足立直義の丹沢・大山山麓だより

生き物との出会いを楽しみに今日も山麓を歩いています

No. 1483 ~ くずはの家の自然 ~

2017年04月19日 | 野生動物

観 察 月 日   2017.4. 13.晴後曇 17℃

観 察 場 所   秦野市 くずはの家

 「これから、イタチとイヌの足跡の石膏の型を外しに行くところ

・・・」道具を入れた籠を下げていた。

 今日の私は打ち合わせに寄ったのだが、幸運な時に出会っ

た様だ。くずはの家には何度も来ているのに、まだ私が入った

事が無いエリアに行くようなので、案内をお願いしたのである。

 つり橋を渡り、葛葉川の露頭が見える河原までは必ず寄って

いたが、飛び石を渡って対岸に行った事が無かった。一般には

人は入らないと見えて、緑が濃いかと思うと、住宅地が迫り、保

全された理由の重さが解る。

 足跡の石膏を外し、川で土を落とすのを見て先へと進む。「こ

こはヤマビルの多い所ですが・・・」と言われたが、ヒルには友達

付き合いをしているので、構わずシダの茂る竹林に降りる。アカ

ネズミの食べたオニグルミが転がっている。枯れた太い竹が倒

れている。「この竹の割れ目から中を覗いて見て下さい」と言わ

れ中を見ると、オニグルミの核果が詰まっている。「アカネズミよ、

上手く利用しているな」口から言葉が自然にこぼれた。

 今は静寂そのものだが、陽が落ちると、フクロウの目や耳を持

ち合わせれば、アカネズミの足音や、オニグルミをかじる音など

賑やかに聞こえそうだ

深い緑の道を のんびりと。

石膏を割れない様に 慎重に。

「ヤマビルが多い所なんですよ」

アカネズミが食べた オニグルミの実が。

枯れた竹が倒れて・・・・・

割れ目から 中を覗くと・・・・

★ 中には オニグルミの核果がつまって・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  No. 1482  ~ 玄倉の春... | トップ |  No. 1484 ~ シオヤトン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む