Sengokuピアノ音楽教室

ピアノ教室での近況やコンサート情報などを気ままお伝えしていきます♪

岐阜県立加納高校音楽科☆第31回定期演奏会☆

2017-07-16 22:43:34 | 日記

お久しぶりです。毎日毎日がなんと早く過ぎていくことか!座る間が無い。

いえ、実際食事の時もレッスン時も腰掛けます。しかし、頭の中がず~と動き回っているので、座ってくつろぐという感じではない…

身体の動きが止まった瞬間、枕に頭を付けた瞬間にストンと意識がなくなります。

そして朝。この間は「無」。そう!熟睡、爆睡しているらしい。そして寝言、笑いも多いらしい。眠りながらも喋って笑ってと忙しいようです。

 

随分と長い前置き、大変失礼をいたしました。

なんせ、本当に久しぶりにパソコンのブログを開いたので、お詫びというか、言い訳してしまいました。

 

まあいろいろなことがい~っぱいございましたが、7月15日(土)サラマンカホールは、素晴らしい風が吹きましたよ。お日様の光がきらきらとまぶしく降り注ぎましたよ。音楽の神様が、喜んで下りていらっしゃって、更にパワーを注がれたことは、間違いないようです

 

管弦楽合奏「カルメン」も、九州の洪水被災地に向けての合唱も、ソロ演奏も実に素晴らしかった。

 

ソロ演奏は、感心しました。どの子も自分を出し、音楽を楽しんでいます。

どうしよう、どうしよう、ここから逃げたいと自分の演奏前は誰もが思うもの。ましてやまだ経験の浅い高校生。

 

いつも上手だなぁと感心して参りましたが、今日の出演者たちは、ステージでの演奏を楽しんでいるようにみえました。そこに感心しました。すごいなぁ

ステージで演奏する、人に自分を聴いてもらう、見てもらうということに恐怖どころか喜びを感じているようです。

だからこそ、練習の成果も十分に出せるということ、普通は半分出せれば上々なのですが。

 

幼い頃からの積み重ね、教育の成果なのでしょう。

それは、やはり「誉めて伸ばす」という、今の学校教育の結果の表れなのでしょう。

 

昔からの「責めて伸ばす」は通用しないということです。

自信をなくし、小さく小さくなったまま生きていくことになり兼ねません。

その原因が『音楽』なんて、悲しすぎますよ。

 

 終わった後に振り返って反省。演奏者はちょっとしたミスで自分を責めるもの。

そこへ更に先生、親が指摘をし、「そうね、こことあそこが残念ね。」

そんなこと、間違えようと思って間違えるものはひとりもいない。自分が一番よくわかっているし、傷ついている。

 

信頼している大人に、傷口に塩を塗り込まれるようなもの。

しかし、その大人は自分もそうやって来たから、そんなに考えずに言ってしまう。

でも間違っていたんですよね。

 

とにかく莫大な数の音符の中の、ほんのちょっとした出来事。

人間だもの、間違えるのが当たり前。

でもミスはやっぱり無い方が良い。これもやっぱり人間の本能のようなもの。

 

小さい頃から、子どもが頑張ってやり遂げたこと、弾けたことを「よくやったね」と認めることが絶対だということ。

積み重ねですよ。幼い頃からの1回1回の本番後に、どういう声かけをするか。

 

ミスを責めるのはNO、毎日頑張って成し遂げたこと、努力を認めてあげましょう

 

子どものうちは、結果より経過が大切。

大きくなるにつれ、結果が重要。

でも結果しか見ないと責めることになります。

結果と共に経過を大切にする大人になると、人をむやみに責めません

優しく強い大人です。

 

この高校生たちや、トップに出ている最近の若者たちは、日本の教育の誉めて伸ばすの成果だと思いませんか。

 

但し甘やかすということとは違いますから、そこはご注意!その兼ね合いは大人が考えて下さいね。

間違えると、逆に弱い精神の子になってしまいますから

 

大人だって、一生懸命やったことにケチつけられるとすごく嫌ですものね。

ましてや子どもですから。

 

ピアノを人前で弾くこと=心が傷つくこと、つらい事、怖い事。

それでも弾き続けるこというのは、その子は本当に音楽が大好きなのですよ

好きということ、それは既にその子の才能なのですよ

 

音楽の芽を、大人たちで摘んでしまわないようにね。

 

わが可愛いちゃんもただ一人の声楽で出演しました。

「フィガロの結婚」のアリアを歌うことになり、とても喜んで練習をしていました。

ちゃんらしく堂々と楽しんで歌っていましたよ。良かったね

 これからも楽しんで、あなたの歌声で世界中の人を幸せに出来るよう、頑張って下さいね

まず一番は、親孝行できたかな。

 

スポーツスポーツの日本に、同じように頑張って自分に挑戦し続けるアスリートと同じ、やっていることも負けていないよ、ソロだよ、ソロで、たった一人で戦っているんだよと、更なる高みをめざして、音楽で世界中に幸せを運ぶ人になって下さいね。

後に続く子供たちの夢のためにも

 

音楽科の先生、生徒さん、加納高校の先生方皆さん、心洗われる時間をありがとうございました。

 

お客様のどのお顔も、感動感動で輝いていましたよ

 

みんなが、応援していますから

大人の方々もスポーツ業界に負けないよう、こんなにも素晴らしい才能と努力の人材を、社会に出てからも助けてあげて下さいね。

 

本当にお願いしますよ

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『古楽の楽しみ』と『Qさま‼... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。