森の子きのこ

キノコ探して歩き回っています。

カワムラフウセンタケ

2016年10月11日 | フウセンタケ科
Cortinarius purpurascens (カワムラフウセンタケ)

カワムラフウセンタケ Cortinarius purpurascens

こんなようなフウセンタケ科のキノコ、やたらに見るけど、
どれがフウセンタケモドキでどれがカワムラフウセンタケかいつも判らないでいる。
写真のは、キノコの専門家の方に鑑定してもらったから確かにカワムラフウセンタケ。

カワムラフウセンタケはなんだか特徴的な傘の形をしているように思う。
そして傘の表面が茶色。裏のヒダが紫。
柄は肉を傷つけると紫に変色。
柄の下部は丸く膨らんでいる。

可食。
キノコ汁に入れて食べたけど、なんの味もしないというか…よくわからなかった。
油炒めにしたら、歯ごたえがありなかなかだった。

Cortinarius purpurascens (カワムラフウセンタケ)


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クギタケ | トップ | ヤマドリタケモドキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL