足立直義の丹沢・大山山麓だより

生き物との出会いを楽しみに今日も山麓を歩いています

No.1303 ~ コケを食べたアトリ ~ 

2015年02月28日 | 野鳥

観 察 月 日  2015.2.13 晴 10℃

観 察 場 所  秦野市 弘法山

 

 尾根筋の馬場道を行くとそこだけ広くなり、年を重ねたソメイヨシノ

が何本か植えられている。ここは数年前に歩いた時コサメビタキが

来ていて、レンズの砲列に出会った場所だ。そんな事が頭を横切り

前方を見ると、今日も長いレンズをサクラの上方に向けている人達

がいた。

 「今日は何が?」と、私もレンズを向けると“頭が黒、嘴が黄色、

胸が褐色”の飼鳥を思わせるキレイな鳥が目に飛び込んで来た。見

上げているので背の色や模様は見えない。

 「アトリだと言ってますよ」後からRさんが私に声を掛ける。

 頭が黒いのは♂の夏羽だが、今は2月。夏羽がまだ残っているのか

、それとも夏羽に変わり始めたところなのか。初めてなので戸惑った。

 アトリに初めて出会ったのは20年も昔。暮も押し詰まった12月の事、

丹沢山に登った時だ。蛭ヶ岳へ続く尾根道がキレイに見えた。その時、

何十羽ものアトリの大群が目の前を旋回し、ブナ林の雪面に降りた。

飛び去った後大木の根元に行くと割れたブナの実があり、無数の足跡

が残されていた。

 今見ているアトリは6羽程の小群だ。サクラの幹にいるが、老木の様

で緑のコケ蘚苔類が付いている。そこに何かあるのか、盛んに突い

ている。双眼鏡で確かめるとコケが口から溢れている。アトリは冬鳥だ。

巣材を集めている訳ではないだろう。それでは、餌として食べている様

だ。今までに、コケをたべる野鳥の話を聞いた事はないのだが。

サクラの木のある広場。

アトリの♂(夏羽?)であった。

アトリ♀

コケの付いたサクラの幹を 盛んに突いている。何をしているのだろうか?

 よく見ると コケが嘴から溢れてている。

コケ(蘚苔類)を 食べているのだ。 幹にコケを剥がした痕が見える。

                        * コケを食べる野鳥の話は 聞いた事がないのだが?

 

 

 

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

No.1302 ~ カシラダカ・シロハラの採餌 ~

2015年02月24日 | 野鳥

観 察 月 日  2015.2.10.晴 6℃

観 察 場 所  厚木市 七沢  (県 自然環境保全センター)

 清川村のチャイムが12時を告げた。財団のベンチに座り、サン

ドイッチを開けると、目の前の地面を大きな鳥の影が横切った。い

つの間にか頭上を2羽のトビが旋回を始め、高度をぐっと下げて

来た。

 「これはキケンだ」すぐにたたみ、その場を去る事にした。トビに

追われる形で宮が瀬を下り、厚木の環境保全センターへ向かった。

 雑木林の丘に囲まれた谷戸へ降りると、木々は葉を落とし、湿

地は枯れ草の茶一色で、生き物の気配はなく、静まり返っていた。

 小川に沿って奥へ進むと、「カサ、カサ、カサ・・・」リズムに欠けた

小さな音が聞こえた。音はするが肉眼では枯れ草の中に何かが動

いている程度で、枯れ草と鳥との区別がつかない。羽毛の色とその

縞模様とが重なり合って風景の一部になっているのだ。

 「カシラダカですよ」双眼鏡を目にしているRさんが呟く。望遠レンズ

を向けピントを出すと、枯れ草の中に頭を入れ、倒れたススキやヨシ等

の葉を嘴で摘まみ、めくり上げる動作を繰り返している。その合間に

は嘴に小さな粒をくわえているのが見える。枯れ草に埋もれた草の種

を拾っているのだ。

 ホウノキの落葉が積もる雑木林の斜面では、「ガサッ、ガサッ・・・」と

乾いた音がした。木の葉を一枚一枚くわえては、ひっくり返している

のはシロハラだ。

子供の頃、かるたやトランプで遊んだことを思い出させる。勿論シロハ

ラは、葉に隠れた種子や虫を探しているのだ。

 頭上に何かを感じて見上げると、露草色の中をノスリが上昇気流を

探して弧を描いていた。

いつの間にか トビが サンドイッチを狙っていた。

カシラダカが 枯れ草の中に頭を入れ  

枯れ草を引き出す

頭を振って 枯れ草を飛ばす 

その合間を見ると 粒を加えている

ホウノキの葉をめくる シロハラ

積もる落ち葉に頭を入れる シロハラ

落ち葉めくりに夢中 でも、何か餌を見つけた様だ。

露草色の空に ノスリが!

 

                                  鳥たちは 殆どの時間を餌さがしに使う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.1301 ~ ツグミ・アオジ の採餌 ~

2015年02月17日 | 野鳥

観 察 月 日  2015.2.10.晴 6℃

観 察 場 所  清川村 宮が瀬

 車が急坂を登り峠に近づくと、道路の端には雪が残っているが、

幹線道路は除雪し道路は乾いていた。

 ところが、車を降り今日目指す林道に入ると、1週間程前に降っ

た雪が路面に残っている上凍り付き、アイスバーン状態で思わず

滑ってしまった。

 Rさんが持って来た滑り止めを軽登山靴に付ける。凍っている所

を避け、道の端に残る雪の上を歩く。

 林道はダムに沿って曲がりくねっているので、日陰に入るとアイス

バーン、日当たりに入ると道が乾いて快適の状態を繰り返す。

 日当たりの良い斜面の、種子をたわわに付けたヌルデの木がひと

際目立った。

 2日前、みぞれ混じりの西丹沢の林道を歩いた所では、ヌルデの

木には種子はなくカツラ状態であった。既に鳥たちに食べ尽くされ

たのであろうか。

「宮が瀬の方が、冬を越す鳥達にとって餌が豊富だ」と呟き、ヌルデ

の枝先を見ると、期待通りにツグミが1羽斜面の上方から落ちる様

に種子のある穂に止まった。望遠レンズで見ると、種子を一粒づつ

ピンセットの様な嘴で加え、飲み込んでいる。去年西丹沢で、ルリ

」ビタキ♂が食べていたのに出会ったが、多くの鳥が利用しているの

だろう。

 雪の残る林道に入ると、Rさんが「アオジが!」と指さした。すぐ目

の前をゆっくりと歩きながら、小さな目で枯れ草の中に落ちている種

子を探しているらしい。時折立ち止まっては頭を下げ、短い嘴で摘ま

んでいる。私達に気付かないのか、ゆっくりとした動作を繰り返しな

がら、茂みの中に融け込んでいった。

林道の日蔭の個所は、雪が残りアイスバーン状態だ。

陽のあたる個所は、快適だ。

斜面に育ったヌルデが 目を引いた。

宮が瀬のヌルデは種子を豊富に残していたので 目星を付けていた!

止まったツグミは、すぐに種子を食べ始めた。

ピンセットの様な嘴で、1粒づつつまんでは飲み込む。

雪の残る斜面に アオジが!

時折頭を下げては 種子を拾っている。

”ゆるり” とした動きをしながら、茂みに溶け込んでいった。

                「そんなに急いで どこへ行く」 こんな言葉が聞こえた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.1300 ~ イノシシの 毛皮 ~

2015年02月12日 | 野生動物

観 察 月 日  2015.2.7.晴 8℃

観 察 場 所  伊勢原市 仁ヶ久保林道

 

 林道を歩いていると、一羽のキセキレイが私の前を横切った。

「キセキレイの胸の色は、こんなにも黄色が濃かったか」と独り

言を言うと、キセキレイも振り返って何か話し掛けるしぐさに見

せた。それは、私の独りよがりだろう。

 キセキレイをカメラで追うと、山小屋の入口まで小刻みに歩き、

飛び立った。ここはハンターの人達の、犬を乗せた軽トラックが

良く止まっている所だ。奥には屋根に薪ストーブの煙突を付けた

小屋があり、今日は人影はなかった。

 小屋の前にあるケヤキの大木、横に張り出した太い枝に、何か

が下がっているのが気になった。望遠レンズで覗くと、何十頭

ものイノシシの毛皮が干してあり、毛皮の端が冬の陽を通して光っ

て見えた。

 この林道は年を通して何回も歩く所で、ここの人とも話した事が

ある。

 今年度は、山の木々が色付き始めた秋以来歩いていないが、そ

の頃のイノシシの毛皮は目に残っていない。

 人里は今、イノシシ、シカ、サルの害に困っている。ここに集まる

ハンターの人達が、秋から冬に掛けて駆除したイノシシなのだろう。

 冬の野鳥を探して林道を奥へと登ると、道の端をトラクターで耕し

始めたように、無残にも直線的に掘り返された跡が続いた。イノシ

シが餌を探して活動した跡なのだ。

キセキレイが振り向いて何か言いたげ、山小屋の入り口で飛び立った。

奥のケヤキの枝に 何かが干してある。

奥を見ると 何十頭ものイノシシの毛皮だ。

人里には 野鳥が多い。 (ジョウビタキ♀)

林道を行くと イノシシの捕獲用の檻があった。

中には 芋とぬか?それとイノシシの匂い付けも?(近くに寄るとキケン!)

ほころび始めた梅の木の向うに 何だ?

サルの捕獲用の檻 

人里に住む人は

        山に住んでいた野生動物が 人里に出てくる原因は人間にある と云うけれど!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.1299 ~ 雪の日の 鳥たち ~

2015年02月11日 | 野鳥

観 察 月 日  2015.2.5.雪 2℃ ( 2015.1.30.雪 ―1℃ )

観 察 場 所  横浜市 瀬谷区

 今年の冬は、元旦を始めとして3回の降雪があった。

 中でも1月30日は、庭では5cmの積雪を記録した。それを

知人に話したら、「随分寒いんですね」と言われてしまった。

確かに横浜と言うと、港未来を誰しも想像するが、横浜も西

の外れなのだから、当然気温は低い。雪が降ると庭に来る

鳥たちも、餌を探すのが大変の様だ。

 この朝も7時に食事をしようとテーブルに着くと、ガラス戸

越しのミカンにメジロ夫婦が揃ってやって来た。

 ミカンには夫婦者と、独り者のメジロがやって来る。とにか

く、両者は上手く時間をずらし、交代交代で食べていたが、

雪の日は餌を探しにくいのを本能的に感じているのか、

1羽対2羽のメジロでミカンの場所争いが始まった。追いつ追わ

れつで、多勢の夫婦者が勝ち、独り者は可哀そうにも追い出

されてしまった。それ以来独り者メジロは姿を見せず、私は密

かに心配している。

 次にヒヨドリは、メジロ用のミカンを食べたくて、庭のイチジク

の枝に来てはメジロの行動をうらやましそうに見ている。時に

ミカンに飛来するが、私の姿を見ては慌てて逃げて行く。ヒヨド

リには、庭の菜園のハクサイを開放しているので、独り占めで

食べている。お陰でハクサイは、ボロボロだ。

 シジュウカラは、ピーナツのネックレスに来ては、誰に遠慮す

る事無なく、殻からピーナッツを掘り出すのに懸命だ。

庭の積雪は5cm、大根の葉は雪に埋もれた。

朝7時 朝食の時間だ。

早速 メジロ夫婦がやって来た。

お腹が膨れて 転がりそうだ。

「あの、メジロのミカン 食べたいな―」

ハクサイは 独り占め。

「ピーナッツの入っている殻を探してっと」

「殻から掘り出す たのしみが!」

                                  雪の日は 人も鳥も・・・・・みんな大変!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加