ムシマルの広島うろうろグルメ~2年目なので広島初心者マークはずしました~

高知県から来て(主に)広島県でグルメ放浪というか食べ歩きというかウロウロしています。
お好み焼きも牡蠣も好き。

ブログ再掲:大久野島『瀬戸内こだわりバイキング』(前篇) 2014秋のこと

2017年08月13日 10時40分54秒 | バイキング・食べ放題

 


うさぎブーム再燃シリーズ第3弾。

物語はウサギ関係なくなります。ご飯を食べます。


休暇村大久野島
〒729-2311 広島県竹原市忠海町大久野島

お電話でのご予約・お問い合わせはこちらから

0846-26-0321

https://www.qkamura.or.jp/sp/ohkuno/viking/

 

 

http://matsumura1214.jugem.jp/?page=1&cid=12


 

 

お散歩を終えて、


まずカラカラの喉を、どげんかせんといかん。
売店で、発泡酒購入。260円か。

DVC00649.jpg
部屋に急いで戻ると、
すぐ開ける。

こきゅ。ごきゅごきゅ。
最初のひとゴクゴクが、いつまでも続く。
ごきゅ。ごきゅ!力強くそれはなる。


ぷはーうぇえい。
下品なため息。

ファーストドリンクで缶の7割を飲んでいた。

う、すきっ腹に酒、覿面に効く。

ぎゅいん、ってなりました。
これはメイクミラクル。もうなんだかわかんない。

といってもすぐに疼きのような渇きが治まるのと一緒に、酔いもけっこうすぐ安らぐ。
お風呂に入る。


疲れを取るのと、時刻調整のため。
18時時間帯は浴槽に人少な目。
2人くらい、最後にはムシマルが独占する。

ではでは、
一階に下りていく。

「瀬戸内こだわりバイキング」

DVC00650.jpg

部屋名を伝え、座るイスとテーブルを案内してもらう。



おなかは今まさにメランコリー。


よっしゃ行くでえ。
さてまずは焦らずに、焦りを押さえ
全体を見つめる。

お、これ珍しい。


瀬戸内といえばタコとかアナゴとかタイ。
でもアナゴやタイなんて高級品は置いてあるんでしょうか?


お、タコ発見。
しかもやわらか煮だって。

おお、さらにたこ飯発見。

女房を質に入れても食べなきゃ。
女房、いないんですけれど。

逆に考えるんだ。本当に女房がいたら怖くてそんなことは言えないからいないうちに言うのが華。

そういう、一ターン目。
ムシマルバイキングになれていないみなさまにお知らせすると、
ムシマルはバイキングをターン制と捉えております。

たこ飯。
タコ柔らか煮。
鶏アヲハタチリソース煮。
正式名称は不明だが大根煮物。
そして、鯛のお刺身。

いえー!鯛あった。食べ放題に魚の王様鯛があった。

タコ飯から、ぱくり。


カツオだし(多分?)の風味がいい。
タコからの滋味。

そこに、頼んでおりましたビールーが来て、

うたげエスカレーション!




鶏・・・アオハタってハタハタみたいな魚?と思って食べるとふむう、

ちょっとだけピリ辛のトリ煮。

今ネットで検索すると、びっくり。
アオハタは魚で合ってましたが、アヲハタはソース会社の名前!
マヨネーズで有名なキユーピーとの兄弟会社で、広島県竹原市にある地元品。

タコ柔らか煮・・・見た目はエビチリ、頭脳は子供。
         トマトで煮込んだタコの味。名前に反してヨーロピアン。

お刺身・・・いいと思います。

どんどんいくぜ!

いぎす豆腐、アナゴ蒲鉾。

高級魚アナゴもカマボコとして転生して参戦している。

名のある戦士たちが姿をいろいろに変えて参戦、まるで「Fate」だ違うか。


お、地元の珍味?
イギスってなんだろうなあ?
地方名?

お、ジャガイモしゃきしゃきサラダ。

珍しいねえ。
ジャガイモを麺っぽく細くしたものをマヨ和えしているんだ。

2ターン目。
肉じゃが、バンバンジーに芋サラダ、イギスに蒲鉾に今度はタコ刺身。


おイモも名物なのか、それとも離島的には
保存状態がよい芋が使いやすいのか、
けっこう芋料理多い。

アナゴ蒲鉾、上品。けれど十分アテになる。
イギス豆腐、おいしい。

タコ。うん、おいしい。

スペシャリテまでは感じませんが、普通においしい。

かたーん!

飲み干す、一杯目のビール。

空になっちゃったな。
日本酒、いっちゃう?

利き酒セットが2種ある。


片方が特選で80mlグラス3つ930円。
もう片方が純米で750円くらい。
しばらく迷って、
930円の特選利き酒セットにする。
「すいませーん」


おすしもあるよ。
屋台コーナーというか、実演販売コーナーというか、
その場所で揚げたり握ってくれたものをいただける。

お寿司は(この日は)3種。


こ、これは?

シンキングターイ「答えはアボカド寿し」(無情)。

もぐ。
ううん、うん。
おいしい。
なんに喩えたらいいかわからない。

森のバターだなーって。

ああ今思い出すともうちょっと食べたくなる。

こちらは海鮮ユッケ

変り種系のお寿司ばかりだね、なぜだろう。




うん、ビールに合う味。

どんどん来る方の味。

そして、天ぷら。
いっぱい種類があるよ。

タコにアナゴにキスにかぼちゃになすにエビ。

タコの天ぷらはどうだ、まるでアンモナイトじゃないか!


ぐに。
温かいしもううまうま。
なに書いているんだかって感じですが。


弾力歯応えともによし。
この天ぷらは良いものだ。
 
後編に続く。

 

 

もしよろしく思われましたら、下の変なカツオマスクにクリックよろしくお願いします。

クリックいただけるとムシマルが喜びます。

 

 

広島ブログも参加しました。

広島ブログ

 

 

『広島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログ再掲:大久野島 軍事... | トップ | ブログ再掲:大久野島『瀬戸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バイキング・食べ放題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL