい栄光を勝ち取るのと引き換えに失った彼女の声の輝き。

これはどうしてなのでしょうか?
 
 
 
わかる… (ラギー)
2017-09-15 20:46:47
毎年コンクール観てて、
そう思うのです。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。