森の子きのこ

キノコ探して歩き回っています。

シロオニタケ

2016年10月19日 | テングタケ科


シロオニタケ Amanita virgineoides

シロオニタケモドキが似ているが、シロオニタケモドキは大型。
柄の基部のふくらみも大きく、柄は細め。
傘の色も黄色っぽい。
ツバが堕ちることはない。

シロオニタケは真っ白で小さ目でかわいらしい。
森に真っ白なのがひとつ生えているだけで、その存在感。
尖った白いイボが面白く、傘だけでなくツボにもボツボツとイボがついている。

そして、そのまま傘が開くこともなく、衰えていく。



食毒不明だけど、有毒説が有力。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニガクリタケ | トップ | チャナメツムタケ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

テングタケ科」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL