夢積 今日の三句!

一滴の音に陰あり岩清水
声までも日焼けしてをり潮祭
金魚鉢明治の硝子歪みおり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

落鮎

2016-11-05 17:26:10 | 俳句
日暮れまで風意のままの秋ざくら
彩雲や落鮎の鰭張りて焼き
ワインクラス触れ合う音や秋澄めり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ |  »

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。