イコンのもとに

福井美和です。両親の介護と絵を描いています。

メリークリスマス❣️

2016年12月24日 | 介護
メリークリスマス🎄🤶



おかげさまで、母の左足の手術がうまくいき、
ベッド横のポータブルトイレで
自分で立ってトイレに座ってできるようになりました。

母のことを心配してくださったみなさんのおかげです。

病院の方々やデイケアのスタッフの方々が
母のことを見守ってくださり、
前よりよい身体の状態になりました。

イコン画家の白石孝子さんの人吉ハリストス正教会のイコノスタスを手伝っていた時に
「年寄りばかりみていないでイコンを描きなさい」と言われて
両親が怒り、私もイコン教室をさっさと辞めましたが、
イコンを描かずに両親の介護をして
つくづくよかったと思います。
あの奇妙な防腐剤のにおいのするイコン教室は
まだあるのでしょうか?

病院のクリスマスツリーの前で



母は聖路加看護大学の出身なのですが、
入院すると、必ず聖路加の同窓生や、
そのご家族の方々、関係者の方々にお会いします。
そのみなさま方が、心配してくださったり
身体について話してくださったりして、
みなさまに助けていただきました。

弟の嫁の邑久町、石黒農園の福井由美のアルコール依存症で
娘をほっといて、夕方4時から酒を飲み始めるので
その相談も聖路加や、精神科の医師にしていましたので、
病院関係の方々にはお世話になりました。
法律上、動いて、福井由美からの両親に対する虐待に
備えていくことも、
精神科の医師やスタッフの方々にアドバイスいただき動きました。

法律上、両親にアルコール依存症の弟夫婦、福井徹雄、福井由美から
被害が及ばないようにできて、
平安に父を見送り、母を介護できるのも
みなさまのアドバイスがあったからです。
医療関係者はアルコール依存症の末路をよくご存じですから。
おかげさまで、幸せな年の瀬を母と過ごせます。

しかし、JAとか、岡山中央卸売市場とか
丸果の競り人とか
イオンモール岡山のおばあちゃんの台所とか、
おかやまコープとか
アルコール依存症のヤクザみたいな人間が
おばあちゃんの台所の店長をやっていたり、
丸果の競り人だったりして、
私たちは、市場や農家の人間って酒にだらしないヤクザ者ばかりなんだと
弟夫婦を見ていて、つくづくわかりました。
アルコール依存症で両親を襲う人間たちの売る産物は
買わなくていいんじゃないかと思いました。
市場の人間だというだけで嫌われる、と聞いたことがありますが、
酒ばかり飲んで、老人虐待をやる弟夫婦を見ていたら
嫌われて当然だと思いましたね。

農家が卸売市場を通さずに販売したがるのは
福井徹雄、由美のような、人の虐待をやる人間がいるからだろうと
親族でも話しました。

身内からの虐待を黙って見ていてはいけませんよ‼️
私はずっと書いてきた通り、
警察、行政、司法、そして医療に動いて両親を守りました。
身内からの老人虐待はますます増えているそうです。
祖父母の虐待をやる親を子どもは必ず見ていますから。
身内からの虐待でも、黙ってないことです。

福井由美がフラワーアレンジメントの講師だなんて
とんでもない話です。
福井由美という名前はフラワーアレンジメントで
使わないという念書を書かせていますから、
福井由美という名前のフラワーアレンジメント講師に金を払わないでください。
無料で習うなら話は別だと思いますが
警察に言わなきゃならないような
アルコール依存症のフラワーアレンジメント講師に
金を払う必要はありません。
お気をつけください。

息子が片付けを手伝ってくれたり、
私は絵の続きを描いたり
穏やかな年の瀬で、ゆっくり過ごしています。








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリンピックなんかどうでも... | TOP | 中里 線描描き 中 »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | 介護