天下御免のすっとこどっこい

自分が読み返して「楽しかった」と思えることを書き綴っています。

「アニソンスーパー3 with 桜 稲垣早希 スペシャルライブ in KOUBE」

2012年07月08日 | イベント・コンサート
今日(7/8)神戸文化ホールで催された「アニソンスーパー3 with 桜 稲垣早希スペシャルライブ in KOUBE」に行ってきました。

幼少のころから特撮モノが大好きで、ヤマト、999、マジンガーZなどのアニメも大好きな私。
当然、その主題歌であるアニソンも好きですが、これまでライブには行ったことがありませんでした。

お客さんはやはり、私と同年代、7割ぐらいが男性の方でした。
お手洗いの列が男性のほうが長いって初めてでした。

15時半開演。
何やら「エヴァンゲリオン」の主題歌が流れ、それと共に下手真ん中あたりの客席出入り口から桜 稲垣早希さん登場。
あの、ほのぼの~とした関西弁で舞台に上がるまでに30人くらいのお客さんと握手をされてました。
舞台に立ってからは、簡単な自己紹介を笑いを交えてされたり、「エヴァンゲリオン」の持ちネタを披露され、笑いが起こっていました。
いかんせん、私「エヴァンゲリオン」全く知りませんのでぽかーんとしておりました。
というより、彼女が「エヴァンゲリオン」で売っているということも知りませんでした(^^ゞ

20分くらい早希さんの前座(?)があったあと、ライブ開始。

水木一郎さん「コンバトラーV」
堀江美都子さん「ハローサンディベル」
ささきいさおさん「銀河鉄道999」

と、いきなり私の大好きな曲ばかりで始まりました。
コンバトラーVの「ブイブイブイィー、ビクトリーッ」とか999の「きっといつかは君も出会うさ青い小鳥に」っていうところはさぶいぼでました。

アニキは青系のレザージャケットに赤系のチェックのシャツ、黒のパンツに真っ赤な靴。
堀江さんは藤色のような淡いふわふわっとした太ももの3分の1ぐらいまでの短いワンピース?に白のロングブーツ。
いさおさんは白いシャツに白いパンツ、襟にはスパンコールがまぶしい真っ青なジャケット。
御三方ほんとお似合いで若いなあって思いました。

早希さんも混じって4人でトークコーナー
アニキの調天然ボケにいさおさんの真面目突っ込み、さらにミッチが落とすという絶妙なトークに早希さんたじたじ。
「僕は歌の歌詞を忘れたら作って歌うけど、いさおさんは真面目だからとんじゃうんだよね。」とアニキ。
それから、早希さん提案で「みなさんでZーっをやってみましょうか。」とうことで、アニキが「Zーっ」の説明。何回も「ぜーーーっ。」って言うもんだから、もうおかしくておかしくて。
確かアニキが「神戸は盛りあがる」といって客席が「Zーっ!」といって終わったような気がします。

それぞれのソロコーナー。

水木一郎
「バビル2世」
「ゲキレンジャー」のエンディング「道(タオ)」
「ルパン三世 愛のテーマ」

テレビでは早い曲ばかりなのでバラードを歌いたかったとのことでした。
アニキのバラードもっと聴いてみたいです。スカイライダーのエンディングとか。無理かな。

堀江美都子
「マグネロボ ガ・ギーン」(水木一郎さんと)
「ひみつのアッコちゃん」
「花の子ルンルン」
今年のドラえもんの映画の挿入歌(調べてみると「キミのひかり」という曲のようです)

ガ・キーンは懐かし過ぎました。おもちゃ持ってましたもん。よく遊びました。ほんまにマグネットになってて腕とか脚とかつなげられるんですよ。

「キミのひかり」は新曲ということで、新しい素敵な曲に出会えました。元気が出る曲と紹介されたとおり、ものすごく良い曲でした。

しかしまあ、本当に伸びの良い豊かな声量はすごかったです。

ささきいさお
「進め!ゴレンジャー」(堀江美都子さんと)
「ゲッターロボ」
「グレンダイザー」
「風の会話」(アニメ三国志演義のOPだそうです)

衣装を変えられたいさおさん。今度は黒のシャツに前面スパンコールのベスト。それにバックルやベルトにストーンがたくさんついたベルト。奥様がディズニーランドでこれよ。と言われて購入されたとか。

いさおさんとミッチの旦那さまとは釣りによく行かれるとか。へえ。
「釣りの話は釣り番組で」とミッチーにストップかけられたいさおさん、面白い。

ゴレンジャーは嬉しかったです。「真っ赤な太陽 仮面にうけて 願いはひとつ 青い空~♪」と5色が歌詞に入っているのですが、その時に舞台の照明が赤かったり青かったり、「五つ力をひとつにあわせて~♪」のときは5色だったり。

ゲッターロボでは3番の歌詞がとんでしまわれたいさおさん。「よく歌詞が似てるんですよ。何を守ってんだかわかんなくなっちゃうんだよね。」面白かったです。確かにそーだ。
「題名のない音楽会」に出演されたときは歌詞を覚えて行ったけど、カンペが2番のところで3番の歌詞が出てびっくりされたとか。いろいろ大変ですね。

こんな時代だから地球を大切にしたいということで「グレンダイザー」良い歌詞ですよねえ。

「地球はこんなに小さいけれど 正義と愛とで輝く星だ 守れ守れ守れ 人間の星 みんなの地球」

素晴らしすぎる~。

「風の会話」でまた衣装がえ。両肩にスパンコールがついた白いジャケット。
そして曲はいさおさんのおっしゃる通り、客席が騎馬隊がばばばばばば~っと駆け抜けていくようでした。欲しいなCD。

そして、また早希さんが登場して、4人でトークコーナー。

「アニソンのすばらしいところは何ですか?」みたいな質問にミッチが「それぞれ聞いていた時代を思い出して、また明日から頑張ろうっていう気持ちになるところですね。」みたいなお話が印象的でした。

最後に一人ずつ代表曲をということで
ささきいさお「キャシャーン」
堀江美都子「キャンディキャンディ」
水木一郎「マジンガーZ」

客席はやはり大盛り上がりでした。
アニキは赤いジャケットに黒の上下、アニキマフラーと呼ばれる?例の風がなくてもなびいている赤

いスカーフで「まーじぃんがぁ~ ぜーーーーーっ!」とすごかったです。

アンコールは4人で「宇宙戦艦ヤマト」
作曲家の息子さんが楽譜がないから起こしなおしたものらしいです。ちょっとゆっくりになっているとか。あんまりよくわからなかったですが…(^^ゞ

17時半終演。

初めてこの手のライブに行きましたが、新曲以外はほとんど知っていてというか思い出して、嬉しかったです。そのころの記憶がばあーーーっと出てきて驚きました。
御三方むちゃくちゃお若いし、ものすごくパワーをいただきました。
明日からまた頑張ろうっと。

また機会があれば行ってみたいと思います。
『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『忠臣蔵』前篇「君、怒りも... | トップ | 『薄桜記』市川雷蔵主演 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。