花蝶楓月 見聞録 nature around us

日々の街角から 花とか虫とか色々…観たり聴いたり。思いだすまま…。

花と蝶 ヒガンバナ と アゲハチョウ

2016-10-12 08:32:16 | 
彼岸花と揚羽蝶
9月の終わりまで咲いていた彼岸花も今は枯れ、あとは春まで葉だけになる。別名「葉見ず花見ず」。
地方に行くと田圃の畦道に彼岸花が並んで植えてある。これは彼岸花の根が有毒なことを応用した、
畦に穴をあける鼠や土竜除けだと、そこにいた農家の方から聞いた。

揚羽蝶は並揚羽蝶ともいうように多く見る蝶。
幼虫の食草は、ミカン科植物の葉。
ミカン科植物は都市部でも街路樹や公園などにも多いため、
比較的姿を見ることができる都市型蝶の一つ。

・ヒガンバナ(彼岸花)orマンジュシャゲ(曼珠沙華)
・アゲハ(揚翅蝶)or ナミアゲハ(並揚翅蝶)









© comment & photo by Mushi-Megane laboratory & chounomichi project & minami takahiko
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節の花々 フウセンカズラ | トップ | 虫たちの話  オオスカシバ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。