心安らぐひと時をあなたに・・・

日々のささやかな暮らしと、その中から生まれた歌をご紹介します。

野の花コンサート感想

2017-02-09 | コンサート感想
2017年1月13日に千葉県の交通刑務所で行った野の花コンサートの感想が送られてきました。
読んでいると涙があふれます。
交通事故を起こそうと思って起こす人はいないし、誰でも加害者になる可能性があります。
私自身も、気を引き締めました!!

今日は、感想文の中から、音楽に関することや、差しさわりのない部分だけを紹介させて頂きます。


●今回の新春コンサートでは、童謡・唱歌や歌謡曲が中心で、普段聴く事のない音楽であったが
優しい音色に心が暖かくなった。

●特に印象に残った曲は、童謡唱歌のメドレーである。このメドレーは日本の四季に併せた曲順と
なっていた。今の自分の状況を考えると、人生における極寒の冬である。しかしメドレーを聴いて
冬の次は春だ、今は厳しい状況でも堪え抜けば、きっと春の様な人生がやってくるに違いないと
希望を持つことができた。

●中盤に歌ってくださった「見上げてごらん夜の星を」を聴いて、胸にこみあげてくるものがあった。
受刑開始直後は、このようなことになってしまい、悔しかったり、切なかったりして、泣いてしまいそうな
時もあったが、私も上を向いて前向きに頑張ろうという気持ちになった。

●コンサート、これで6回目となります。市原へ来てから2年6か月、いろいろな体験をさせて頂きました。
刑務所という場所で、クラシックだったりジャス、ソプラノコンサートが体験できるなんて、
思いもよりませんでした。普段の生活だけをしていたら、体験しなかったと思います。

●これから先、自分が出所し、仕事・家族とそして被害者への償いと不安な事ばかりですが、
しっかりと前を見て、現実と向き合っていこうと思います。本当に自分一人では無力で何もできません。
沢山の方に支えてもらって、今の自分がいる、その事にやっと気づく事ができた気がします。

●本日のコンサートを聴いていて、色々想うことがありました。一つ目は父と母の事です。
私が事件を起こして以来、父と母には大変迷惑をかけてしまい、非常に悲しい思いをさせてしまいました。
曲を聴いていると、そんな想いでいっぱいになってきて、何てバカな事をしてしまったんだろうと
考えさせられました。

●今日の矯正指導日の3・4限目に「野の花コンサート」を拝聴させて頂きました。
自分自身、ソプラノコンサートを聴いたことが今までに3度ほどありましたが、今までの中で一番感動しました。
自分のメンタルの違いもあるし、環境の違いもあると思いますが、歌というものは、やはり素晴らしい力を持っていると
改めて思いました。名曲ばかりの中で、個人的には「アメイジング・グレイス」が一番心に響きました。

●自分も過去に音楽をやっていたので、出所したらまた音楽をやりたいと思わせられるコンサートで「ふるさと」を
聴いたときには、涙が出てしまいました。

●自分が事故を起こした事によって、迷惑をかけてしまった皆様への反省や後悔が混じり、凄い複雑な気持ちになりましたが、
「アメイジング・グレイス」や「見上げてごらん夜の星を」を聴いて、まだ自分の人生はやり直しがきくと考え、勇気を貰いました。

●平成29年が皆にとって良い一年であります様に、そして自分自身にとっても、もっと罪を償い、そして今まで迷惑を掛けてきた
人達に、少しでも恩返しが出来る1年であります様に。
本日は良質な音楽を聞かせていただき、ありがとうございました。またよろしくお願いします。

●新春コンサート、正直楽しみにしていました。大多数の人と同様、歌や音楽が好きで、頻繁に歌ったり、音楽鑑賞していた。
歌や音楽には、様々な効果があり、自分もリラックスの為に聞き、癒されていました。ですが、刑務所では、勿論、好きな時に
好きな曲を聴く事は出来ず、テレビやラジオで、たまに好みの曲が聴ける程度、刑務所に癒しを求めること自体、間違っていると思うが
こんな時だからこそ、音楽に励まされたい気分でもある。新年初の矯正指導日には、新春コンサートのプログラムが組んであり、
喜んだ。自分の好きな曲を聴けるわけではないが、生で音楽鑑賞できるだけですごくありがたい。

●今回はソプラノ歌手のため、かなりの高音、心を癒してくれる歌声だった。
また刑務施設で歌うのも五回目、他被災地でも歌ってきているからか、誰でも知っている曲を歌ってくださり、みんなが楽しめるように
考えてくれている、そういった想いにも心遣いも、癒されました。

●ふるさとを想い、大切な人を想い、被害者や遺族の方を想い、自分に怒れ後悔しと、様々な感情を揺さぶられました。
それだけ心に訴えかける音楽。市原に来て三回目の音楽鑑賞コンサート、どれも素晴らしいコンサートでしたが、今回の
「野の花コンサート」が、今のところ、一番、胸にくる歌でした。

●唯一、知らない曲の、自分で作詞・作曲したという”たんぽぽ”という曲が、特に印象に残っており、あんな清らかな詞が
書けることを羨ましく感じ、自分もまだ変われるはず、と思わせてくれました。心に響く音楽を届けてくださった二人と
いつもながら貴重な機会、時間を与えてくださった市原刑務所に感謝です。ありがとうございます。

●本日の講演は、野の花コンサートということで、外部の方が来てくださいました。
聴いていて、気分が気持ちよくなり、とても良かったと思いました。何度か市原で講演してくださった方を思い出すと
やっぱり音楽は素晴らしいと思います。気分がダメな時は、音楽を聴いていると気分はよくなるし、悪い所を流してくれるような
感じで、心を落ち着かせてくれます。気持ちのとらえ方で気分も変わるし、音楽って不思議だと思いました。

●大切な人を想って聴いていたら、早く出所したい気分になり、思わず涙、流しちゃいました。私の刑期はまだまだありますので
一日一日を大切に過ごし、残りの刑期も頑張って生活し、自分の悪い所や、自分自身の足りない所を直していき、出所後に備えて
いきたいと改めて思いました。また今日のようなすばらしい講演を用意してくださった、市原刑務所に感謝したいと思います。
ありがとうございます。

●また素晴らしい講演が聴けることを期待しながら、今、自分の犯した罪の重さとちゃんと向きあい、被害者・被害者遺族に対して
ここでできる償いをし、二度と同じことを繰り返さないように、出所までに変われた自分、成長した姿を見せられたらと思います。
外で待っている家族の為にも、歯を食いしばって、頑張っていきたいと、音楽を聴いて思いました。




私のささやかな歌で、誰かが「自分も頑張ろう!!希望を持って生きよう!!」と思っていただけたら

本当にうれしいです。それが私の音楽の使命だと思っています。

どんなに辛いことがあっても、自分の人生をあきらめずに、最期の一呼吸まで、生き抜きましょう。

必ず、また日は昇ります!!!

では今日も、どうぞよ一日を!!



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10年計画~~!! | トップ | ボーイスカウトと奉仕 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
千代美さんの歌 (山﨑 すなお)
2017-02-17 22:35:32
千代美さんの歌が、受刑者の方々の深いところに響いているのを感想を読みながら感じました。
大切なお役目を授かっているのですね。
心響く歌を歌い続けて下さい
ありがとうございます。 (ちよみ^o^)
2017-02-17 22:41:59
ありがとうございます。
みんなそれぞれに役目がありますが、私が歌うことで、誰かの役にたてば、本望ですね~。
明日も、横浜で歌ってきます!!
高齢の方と、お子さんたちのために・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL