森の子きのこ

キノコ探して歩き回っています。

クギタケ

2016年10月11日 | オウギタケ科
kugitake

クギタケ Chroogomphus rutilus

松の木の下、アミタケの横で見つけた。
アミタケと何かしら関係があるらしく、松、アミタケのある場所でよく発見されるそう。

クギタケという名前は頭が尖がってるからなのか、ヒダの垂生具合といいなんだかおもしろい形をしている。
色は老菌になるほど黒ずむ。

小さくて、3㎝~10㎝。

可食。特別おいしいわけではないらしい。
数個だし小さいし、食べなかった。



クギタケ Chroogomphus rutilus
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハタケシメジ | トップ | カワムラフウセンタケ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL