goo

裏山の裏山へ

4月23日(日)快晴・風あり
日曜は山へ行こう!と思っていたのだけど
仕事に手こずってまた行けない・・

しかしここらで体力低下に歯止めをかけねばと
午後から超ひさしぶりに裏山を歩くことに


午後一、家を出発



山菜採りかな



きょうは送電線の巡視路を山の向こう側まで行ってみるつもり



新緑が気持ちいい



No.20の鉄塔に到着



尾根道は明るく快適



 

No.19の鉄塔
きょうの最高地点、標高約400m



以前は見晴らしが良かったのだけど・・



三叉路を直進



No.18はどん突き
丈競山も浄法寺山もすっかり雪がない



クマがお先に



No.19からは下りるばかりかと思ってたけど
そんなことはなく〜
No.12へ行くと登り返しになるなぁと学習効果発揮で右へ
ここからは道が荒れて尻餅一回、左手首グキッ・・



わーい、山の反対側に出た
大丈夫かいっ?な虎縞ロープを頼ってそろりと降下



内張のない長靴で裸足だったのがいけなかった
左足の甲の皮が剥けた
絆創膏持ってきてないし、なめてたなぁ
道路をまだ5キロは歩かなあかんで
患部にタオルを巻きつけて
いよいよダメとなったら携帯で息子にSOSだい



近道をするとゲートが三っつ
クマもイノシシもうろうろしてるやないけー
アホちゃうか!



4時間、14km
今度は靴下を履いて










 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ようやくタイヤ交換

仕事の合間、長男とタイヤ交換
力仕事はむすこに任せて
おやじはタイヤ洗い


大学生になった次男がクルマを欲しがりだした
県外へ行かなければやっぱこうなるか
ふたりで一台はやっぱ無理かなぁ







 

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

はじめてのひとりじゃない山行

4月1日(土)ほぼ曇り、ほぼ風なし

遊山行常連のKさんからのお誘いで
赤の他人さまと示し合わせて山に行くことになった
55歳の初体験である

3時45分起床
約束より20分早く待ち合わせ場所に到着
本日のメンバーはKさんのほか、MさんとBさん
おおっ、ふたりは女性である
トイレ問題など考えるとなんか気がひける

Kさんのクルマで福井北インターを出発
今庄インターを降りて広野ダムをめざす

広野ダムのひとつ上部のダムまで行けるのでは?とのKさんの読みだったが
そこまでは雪と土砂で通行不能



ダム湖最奥部の橋のたもとにクルマを停めて
6時15分、出発


6時59分、滑って川に落ちないように少しの間アイゼンで歩く



7時26分、日野川の源流に沿ってとにかく林道を歩く



さすが山の女、危惧したトイレ問題などどこ吹く風
こちらも遠慮なく手鼻などかみながらいつもどおり

ただいつもどおりでないのが登りのペース
ゆっくり登ってくれてはいるのだけど、あたしには超キツイ



ロボットまでの急登
足が攣る足が攣る
みんなからだいぶ遅れるようになってきた



12時4分、ロボットから本日第一の目標笹ヶ峰へとむかう

12時48分、笹ヶ峰に到着
25分間休憩、立食



自分たちのトレースを辿ってロボットへ戻る
本当なら美濃俣丸まで歩く予定だったが
あたしのくたばり加減から大事をみてそのまま下山することに
面目無い・・・



14時41分、笹ヶ峰をのぞむ広場でコーヒータイム



ありがたい、ここでは50分も休憩させてもらった
くたばりかけたおっさんも復活か?



もともと下りは調子のいいおっさんである
川を渡って林道に出るまでは元気であった
16時30分から長い林道歩きのはじまり



朝なんともなかったところが雪崩てる
こんなの直撃されたら死ぬかもね



18時12分、クルマに到着〜っ
もーーダメダメ
あたし以外はみな元気が余ってるよーです



歩いた距離は20.2km
柔らかい雪を踏み踏み何度足が攣りそうになったことか
即日全身筋肉痛



半分が林道歩き、これはこれでしんどいもの
さんざんだったが、これが実力だ
Kさん、これで懲りずにまた誘ってやってくださいね













 

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

連休で挽回

せっかく楽しそうな山行にお誘いいただいたのに仕事である
おまけに酷い花粉症である
しんどくてついつい仕事を溜めてしまったのである
思い起こせば次男の合格発表の日からである
いっきに気が緩んでしまったのだろう
気の緩んだ次男は紐の切れた風船よろしく
今朝もどこかへ飛んでいった
豊洲や森友もけっこーだが
杉の木なんとかしてもらえんやろうか
医者と薬屋の儲けをさっぴいても
美しきニッポンのGDP押し下げてると思う
ああ、仕事がはかどらない






 

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

12週間ぶりの山

むすこの前期試験が終わった、結果はともかく山へ行かねばの

2月26日(日)天気予報では朝のうち雪のちくもりだった
4時35分、起床
ことし一番の早起き
行き先は雪を求めて荒島岳へ
人気のない(ひと気もない)下山(しもやま)コースだ
人気がないのは、たぶんとっても急勾配だからだろう



6時40分、下山駅の駐車場を出発
ものすごく雪が少ない



登山口から少し入ったところでもこの程度の雪の量
ありがたいことに昨日入山した人たちのトレースがある



8時25分、標高800m付近
振り返って、おお



も少しまともなカメラを取り出そうとしてるうち
あっという間にガス

これから標高1,100m付近まで急勾配がつづく

トレースもほぼ消えた



10時37分、標高1,170m付近、まさかのニンゲンに会った
カップルである
きのう荒島谷川の向こうの尾根から登って
モッカ平〜荒島岳山頂〜東稜ヘと周回してきたそうだ
へぇーー、すごいなー

山とは狭いもので、この日この時
Kさん率いる8人のパーティーが真名川ダムから荒島岳を目指していた
そしてモッカ平の方から続くふたりの足跡に驚いていたそうな
(けっこう危ないラインを通ってるようにみえたそうな)


今年初めての山
先日の龍ヶ鼻ダム周辺でのダメダメぶり・・・
きっと足が前に出ないだろ〜な〜
絶対頂上までは無理だろ〜な〜
と思っていたけど
案外スイッチが入るもんだ
これなら12時半までには山頂に着けるよーな



11時2分、1,240m付近でスノーシューからアイゼンに履きかえ



アップダウンはあるもののあとは歩くだけな感じ



11時43分、1,312mピークを越えて小ナベへ




大ナベをとらえたーが雪が降り出したがな
なーんか天気予報とちがうなー
独立峰特有の風も吹き出した、寒っ
ガスもでてきたがな〜





とうとうガスでなんも見えんようになった
雪庇の上を歩かないように注意していたのに左足がズボッ
ひぃぃえ〜、あ 大丈夫
どうやら雪に亀裂が走りだしてるみたい



12時30分、大ナベを通過するも
いやーもーあきませんわー
すれ違ったカップルのトレースなんてすっかり消えてるし
自分の足跡も雪と風に消されつつあるだろうし
上りは一方だけども下りは三方に広がる広い尾根だし
帰りきっと迷うで
どーするぅ
頂上はすぐそこ、どーする
とそのとき次男の顔がフッと浮かんだ
また来ればいいやんか

12時43分、帰るべし



13時14分、1,312mピークまで戻った
尾根がぐっと狭くなって足跡もはっきりわかる
ここまで何度も自分の足跡を見失って、やべーの連発
腹が減ったが雪が止むまではおあずけ・・



14時6分、一番の難所急降下
腹減ったな
雪止まないし



ここまで下りてもまだガスってる
雪も
急なところは積極的に尻セード
尻がちょー冷た〜い



まもなく登山口
雪がさらに融けた
下では雨だったみたい





16時15分、駐車場に到着
車中でパンを食う

山頂まで行けなかったのは残念だけど、あーすっきりした





Kさん御一行は12時には山頂に着いていたらしい
いつになく閑散とした荒島岳だったそーな

カシミール3Dで計測したら
あと山頂まで428m、標高差37mだった








 

 

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ