のんびり・・・いそいそ~(*くうかんあそび*付き)

なんとか音楽の勉強を続けているちょっと変な主婦兼ピアノ指導者兼ボランティア演奏者の日常。取り留めのない駄文揃い。

秋山郷

2011-09-26 12:15:47 | がいしゅつ
野沢温泉では2泊した。
周囲にはこれといった観光地はないから
当然2泊目、3泊目はどうするかね~ということになる。


しかし今回は母の希望で秋山郷に行ってみようということになっていた。
昔ながらの里山が残る、秘境の地らしい。
私はそういう場所に行ったことがなかったし、当然興味をおぼえたので異論はなかった。
他の家族はあれこれ行き先を考えるのは面倒なので
なすがまま、という感じで早速出かけた。


さて、秋山郷についてだが
昨今のガイドブックを見てもほとんどその場所についての記述はない。
ネットで検索しても、いわゆる食事処とか道路事情とか公営の駐車場とか
あまり細かいことはわからなかった。
ただ母が以前秋山郷を訪れた友人にとてもいいところだと聞いただけだった。
あれこれ調べても何だかわからなかったし
行けばなんとかなるという気持ちでドライブを始めたのだが
現実は結構厳しかった。


まず距離。
宿泊地から50キロ以上もある。
長野県北部の野沢温泉から豪雪で知られる津南町を抜ける。ここは新潟だ。
それから東日本大震災とほぼ同時に起こった
長野県栄村の地震の影響で秋山郷に続く道路は
崩れたりしていて1車両通行するのがやっとという箇所も多く見受けられ
普通の道を走り慣れている私たちには結構な酷路だった。
結局途中で父に運転を交代してもらった。
そりゃそうだ。車ごと崖に転落なんてしたら子供に申し訳ないじゃんか(泣)。


そういう訳で進む道は難路、後退も道が狭くて不可能
しかもしんどい思いをしてここまできたのだから
何とか目的地らしきところまでたどり着きたいという一心で
楽養館という休憩所(?)みたいなところにたどりついたのがお昼前だった。


どんなところかわからないまま、館内をのぞき見るとさすがに人はほとんどいない。
しかしそばなどの食事は出来るようだ。
人気のない山間の道をひた走ってきた一行には
館内から聴こえるデジタルテレビの喧騒もなんだか懐かしい。
とりあえずここで昼食と休憩を取らせてもらうことにした。


入館すると目の前にはただ農地と山々だけ。
たくさんのオニヤンマが館内もお構いなしに飛び回っている。
確かに静かなのだが、それだけではない雰囲気・・・現実離れした空気だった。
注文したそばも美味しい。
子供たちは縁側の様なテラスに出てその風景を見ながら
周囲に溶け込むように静かに食事をしていた。


食事を済ませ一息つくと、どうも温泉が併設されていることに気がついた。
入浴料500円。赤い湯、とある。珍しいな。
せっかく来たから入ってみようかな。
思い切って入浴券を購入してみた。


おおおお~~!!
隣に立ってい温泉の建物は木造でちょっと古めかしく、湯治場の様な雰囲気だ。
まるで「いい旅夢気分」状態~。
それに本当に赤い湯だよ~!
いや、ポンジュースの色にも似て、ちょっとオレンジかかっているよ。
お湯を手にすくってよくよく見てみると
赤味を帯びたオレンジ色の粒子が見えた。
強烈な色とは対照的に湯に臭いはそんなになく
上がったあとの肌ざわりもさらっとしている。
こんな温泉、そう入れるもんじゃない。


ヘトヘトだった行きと比べ、帰途はやはり気が楽だ。
それでも難路を抜け、普通の道路に入った時は心底ほっとした。
いいところだったけれど、車で行くのは慣れるまでしんどいかも。
そう思った。


しかし帰宅後、不思議と秋山郷の風景が頭に焼き付いてしまい、忘れられない。
異様なまでの静けさと人間の存在感のなさとオニヤンマの群れ。
なるほどこれが秘境というものなのか。
秘境というと何だが海外のアマゾンとか想像してしまうけれど
日本にも多く存在することを初めて知った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温泉まんじゅう

2011-09-26 11:47:09 | たべること
もう1か月も前のことだけれど、夏休みの終わりに長野県の野沢温泉を訪れた。

結論から言うと、非常によい温泉地だった。
ホテルは老朽化が進んでおり、お世辞にも快適とはいえなかったが
温泉地は閑静だし、涼しいし
従業員さんはみな親切で、料理がべらぼうに美味い。
失礼ながらえっ、この温泉で??というほどの料理の質だ。



しかも温泉もばっちりだった。
温泉に旅行に行って、お湯と料理さえよければ大抵のことは目をつぶれる。
そのホテルは2種類の源泉を持っていて
それぞれ違った個性の泉質を堪能できた。


おまけに野沢温泉は外湯巡りが可能だ。
確か11か所だか13か所だか外湯が存在する。
心付けを料金箱に入れて
土地の外湯を頂戴するのは初めての経験だったけれど
どこも混みあうことはなく快適にお湯を楽しめた。
ちなみに源泉温度は100度近くとかなり熱い。
外湯に入浴する時は湯の温度に要注意だ。
しかしひなびてはいるが感じのよい温泉地。またぜひ訪れたいという気持ちを持った。


さて。
まえがきが長くなってしまったが
昨年の群馬県の伊香保温泉に行った時から温泉に行くと習慣にしていることが1つある。
それは温泉まんじゅうの食べくらべ(笑)。
旦那さんはまんじゅう好きなので、うっかりそういうことになったのだが
確かにまんじゅうやさんによって
微妙に味や皮の食感が違ったりして、なかなか興味深い。


むろん野沢温泉でも出来るかぎりのまんじゅうの食べくらべをしてみた。
まずバラ売りのまんじゅうを1個ずつ買い、宿で賞味する。
お土産にするまんじゅう候補を絞る。
温泉まんじゅう店の開店時間は9時前と案外早い場合が多い。
帰宅する日に出来立てを箱で買うのだ。


伊香保温泉もまんじゅうが美味しかったが
野沢温泉も美味しかった。
これをお土産に~!としぼったのは、ほのかに皮から卵の風味のするもの。
この皮の味は他ではあまりお目にかかれない気がした。


早速帰る日の朝、お店までガンガン歩いていったのだが
残念ながら思い定めた店は
定休日か開店時間が遅い、商売っ気のないまんじゅう店だったようだ。
あああああ~・・・開店してないじゃんっ!(泣)


仕方なく次点の店に買いに行ったが
そこではおまけにバラ売りまんじゅうを1つおまけにしてくれた。
娘もまんじゅうの巨大ぬいぐるみを自分用のお土産に買って大満足だったから
まあ、いいか。


温泉まんじゅうはもはや旅の重要にアイテムと化しているかも。我が家の場合(笑)。
ちなみに野沢菜も食べても食べても、食べ飽きないほどに美味かった。
お土産に道の駅で買った桃も忘れられない味だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あっという間の9月

2011-09-26 10:58:37 | もろもろ
夏休み明けから今まで本当にあっという間だった。
例年、9月は学校行事やPTA関連の会議が盛んになるからその感は否めないのだけれど
特に今年は顕著というか・・・もちろん相応の理由ちゃんとあったけれども。


ここ数日こそ涼しく過ごしやすい気候になったのだが
子供たちの運動会が行われた月半ばの週末までは
火にあぶられんばかりの残暑っぷり。
9月初めに参加した地区運動会では(こちらは私の出番)
グラウンドの土が焼けており、しゃがんでいるとまるで岩盤浴だった。
汗はしたたり落ち、シャツの背中側はみなしっとりとぬれていた。


小学校運動会の当日は台風の影響も少なく、何とか天候は持ったものの
グランドコンディションはお世辞にもよくなく
PTA役員であてがわれた仕事時間である朝は
大ぶりの通り雨まで・・・。
半ばずぶぬれになりながら、流れる雨雲を役員の仲間たちと一緒に
バカーと仰いだっけさ。
そしてこの日は今年一番の日焼け具合。こんがりだ。
毎年のことなのだけれど、時期が9月だけに思わず気が抜けてしまい
うっかり日焼けしてしまうのが何とも恨めし。



こうして今月1回目の連休はまずは運動会に始まった。
次の日は庭の毛虫駆除で1日費やした・・・緑のとがった憎いヤツだったな(笑)。
3日目、娘が熱を出した。
丈夫が取りえの娘だから驚いたことは驚いたけれど
運動会までの連日の疲れがたたったのだろうと気にもしなかった。
実際翌日にはしっかり解熱してくれてほっとしたし、そんなこともあるのだろうと。



そして2回目の連休前には台風が来た。
東日本大震災以降、学校は保護者向けの緊急メールを設定した。
先週の水曜日は臨時に下校時間が早まっただけではなく
子供だけでは道中危険なので、保護者にお迎えの指示まであった。
先生のチェックが入り、保護者の身分を確認し、児童一人一人引き渡しというわけだ。
面倒だが、まあ仕方がないのかもしれない。
なんせ震災以降、世の中の仕組みが結構変わってしまった。
学校も例外ではないのだろう。


親子で下校したその日、
娘のクラスで感染症の流行のため明日から学級閉鎖という手紙があった。
えっ?この時期に??
詳細は良く分からないが、
どうも先週末の運動会前後から病気の流行が始まっていたようだった。
う~~~む、もしかして娘の発熱もこの感染症だったんだろうか?
だとしたら、抗生物質の投与が必要なんじゃ?


そんな疑念を抱きつつ、台風による悪天候のため
その日のレッスンのキャンセルを生徒さん達に連絡する。
幸い連休中の振替にも快く応じていただき、ほっと胸をなでおろす。

そういえば罹りつけの小児科は明日は休診日、その次は祝日でまたお休みだ。
今日のレッスンがキャンセルということを幸いに
そのまま小児科にかかることにした。


時間は立ち続け、今月2回目の連休に入った。
天気は秋晴れ、出かけるには絶好の日よりだ。
しかし土曜には師匠のレッスンが予定されていたし
娘は元気なものの、咳がしつこく残っていたし
おまけに息子も発熱した。
こちらもすぐ解熱したが、
休み明けに登校できる状態の体調にしなくてはいけないから
結局そのままどこにもいかずじまいだった。
やったことといえば、掃除と扇風機や日よけネットなどの
夏の名残りをしまうことにとどまった。


今日は調律師さんが来てくれている。
それから今日からインフルエンザの予防接種の予約が始まった。
外はいつの間にか肌寒く、うす暗く曇っている。
来月はどんな月になるのかな。
少しいい天気が続いてほしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加