足立直義の丹沢・大山山麓だより

生き物との出会いを楽しみに今日も山麓を歩いています

No.1303 ~ コケを食べたアトリ ~ 

2015年02月28日 | 野鳥

観 察 月 日  2015.2.13 晴 10℃

観 察 場 所  秦野市 弘法山

 

 尾根筋の馬場道を行くとそこだけ広くなり、年を重ねたソメイヨシノ

が何本か植えられている。ここは数年前に歩いた時コサメビタキが

来ていて、レンズの砲列に出会った場所だ。そんな事が頭を横切り

前方を見ると、今日も長いレンズをサクラの上方に向けている人達

がいた。

 「今日は何が?」と、私もレンズを向けると“頭が黒、嘴が黄色、

胸が褐色”の飼鳥を思わせるキレイな鳥が目に飛び込んで来た。見

上げているので背の色や模様は見えない。

 「アトリだと言ってますよ」後からRさんが私に声を掛ける。

 頭が黒いのは♂の夏羽だが、今は2月。夏羽がまだ残っているのか

、それとも夏羽に変わり始めたところなのか。初めてなので戸惑った。

 アトリに初めて出会ったのは20年も昔。暮も押し詰まった12月の事、

丹沢山に登った時だ。蛭ヶ岳へ続く尾根道がキレイに見えた。その時、

何十羽ものアトリの大群が目の前を旋回し、ブナ林の雪面に降りた。

飛び去った後大木の根元に行くと割れたブナの実があり、無数の足跡

が残されていた。

 今見ているアトリは6羽程の小群だ。サクラの幹にいるが、老木の様

で緑のコケ蘚苔類が付いている。そこに何かあるのか、盛んに突い

ている。双眼鏡で確かめるとコケが口から溢れている。アトリは冬鳥だ。

巣材を集めている訳ではないだろう。それでは、餌として食べている様

だ。今までに、コケをたべる野鳥の話を聞いた事はないのだが。

サクラの木のある広場。

アトリの♂(夏羽?)であった。

アトリ♀

コケの付いたサクラの幹を 盛んに突いている。何をしているのだろうか?

 よく見ると コケが嘴から溢れてている。

コケ(蘚苔類)を 食べているのだ。 幹にコケを剥がした痕が見える。

                        * コケを食べる野鳥の話は 聞いた事がないのだが?

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  No.1302 ~ カシラ... | トップ |  No.1304 ~ 太陽エ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コケを食べる野鳥 (渡邊 純)
2015-03-01 20:33:24
こんばんは、渡邊です。いつもお世話になりましてありがとうございます。
今日、先生のブログを拝見いたしました。
アトリがコケを食べていたのですね。先生のコメントでも、このような光景はご覧になった事がないとのことでしたが、私も、去る2月14日に、宮ケ瀬の金沢林道で、ベニマシコが明らかにコケを食べている光景を見ました。さすがに驚き、再確認しましたが、間違いなく食べていたのはコケでした。また来る8日にでもお話させていただきたいと存じます。
それにしても、羨ましい1私、今季アトリを全く見ていません。
コケを食べる鳥その後 (渡邊 純)
2015-03-15 20:25:09
こんばんは、渡邊です。先生、長い事ご指導いただきましてありがとうございました。ほんとに覚えの悪い夫婦でしたことお詫び申し上げます。楽しい6年間でした。
さて、先日、先生のコケを食べるアトリに関連して、ベニマシコをご紹介させていただきましたが、今日(3月15日)、宮ケ瀬の早戸川林道で、アオジがコケを食べている情景を見ましたので、お知らせさせていただきます。
宮ケ瀬ビジターセンターでお話したところ、今日で退任される解説員さんが、「コケを食べるアオジは、僕も良く見てました」というお話でした。
明日12日 (渡邊 純)
2015-07-11 11:32:25
ご無沙汰しております。渡邊です。
足立先生におかれましては、日々ご健勝のことと存じます。HPいつも楽しく拝見しております。
丹沢湖VCの閉鎖後も、虫草の会による観察会が継続されていますが、5月6月はどうしても他の予定が入っていたため伺えませんでしたが、明日は久しぶりに先生はじめ皆様方のご尊顔を拝しに行こうと決めていました。
しかし、今週の月曜日に急に左ひざを痛め、一時は歩く事もままならない状態になり、日ごとに回復傾向ではありましてなんとか明日には伺いたいと考えてはいましたが、まだ観察に歩くのには難しく、誠に残念ですが、またお休みさせていただきたいと存じます。
この場をお借りしての連絡は、本来の趣旨と異なりますので、申しわけございませんが、他に手段がございませんので、ご容赦いただければ幸いに存じます。

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事