足立直義の丹沢・大山山麓だより

生き物との出会いを楽しみに今日も山麓を歩いています

No. 1463  ~ 1月の 玄倉 ~

2017年01月28日 | 自然現象

観 察 月 日   2017.1.8 曇 3℃

観 察 場 所   山北町 玄倉

 丹沢湖の畔に植えられているイロハモミジは、枝々を紅くして紅葉の様

に見える。その中に一点緑色が目に止まり、何かと近づいて見るとウスタ

ビガの繭が、モミジの葉を一枚付け微風にそよいでいた。紅い景色の中に

緑色は余りにも目立つ。繭の中にいる蛹は、野鳥にとっては高蛋白質のこ

の上もない御馳走だ。それなのにわざわざ目立つ緑の色を、ウスタビガの

終令幼虫が選ぶ訳がなく、秋に蛹は羽化して飛び立ち今は空繭だ。

 湖畔の路には何種類かのサクラが植えられている。その幹も太くなり、

そこにはマツゲゴケが生え、空気のきれいさを語るエンブレムそのものだ。

 玄倉川の川面には、キンクロハジロが泳ぎ、時折潜水し餌を捕っては上

って来る。

 「チイ、チイ・・・」と賑やかな鳴き声がして、エナガの群れが通過する。餌

の少ない冬は集団が生きる為に有利だと言われるが、通過する速度が速

く、“あっと”言う間に姿が見えなくなった。

 「ジェー、ジェー・・・」と濁った声と共に、渓谷から山側へと5羽のカケスが

飛んだ。ヒノキの葉越しにシルエットが見え、実を突いては種子を食べてい

る様だ。

 渓谷側を双眼鏡で覗くと赤い実を鈴なりに付けた美しい木が視野に入り、

この前より気になっていた。Uさんが林の中に分け入り、落ちた実を拾って

来た。予想はしていたが“アズキナシ”と解り落着した。

イロハモミジの枝々が赤く色付いて きれいだ。

紅い中に 緑色は目立つ。 冬の季節 繭の中は?

マツゲゴケのエンブレムが美しい。

「アっ!鳥が・・・」

「潜ってる」 「なかなか出て来ないね」

動きが早く すぐ通過してしまう。

「ヒノキの種子を 食べているみたい」

アズキナシ あずきとなしで 美味しそうな名前?

★ 天気は良くなかったが 雨に降られず 今日も楽しかった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  Mo. ~ 続 ベニマシコ ~ | トップ |  Mo. 1464  ~ 早戸川林... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然現象」カテゴリの最新記事