森の子きのこ

キノコ探して歩き回っています。

チャナメツムタケ

2016年10月19日 | モエギタケ科


Pholiota lubrica チャナメツムタケ

チャナメツムタケ Pholiota lubrica

秋中盤から終わりにかけて、ポツポツと各種林内に生える。
1つあると、周辺にいくつか見られることが多い。

傘は全体が茶色だけど、中心が濃い目で、淵にささくれが見られるが、湿っている場合判りづらい。
傘にヌメリがあってナメコのよう。
柄は下部に向けてササクレでザラザラ。

クリタケに似ているけど、もっと茎も傘も太くてしっかりした感じ。

可食。ぬめりがあるので、汁ものに合う。
癖がなく食感のいいキノコ。

Pholiota lubrica チャナメツムタケ

Pholiota lubrica チャナメツムタケ

クリタケ群生の横にチャナメツムタケがあった。
雨天だったため、ぬめっていてナメコのよう。



ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シロオニタケ | トップ | ヌメリイグチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL