足立直義の丹沢・大山山麓だより

生き物との出会いを楽しみに今日も山麓を歩いています

No. 1440 ~ 9月にサクラでお花見 ~

2016年09月30日 | 植物

観 察 月 日   2016.9. 18.時々雨 23℃

観 察 場 所   厚木市 七沢 (県自然環境保全センター)

 Uさんが、朝一番会うなりに総状に花咲く小枝を、私の目の前に指示

した。樹木園を一回りしたら、この花木が目に付いたのだと言う。

 その木を見るなり、私の頭の中は、その木探しに回り始めた。

 先ずは「ウワミズザクラ、そしてイヌザクラ」、総状に花が咲く種類の花穂

と取り巻く景色が頭に浮かんだ。それと続いて「バクチノキ」も頭に浮

かんだ。

これらは、サクラ科の植物で、Uさんが持って来た植物も、その特徴か

ら同じ科だろうと思った。だが「フサザクラとイヌザクラの開花は4~5

月で季節が違う」「バクチノキは9月頃」と言う事なので、バクチノキに

近いと言う事までは辿り着いたが、名前は解らなかった。

 「リンボクです」とUさん。そう言えば、樹木園の暗い植え込みの当た

りに植栽されていた事を思い出したが、花は見た事が無かった。

 雨降る中であったが、何人かでリンボクの所まで行ってみた。

 常緑の葉は厚く暗緑色、樹形はこんもりとして花が見えない。花の

位置も高いので、Rさんが傘で枝を下ろした。

 雄蕊が多数、花より外へ飛び出している。中心に雌蕊が伸び、蕚筒

は椀状で、雨粒と共に蜜が光っている。暗くてはっきりはしないが、大

形のハチが見え隠れする。天気ならば、“秋にサクラのお花見”と洒

落たミニ観が出来たものを、残念であった。

*リンボクは、県内では湯河原周辺で見られるのみ、県希少種。

Uさんが、花一枝を持ってきた。見覚えのある花だ。

雨の中、その”リンボク”の木へ行ってみた。葉に花が埋もれて・・・・

蜜が多いようだ。ハチが飛び回っているようだが、よく見えない。

下ろして見ると、ショウジョウバエとアザミウマがいた。

★ ここの木は、植栽です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  No.1439 ~ チョウ それ... | トップ |  No. 1441 ~ 宮が瀬の1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む