森の子きのこ

キノコ探して歩き回っています。

ハツタケ

2016年10月12日 | ベニタケ科


ハツタケ Lactarius hatsudake Nobuj. Tanaka

秋一番に出てくる定番のキノコ。
松の木の下、松林内、日当たりの良い場所に生え、毎年同じ場所で採れる。

裏は淡紫紅色で、傷つけると青緑色に変色。
その変色具合が気味悪く、最初食べるときには抵抗があったが、食べるとおいしい。
ボソボソするので、煮物でよく煮たり、ハツタケご飯にすると食感も柔らかくなりダシも出ておいしい。

傘の環状紋やヒダの青緑色への変色でハツタケとわかりやすく、間違えるキノコは他にない。
似ている毒キノコもなし。



ハツタケ Lactarius hatsudake Nobuj. Tanaka

ハツタケ Lactarius hatsudake Nobuj. Tanaka
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミヤマベニイグチ? | トップ | チチタケ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL