goo

どんど焼き

次男をセンター試験会場へ送って一息ついて
どんど焼きに



心配した雪も「これっぽっち?」でありがたい



いつのまにか「どんど焼き」担当になってしまって
ひとりでこの神社にお参りするのが年中行事になってしまったなぁ





 

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

全日空ミュージックスカイホリデー

「全日空ミュージックスカイホリデー」あげてくれてる人がいたんだ
30数年ぶりに聴いた「そらまめさん」滝良子姉さんの声、あぁ・・・
あの頃あたしゃ〜高校生











 

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうござりまする

大晦日の晩より「座っておしっこ」を実践して参りましたが
さきほどトイレにたったおり、「ああっ、立ったまましてる・・・」 
長年の習慣を改めるのは難しいものでござりまする。





 

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

FFF-sake kan set

やーーーっと編集できた

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

山頂まであと30m

1ヶ月ぶりの山行
山は焼岳
登山口は中の湯温泉

12月4日(日)、3時半起床
高山できれいな朝焼けをみる
7時過ぎ、安房トンネルを抜けると
あわわわわっ
冬期通行止のゲートが閉まっている
なぬなぬ、ゲートを開けて欲しければ
下のバス停の公衆電話から中の湯温泉に電話して・・・とのこと
温泉に用もないのにゲートを開けにきてもらうのは申し訳ないじゃないか
迷わずUターン
トンネルの中を走りながらふと思う「もしかして・・」
あのゲート鍵はかかってなかったんじゃない?
トンネルの通行料往復1,080円なり〜

そして岐阜県側中尾温泉の奥、焼岳登山者用駐車場に着
他にクルマはいない

あらためて登山届けをポストに投函
7時58分、出発

8時10分、登山口

8時46分、白水の滝展望台



まもなく鍋助横手、まだ雪はない

標高1,850mあたりから雪を踏む
きのうのトレースあり



笠ヶ岳が美しい

10時5分、秀綱神社でちょっとアンパン休憩




10時53分、中尾峠
窪みで風を除けながらアイゼン、ピッケル、ヘルメット用意



ストックはデポして北峰に向かう
スノーシューも置いていけばよかったと今更思う・・・
(この日、スノーシューは未使用)




普通は溶岩ドームの下を東にトラバースするのだけど
これがけっこう怖いもので・・
北側からまっすぐ登れないものかなーと前々から思っていたところが
そちらへ向かってるふたり分の足跡あり
よーっしゃ行ってみようじゃないか!



けどけっきょく(西に向かって)トラバースかいな
雪が浅くてピッケルが深く刺さらない
怖い怖い怖い



12時27分、噴火口の縁にでた
トレースもここまで
向こうにみえるのは南峰



北峰山頂はあの上だ
登れるか?



無理?



悩んでられるほど今の足元も盤石ではない





こんな深い火口があるとは今の今まで知らなかったな
焼岳の正体みたり、な気分

と、とにかくはやく下りよう



穂高連峰をチラチラみながら
怖い怖い怖い



振り返って、あー怖かった



13時59分、秀綱神社
休憩じゃ休憩じゃ、めし〜めし〜



サッポロ一番塩ラーメン



だーれにも会わない一日だ



15時47分、登山口
16時1分、駐車場に到着
下山届を投函



カシミールにGPSログを読み込んで
なるほどー
















 

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ