のんびり・・・いそいそ~(*くうかんあそび*付き)

なんとか音楽の勉強を続けているちょっと変な主婦兼ピアノ指導者兼ボランティア演奏者の日常。取り留めのない駄文揃い。

「朗読者」ときつね目の女

2007-01-30 22:31:04 | ほんとえいがのこと

「朗読者」

ベルンハルト ・シュリンク

マイミクさんのオススメで去年読んだ本。
簡単に感想を・・・といいますか
この本について感想を述べる知性を持ち合わせていないワ・タ・シ。
しくしく。ごめんなさい。


本編の主人公の1人、ハンナがワタシと同世代。
最も興味を持ったポイントです。
対する今一人の主人公ミヒャエルは学生、15歳。
この2人がふとしたきっかけで恋に落ちる物語。


いきなり余談だがミヒャエルくらいの男子学生って
毎朝うちの前をたくさん通っている。
でも全然恋愛対象に思えないし、向こうだってこっちのことを
せいぜい「なんだ、ゴミ袋を持ったおばさんか」
くらいしか思っていないだろう。
ただ作中ではハンナは未婚だし、
ワタシと比較するのが間違いなのだろうと思うが(笑)。


この作品を勧められたきっかけはナチスドイツの話題だった。
アマゾンのレビューを読むと
そこにポイントを絞った読み方もできるようだが
ワタシなどは甘いので、2人の関係についての印象の方が
後々色濃く残った。


とりわけ様々なシーンでのハンナを考えていた。

 彼女はなぜ、子供のような年齢のミヒャエルを恋愛対象にしたのか?

 美しかった彼女はなぜ収監されてから(もしくは文字を覚えてから)、
 急速に老け込んでいったのか?それは単なる加齢によるものなのか?


 彼女は晴れて釈放されるという時に、命を絶ったのか?


等々、色んな想像をし
一応「こんなかな」という自分なりの答えを出してみたりした。
文盲ゆえに、自分の生きたい道からはずれることを余儀なくされた彼女。
字が読めないことを何よりの恥とし
事実を必死で隠し通そうとした彼女。
その彼女なりの誇りのようなものに共感を覚えた次第だ。


対するミヒャエルに関しては
やはり自分の身近にいる人間がホロコーストに加担したという
重い事実にどう対処していくのか
戦後、ドイツが担った重い課題について
真剣に悩む様が描かれている。
ハンナについての記述はどちらかというと柔らかい印象だが
大人になったミヒャエルについてのそれは
それに比較すると硬いし、ズッシリとした印象を受けた。


ところでこれも蛇足だが
ハンナがミヒャエルに対して「坊や」という愛称で呼びかけるのだが
どうしても旧作の「白い巨塔」で
財前五郎を演じている田宮次郎に
愛人役の太地喜和子が「ゴロちゃん」と
呼びかけるシーンを連想してしまった(笑)。
まぁ言葉こそ違え、言いたいことは同じだと思うのだけれど。
大地さんの愛人役を観たら、最近作の黒○さんはいささか物足りないなぁ。



     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで先ほど風呂で目を閉じて瞑想していたら(わはは)
  
  ・証明写真状で
  ・黒々としたロングヘア
  ・くすんだライトブルーのスーツを着ている
  ・唇が薄いが赤い口紅の印象が強く
  ・目は細くつりあがったキツネ目

というかなりはっきりとした画像で女性が脳裏に浮かんだ。
いきなり風景が浮かぶことはあるのだが
人物は初めて・・・一体だれだろう?

心当たりの方、ご一報ください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新作ショパン

2007-01-29 21:14:26 | ピアノ練習記録
先週スーパーを激走していたらなぜか明治製菓Cho-pan新作を発見(笑)。


明治製菓:ショパン


今度は「ほてったカカオ」「よくばりなホワイト」のラインナップ~。
前作を見かけなくなったと思ったら
1シーズンに2回新製品を発売するとは・・・。
しかも今回は作品番号(?)が省略されていたですゼ。
この日はどういうわけかその他にもチョコレートを買い込んでしまい
(ストレスがたまっているとか? 笑)
帰宅後、荷物をチェックしたら
大変なことになってしまっていたヨ~、とほほ。

で、今朝やっと試食。

全体的には今までの味の傾向と大差がないような・・・。
ホワイトチョコはどちらかというとちょっとニガテなので
失礼ながら特別美味しい気はしなかった。
「ほてったカカオ」も取り立てて目新しい感じはしなかったが
こちらはレーズンのアクセントの存在がなかなか効いている。
いずれにせよ、いまや新作Cho-panは
ショパン愛好家の注目の的であることには変わりはないと思う(笑)。
さて来年はどんな「ショパン」!?

   

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


新作ショパンといえば、先週末のレッスンで
師匠に「すみません~、ショパンって何が課題でしたっけ?」
とマヌケな質問を繰り出してしまった。
ノク13番は記憶していたのだけれど、
師匠と2人で色々頼りない記憶をたどって思案した結果(おい)
どうやら残りの課題は9番だったらしい。

そんなこんなの話をしているうちに
去年のコンサート後切実に感じた
「作品に対して構えず、力まず、ピアノに向かう
 →より自然な自己表現の追求につながるのでは」
という話題に及んだ。

「一番の課題はショパンでした。 
 表現しようと思えば思うほど、必要以上に力んでしまって・・・。
 どうしても壁1枚隔てた不本意な出来になりました。
 もっと作品に対して素直に接して
 次回までに是非この点を克服したいのです。」


「なるほど。じゃあ、ショパンはポロネーズに。
 ・・・5番ね。」


・・・5番ですか~~~!!??
絶対力むわな・・・(泣)。さて結果は2年後(笑)。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

A-Dur

2007-01-26 19:54:36 | おんがく
A-Dur(イ長調)ってこんなに素敵な調性だったろうか。
今やっているバッハはこの調性なのだが
他にA-Durの曲ってどんなものがあったか
今すぐには思い出せない・・・バカ。


とにかく根が暗いワタシは弾く曲を選択するときは
moll(短調)を選びがち(笑)。
でも今回はあえてDurを選択して見たのだが、そのよさを改めて知った。
今のワタシにはA-Durはとてつもなく純粋な調に感じてしまう。
というか短調はストレートに暗い味わいがあるのだが
長調の曲にも隠れた・・・練れた大人の悲しさを感じることもある気がする。


一体どーなんだ、長調!!
わけわかんねぇから、今後も長調にこだわりたいよ!
このままモーツァルトに突入したいのだが
師匠が出した課題はなぜかd-moll。
本当はモーこそDurを弾きたいよっ。

これから練習なので今日はここまでです♪
皆さん、よい週末をお過ごしください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッスン中のお話

2007-01-25 21:55:50 | おんがく
週末は今年初レッスンが控えているため
毎日少しずつでもピアノに向かっている。
約3ヶ月ぶり~。師匠、今年もどうぞよろしくお願いします♪
どーも鬱っぽい、決してよいとはいえない精神状態なのだが
気持ちが内向きになっているおかげで
練習は思いのほかはかどっている。
結局サラバンドまでの5曲しか持っていけそうもないが
残りはブーレ2曲とジグなので
来月モーツァルトとでも一緒に持っていこうと思う。
3月はムスコがらみの謝恩会等の予定があるので
春以降にショパンと武満の譜読みになってしまうが、仕方ないか~。



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今週のあるレッスンで
「明日学校に行きたくない。いじめにあった。」

という生徒さんがいた。
事情を聞けば、ある上級生が
「うざい。」といってにらみつけてくるという。
昔なら日常茶飯事だったことだが
最近は様々な面倒なことに発展する可能性があるし
去年いじめによる自殺が相次いだ後は
学校側も随分いじめ対策に力を入れている様子だった。


「お母さんや先生にはいったの?」

「ううん。まだ。」(どうやらまだいじめにあって日が浅いようだ)

「あのさ、ワタシも随分いじめられたけれど
 いじめた方は後々しんどいみたいよ。
 それにあなたが悪いわけじゃないんだから
 とりあえず明日は登校したほうがいいよ。
 明日休んだら、あさってはもっと行きたくなくなるはずだし・・・。
 兎に角、ご両親や先生に相談して、
 取り合ってくれなければ聞いてくれるまで頑張って訴えなよ。」

「・・・うん。」

「いじめた方はその態度を改めなければ、どんな人間になってしまうかは
 想像がつくでしょう?」

「・・・うん・・・。○ンキー。」

ワタシ、思わず爆笑・・・。

話をしたことで心が軽くなったのか、その後はレッスンに入ることができた。
でも○ンキーっていうのはちょっと違うぞ。
先生になって政府関係者になった人だっているんだし(笑)。



彼女が翌日登校したのか少し気がかりだったが、多分大丈夫。
そんなことを考えながらワタシも昔のことを思い出していた。
思えばワタシも弟子にしていただいた14歳以来
師匠と随分色んな話をしてきたと思う。


学校のこと。友人のこと。進学のこと。恋愛のこと。
24歳で結婚する報告をした時はさすがに師匠も感無量のご様子だったし
妊娠の報告はほとんど父親の心境だったのではないかと思う。

子供が生まれる前までは
レッスン時間も今より多めに取れたから
会話をする時間も多少取れたのだが
数年前のレッスン復帰以降はこちらもそうのんびりしていられなくなった。
一見ムダに思える雑談でも
師匠は非常に教養があるので、何につけ勉強になった気がする。


ウチにきている生徒さんたちが
レッスンに関係ない話をすることは珍しくない。
子供達なりに悩みがあり、お互いにそれについて意見を交換する。
ワタシが子供の頃「ピアノの先生になりたい」
という願望を持ったのは
少しでも辛い立場にいる子供達の助けを
音楽を通してしたかったからだった。
偉大な作曲家の偉大な作品を立派に弾きなさい
という指導をするつもりは全くない。


親、先生以外にもにもグチをこぼしてもらえる場所が作れたら。
辛いときにピアノを弾いて楽しんでもらえたら。

そういえばそんな気持ちだったんだよな・・・。
ちょっと忘れていた。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう一人のワタシ

2007-01-22 16:03:32 | もろもろ
今朝1本の電話が。

「こちら○○(医療機関名)ですが、少々お伺いしたいことがありまして。
 ○月○日に承りました生活習慣病健診ですが
 同じ日にみゅーずさんと同姓同名、
 同生年月日の方がいらっしゃいまして・・・。
 ちょっとご確認したいことが。」

・・・同姓同名、同生年月日~~!!??

「そ、それは本当ですか!?」

またまたドッペルゲンガー(?)登場である。


かつてワタシとそっくりの人物、マネキン、コミックの登場人物
(コレは外見ばかりではなく、全くの同姓同名、使用漢字までぴったり一致)
が存在したことは、以前ブログでも話題になった。
そして自分のドッペルゲンガーを見ると死ぬ~という
ちょっと恐ろしい話も伺った。
幸いなことに、ワタシはそれらの自分そっくりさんを目撃したことがない。
ワタシ以外の人間が目撃したものばかりなのだ。


今日以前の一番最近の自分そっくりさん情報は
コンタクトレンズセンターの顧客照会の折のことだ。
やはりワタシと同姓同名、同生年月日の方がいると知らされたことだ。
これだけの偶然でもおったまげたのに
今回はとうとうじぶんそっくりさん(?)に
対峙するときがやってきたのかと・・・
(しかも健診現場で 笑)ちょっと怖くなった。

ここまで持ち上げておいてナンだが
今朝の電話は結果として
じぶんそっくりさん=ワタシ自身ということが判明したのだが
(15年前のワタシの受診記録が残っていたらしい・・・)
妙な後味が残った。


初めて自分そっくりさん情報を聞いたのは小学校中学年の時。
以来、中学、高校、社会人と忘れた頃に
「あんたに瓜二つの人がいたよ~~」などの
偶然とは思えないワタシの一部分に酷似した人物などがいたという情報が
忘れた頃にポツリポツリ耳に入ってきた。


今朝の1件の後、色々考えをめぐらせてみたが
どうもワタシ自身の心の足元が揺らいでいる時に
そういう現象があった気がしてきた。
何かで行き詰っていて、一人であちこち気ままにさまよいたい状態。
現に今、自分1人で好きなように行動したい
そして自分を見つめなおす時間が欲しいと願っている。
残念ながらその余地はないのだが
今までも時間や立場、経済的な理由やらの障害で
その願いがかなえられない時だった気がする。


その想念がワタシのそっくりさんを生み出しているわけではないと思うけれど
何とも妙な話である。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

イルカ・ショック

2007-01-21 22:29:29 | たべること
それはまるで鯨の肉のようだという。
それは静岡の人には故郷の味だという。
そしてそれはダンナさんの好物だという。


・・・イルカの肉・・・肉・・・にく・・・に・・・(泣 泣 泣)。


4月以降のPTA役員選出の地区の寄り合いのために出る
少し前にその荷物は届いた。
タコわさび、きんめ鯛の干物、イカの味噌漬け(?)の中に
ひときわ血色鮮やかなイルカのしょうゆ漬け。
ダンナさんが実家の義母に頼んで送ってもらった物だ。
こ、コレがイルカ~~~~(泣)。


早速今夜、焼いて食べることになった。
調理の仕方が全くわからないので(焼き上がりとか全然判別できん)
ダンナさんにグリルで焼いてもらったが
しょうゆ漬けになっているだけあり
とても焦げやすいようだった。
香ばしく焼きあがったその肉は、確かに鯨の肉に似ている。


ふと昔に思いを馳せる。
小学校時代の給食の人気メニューだった鯨串カツ。
本当にああいう味なのだろうか?郷愁を誘う味覚なのだろうか?


それに折角はるばる伊豆からやってきたイルカちゃんなのだ。
その命を無駄にしてはならない。
大体牛だって豚だって、
皆それなりに可愛そうな思いをしてテーブルまでやってきいるわけだ。
たとえイルカが相手だとて、何の違いがあるだろうか!?
それに義母の好意(?)も有難いと思うし・・・。


イルカのしょうゆ漬けを
小さくスライスしたものを1切れ食べたダンナさんは

「美味い~~~~っっ!!懐かしい味がする~~~」と大興奮。
確かテレビで勝俣 州和氏(静岡出身)も妹の旦那(同じく静岡出身)も
イルカを食べたことがあるっていってたっけナ・・。
では一口。


む??むむむ???むむむむぅうううう~~~~~~!!!!!


こりゃ、安楽○のタレに漬かりすぎたレバーの味がするよ~~(泣)。
あれほど舌にまとわりつく食感ではないけれど
鯨ほど筋肉質な肉質ではない気が。
ううう、悪いけれどどうしてもこれ以上は食べられんヨ~~~。
よせばいいのに
鴨川シーワールド→しながわ水族館→下田海中水族館
と年代順に素晴らしいショーをみせてくれた
可愛いイルカ達の顔が脳裏に浮かんできた。
そしてイルカたちが解体される現場までリアルに思い描いてしまった(泣)。

ああ・・・どうしてもダメじゃ~~~っ!!
ふがいないワタシを許しておくれ・・・。
(子供も撃沈した)


なぜ静岡でイルカが食べられているかはよくわからないが
ダンナさんに聞くと
イルカが漁業にとっては害獣という地域があるらしい。
イルカを食べた感じ、栄養分がたんまりある気はする。
レバーに似ている辺り、まことに鉄分豊富っぽい。
しかもイルカを食べると体が温まるとか。
イルカは静岡にとっては大事な郷土食なんだろうと思う。






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

やっと帰ってきた

2007-01-18 09:53:29 | おんがく
本日午後から小学校公開日。
週末はPTAの地区委員選出日などなど、
まだ今週は用事が詰まっていますが。


そんな中、やっとやっと頭に(というか心に?)
音楽が帰ってまいりました~~~(泣)!
正月以来、感性が仮死状態にあり。

 1、ピアノを弾いても音のイメージがなく、
 2、毎食の献立の発想もままならず(よって大根の煮物ばかり)
 3、したがって毎日クソ面白くねぇ~~~。


というしょーもない日々を過ごしておりました。
巷で癒し効果があると評判のモーツァルトですら
「キンキンうるせぇんだよ!」
と毒づいていた昨日までの間は、相当精神的にやられていたことでしょう。
来週末はレッスン予定ですし・・・何とかなりそうでホッとしました。
目標であったイギリス組曲の全曲の譜読みは微妙になっていますが
なんせレッスン当日の精神状態が悪いんじゃお話になりゃしないです。
来週以降は子供の用事も一段楽する予定ですし
今週末からはもう少しピアノの方に集中していこうと思います。
目標は
プレリュード→アルマンド→2つクーラントと2つのドゥーブル
(ここまでは何とか読めた)
プラスサラバンドとブーレ1曲ですかねぇ・・・できるかなぁ。


音楽が戻ってきたといいましたが
ワタシの場合はまさに頭の中に音楽が降り注ぐように
それはやってきます。
この状態が触発されるのは自然の中に身を置いているときが多いです。
(木が風に揺られている感触を感じる時や、風が心地よいとき
 夕日に照らされている時など身体的な刺激があるとき。)
そうするとある曲の中のワンフレーズがふっと頭をよぎります。


で、「あっ、この感触を使おう」(←もうけた気分)となります(笑)。
うまいこといけば、演奏している時に
その風景や感触が演奏中に自然に体の中に蘇ります。

・・・というものが最近目指している演奏内容(笑)。
ピアノについての今年の豊富はまだ特に提示していませんでしたが
今年は手触りやぬくもりを感じられる演奏を目指してみたいです。ふっ。
去年などは今までになく
楽譜から何を読み取るかなどに熱心になってしまったのですが
年末前に師匠に
「もっと考えないで弾いていいよ・・・」と言われたので
頭からリアルに迫るのではなく
心からリアルに迫ってみたいです。


あっ、ヨン様はじまっちゃう~~~。
(今頃ハマった 笑)



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

銀杏

2007-01-17 21:08:34 | こどものこと
銀杏・・・「いちょう」とも読むようだが
ここではあの臭~い「ぎんなん」の方のお話。


近所の小学校の校庭にいちょうの木がある。
ワタシが子供の頃からかなり大きかったので
樹齢は相当なものだろうと思う。
その中の1本が毎年晩秋にたくさんの銀杏を落とす。
以前は競って拾いに行ったものだが
最近は加工に手間ひまがかかるせいか
この時期になっても絨毯のドット柄のように
広範囲にわたって落ちたままだ。
そのいちょうの木は愛犬の散歩コースにあるのだが
鼻が利く愛犬ですら、その強烈なニオイに慣れきってしまっている(笑)。


年末にハハがまとめて拾って皮を落としておいてくれた銀杏を
先日もらった。
なんせ炒る時間がなかったのだが
先日ストーブの上でコソコソ炒っておいたものを
子供と食べたのが始まりだった。
それ以降、ムスコは夕食後に「ぎんなん」とねだり始めたのだ。


面倒くさがりのワタシとは違い
マメなダンナさんは出来る限りムスコに銀杏を食べさせたらしい。
さして薬効を期待していたわけではなかったのだが
どういうわけか毎日おねしょをしていたムスコの尿量が減り
今朝はとうとう久しぶりにおねしょナシだった。


・・・いや~~本当に驚いた・・・!


ウチは夜尿の体質らしく
小学校1年のムスメは半年前まで毎日おねしょをしていた。
当然ムスコも同じ状況で、就寝中は布のおねしょパンツを着用している。
最近は体も大きくなってきているせいか尿量も増え
毎朝シーツを濡らす事態になっていたのだが。


銀杏にはそれなりの薬効があるらしい。

気管支喘息、夜尿、頻尿、去痰、滋養強壮など。
ムスコは喘息、滲出性中耳炎、夜尿
・・・となかなかたくさんの持病があるのだが
そのうちの2つの病気に効くとな~☆
なんとありがたい食べ物。


このまま夜尿がなりを潜めるとは思えないのだが
もしもこの状態が数日間でも続けば
銀杏の効用もなかったとはあながちいえない気がする(笑)。

でも銀杏の殻って本当にむきづらいです~(泣)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

進化バトン

2007-01-16 21:36:45 | もろもろ
去年末、chibaggioさんから頂いた進化バトンにようやっと挑戦です。
遅れてごめんなさいね~年なんで~ホホホホホホ~~!
(↑誠意を感じないか・・・?)


 ・気に入らない質問を3個削除して新たに代わりの質問を追加
 ・バトンを受け取った人は「○代目」をカウントする

が条件だそうで・・・ええっと114代目でいいのかな?



◆ 行ってみたい所は?

 
  東欧→ショパンを中心に。うふ。
  フランス、スペイン→美術館めぐりに。
  ハワイ島、タヒチ→癒しの旅にしたい~。


  
◆ 1日の中で好きな時間は、何してる時?

   
   誰にも邪魔されず昼寝をしている時。
   美味いウィスキー&焼酎を飲んでいる時。
   犬と遊ぶ時。
   家がきれいな時。
   美味いものが作れた時。
   ピアノの調子がいい時。


◆ ブログをやるきっかけは?


   妹にすすめられて。

◆ 1日、変身出来るとしたら何に(誰に)なりたい?


   コレを削除質問1コ目といたします(笑)。

◆ 100万円、好きに使って良いよと渡されたらどう使う?


   外版の楽譜を買いまくる。
   パイプオルガンのセミナー費にあてる。
   後は数年後に訪れるであろう愛用ピアノメンテ費用に貯金。
  
   

◆ これが無いと生きていけない!って物は?


   多すぎるので、削除質問2つ目にいたします☆


◆ 大好物の料理を3つあげてください。


   3つは無理じゃーーーっ!!
   ということで削除質問3つ目に決定デス♪


◆ 一番好きな楽器は何ですか?(歌を除く)


   ピアノっす☆


◆ 自分の知る中で、一番古いと思われる曲、新しいと思われる曲
  1曲ずつ挙げてください

 
   コレってJ-popに限定なのかしらん?
   古いのは森昌子の「先生」
  (↑子供頃、来客が来るたびに披露していたらしい・・・)

   新しいのは島谷 ひとみ(だっけ?)の「夢日和」
   去年のムスメの卒園イベントのテーマソングだあああ!



◆ 好きな焼肉の種類は?又好きな焼き鳥の種類は?

  
  焼肉・・・タン塩~。
  焼き鳥・・・つくねだな・・・。


◆ 本気で好きになった人が既婚者…さぁどぅするぅ?


  悩んで悶える。コレしかない(笑)。


◆ ブログを止めなぁかんとしてや…有り得る理由は?


  やっぱり多忙により、かな?(笑)


◆ 新たな質問3つ

  1、好きなアイスクリームの種類(バニラとか)
  2、好きな動物の種類
  3、移住するとしたらどこに住む?

◆ バトンをまわす5人(削除不可)

  
  皆さん、お忙しいと思いますので指名はいたしませんが
  ネタ切れの方、興味を持たれた方よろしければトライしてみてください♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時代劇かっ!!

2007-01-15 22:25:32 | こどものこと
お久しぶりぶりになってしまいました。
先週火曜以降、死ぬ程忙しくPCさえ開けない始末・・・。
学校と幼稚園と仕事のある日常って、こんなに殺人的スケだったけか?

・・・まぁ、いい。
他にも色々あったんですが、それはまた書けるときにでも。


先週の木曜に今春入学予定のムスコ用のランドセルが到着しました。
黒いランドセルを目の当たりにした途端、、目に涙が~。
アイツももう小学生かヨ~~~(泣)。
今まで色々あったよなぁ。
2歳半から5歳まではものすごく手が早くて
何度言い聞かせても人に迷惑をかけっぱなしでさ。
同じことを2000回くらい言ったところで
とうとう市の福祉課に発達相談を持ちかけたこともあったさ。


それが、人並みに入学ですか・・・。



夜、義母から電話あり。

「みかんと一緒にムスコくんのランドセルの代金、入れておいたから。」

ありがたや、ありがたや。

「温泉饅頭の箱と一緒にお金入れたからね。」

菓子折りと一緒に現金!?
・・・時代劇かっ!!(←一人突っ込み)



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加