のんびり・・・いそいそ~(*くうかんあそび*付き)

なんとか音楽の勉強を続けているちょっと変な主婦兼ピアノ指導者兼ボランティア演奏者の日常。取り留めのない駄文揃い。

足首の古傷

2006-10-29 15:02:06 | もろもろ
先週参加した(というかさせられた)
ムスメの小学校の親子運動会以降、左足首が痛い。
こうなることは目に見えていたので
かばいながらダラダラ参加したのだが
結局最中から傷がうずき、3日間連続でシップを当てている。



この足首は中学生の部活動(バスケットボール部)で捻挫した。
それまで怪我1つしたことがなかったので
治るまでかなり時間がかかるとは知らなかった。
医者は「成長期だから無理しないほうがいい」といったのだった。


しかし当時の部は怪我くらいでは練習を休ませてくれない風潮があった。
所属していた部活はそれなりに試合で成績を残していたし
おまけにワタシは一応レギュラー選手だった。
練習を3日くらい見学したところで
先輩達の「なんでまだ見学しているの」
という暗黙のプレッシャーが覆いかぶさってきて
相当気詰まりを感じたワタシは無理して練習参加を再開したのだ。
生徒の体を心配する立場の顧問も先輩と同様だった。
彼は「心身が辛いときこそ、根性の見せ所」みたいな
古い価値観の持ち主であったため、
部活内も自然にそういった雰囲気に支配されていたのだ。


その後、たまに軽く捻挫した部分をひねることがあったが
若かったせいか大事にいたることはなかった。
ところが昨年の秋、自分のレッスンから帰宅後
庭の段差で大きくその部分をひねってしまった。
それからである。
普通に生活をしていても左足首に痛みを持つようになったのは・・・。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最近子供のいじめによる自殺が相次いでいる。
ワタシは先ほどの部活内で上級生や顧問を含む
全ての部員からしばらく無視された経験がある。
夏休みに部活動を休んで(勿論無断で休んだわけではない)
家族と旅行に行ったことがきっかけだった。
今じゃありえない理由というか・・・うう~ん、その場の雰囲気って怖いな。


でもそれはきっかけだったに過ぎなかったのだろうと思う。
皆どこかでワタシに何かしらの違和感を感じ取っていて
異物を排除したかっただけだろう。
集団を維持するための防御本能とでもいうのだろうか?
確かにワタシはその部活独特の
無理を強要する閉塞的な雰囲気が嫌いだった。
でも当時は生徒に途中退部という選択肢は与えていないに等しかった。
中学校という狭い世界が全てだった当時のワタシも
今、自殺してしまった子供達と同様のことを考えないではなかった。
でもワタシには勇気がなかったし、ピアノがあった。


何かしらの理由で学校に行きたくないという子供は多いだろうと思う。
我が家もいつそういう問題が起きるかわからない。
その時、一体どうしたらいいのだろう?

自殺という選択は最悪だ。
確かに学校という世界では、自分の価値は見出しにくい状態かもしれない。
でも学校の外の世界には、自分を必要としてくれる場所がある。
こんな自分でも役に立てる場所がある。
自分という人間をちゃんと理解しなければいけない。
そのために日ごろから読書し
様々な見聞や思想の片鱗でもいいから頭に入れておくべきだろう。

それから誰か味方を1人でも何とかして探さなければならない。
趣味も必要だ。

そしていじめという苦難を与えてくる相手は本当は弱い人間なのだ
ということも理解すべきだろう。
あの人たちは自分の居場所をああいう方法でしか確保できないのだ。


その後、ワタシの場合は徐々に味方が増えて行き
最後には張本人が無視される結果となったのだが
ワタシは当時の部員達や顧問を恨むつもりはない。
子供だったし、もう昔のことだ。自分だってちょっと変わっていたし。


現在、その頃と同じ土地に住居を持つワタシは
ムスメの入学と共にかつての先輩後輩同輩達と地域の活動をしたり
同じクラスの保護者となった。
こちらは全く気にしていなくても
かつてワタシを傷つけた(と思っている)人たちは
少々居心地が悪いようで、目すら合わせようとしない先輩もいる。

そんなのはあちらの勝手だ。好きにすればいい。
大体もうお互いに親なのだから、昔の事はどうでもいいじゃないか。
でも人を傷つけたって、決して勝者になれない。
むしろ一生敗者だ。


それにあの頃からワタシは心の中でいつも叫んでいた。
「1つ2つ年上だからって、えばり腐るんじゃねぇよ!」(笑)
昔の足の古傷が痛むと、あの頃を思い出す。
ムスメの入学で古い交友関係が蘇った時期と
古傷が痛み出した時期が一致するのは偶然なのだろうか。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

洗濯

2006-10-28 20:19:01 | しょくぶつといきものとしぜん
明日は天気が悪いらしい。

今夜の洗濯の量は(ウチは夜やる)控えめにしなければ・・・。
今日はアジア雑貨店で購入した新しいチュニックを着たのだが
ま、そんなに汚れなかったし、洗濯はこんどでいいか。


!!!!!!

そういえば、レッスンから帰ってきて愛犬に挨拶しに行ったら
ヤツは執拗にワタシの着ているチュニックの
ある1点(わき腹・・・)のニオイを嗅いでいたっけ。
その勢いたるや
チュニックに愛犬の鼻大の(笑)穴が開きそうなくらいだった~。


「何っ!?何かついてるのっ?!」
「○○○×××△▲、フガフガフガっ!!!!」
とその行動を一向に止めない愛犬。
「ちょっと止めろって~~~~(泣)」

いつもはのんびりしているくせに何かに執着すると
結構しつこい愛犬なのだ。
だって鼻の先でこんなにバカ力がでる犬なんて、ほかにいるのだろーか???


・・・ということで、犬に嗅がれまくったし
何のニオイがついているのか不気味だったので
結局チュニックは洗われることになった。

・・・明日はちゃんと乾くだろうか???
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

廃墟

2006-10-28 16:21:15 | もろもろ
今日、廃墟を見た。

そこは昭和30年代に造成された大規模な団地だ。
建物は既にかなり老朽化しており
ここ数年は取り壊して立て直すという通知が
あちこちに張り出されていた。
いつ取り壊しが始まるのかと思っていたら
数ヶ月前に(頻繁にそこを訪れないワタシにとっては唐突に)始まったのだ。


広範囲の大掛かりな建物の取り壊しというものは
そうそう目にする機会はないのではないだろうか?
実際、ワタシは生まれて初めて見た。
4階建ての古びた
しかしかつての日本が活気付いていた時代の象徴とも受け取れる団地が
滅び行こうとする様は
やはり、はたから見ていても切なく寂しいものだ。


団地の跡地はきれいに整地されている場所もあり
土がむき出した、がらんどうのそこを見ていると
かつてはここも大きな原っぱだったということを実感させる。
何もないこの場所に、当時の人々は大きな希望を持って
移り住んで来たに違いないだろう。


そこと反対側の土地は、今まさに崩れかけたコンクリートが
その亡骸を生々しくさらしていた。
「戦場のピアニスト」のラスト近くに出てきた
ドイツ軍に破壊しつくされた哀れなワルシャワの街並みを彷彿とさせる。
そこには生物反応というものが全くないと感じる。
唯一、付近を通り抜ける時にほっとできる存在は
歩道誘導してくれる警備のおじいさんの親切のみだ。



ワタシはなんだかほっとため息をついた。
あの団地はその役目を立派に終えたのだ。
そこに移り住んだ人々は、家庭を築き、子供を育て社会に送り出し
自らは団地と共に老いていったのだろう。
あそこに住んでいた人たちはどこへ行ってしまったのだろうか?


そんなことを考えていたら別の張り紙が目に付いた。
足を止めて目を通すと
この廃墟を一時利用して、災害救助犬の訓練を行うという内容だった。
なるほど。
確かにこのシチュエーションは災害救助の訓練にはうってつけだ。
こういう状態の土地でもちゃんと利用価値があるんだなぁ。
この団地は数年後には近代的な高層住宅群に生まれ変わるそうだ。




   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


元々細切れの時間しか所有していないワタシですが
家事用事の合間を縫って、更新やピアノの練習に取り組んでいます。
どちらもワタシにとって大切な時間ですが
現在は練習が優先の状態です(今学生のとき以上に勉強中。遅いって。)
今しばらく、更新等は不規則になりますが
暇を見て近況を綴ろうと思います。
(なんせ拙い文章能力、言語能力を維持するには更新が効果的ですから 笑)
コメントをいただきながら、長らく放置してしまい
大変申し訳ありません(泣)。
めどがつき次第、必ずこちらの活動も活発化(?)いたします(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いい演奏って

2006-10-23 16:08:31 | ピアノ練習記録
先ほどラジオでたまたまショパンのノクターンを聴いたのだが
素敵だった。

こうして聴いているとつくづくノクターンで
いい演奏をするのは難しいと思う。
まだポロネーズとかバラードとかスケルツォのほうが
そこそこ弾ければ弾き栄えがするというか
わかりやすいというか・・・。


ノクターンで「ああ、いいなぁ・・・」としみじみ感じさせる演奏って
本当に素晴らしいと思う。
ノクターンのテンポは普通そんなに速いほうじゃないし
音色や音楽性や技術力がもろ出ちゃう・・・
要するにボロが出やすいがしてならない。
演奏する側からすれば、結構恐ろしい。


さっき耳にしたOp.27-2のテンポは
前日聴いたリパッティよりも更に遅かった。
ヘンレ版の速度指定には付点4分=42だったから相当遅い。
でもなぁ、42じゃワタシ的にも納得できないよ~(弾けないし)。


この曲、テンポをちょっと変えただけでも
左手の役割も随分変わってしまわないか?
旋律の歌い方も然り。

でもさっきラジオを聴いていて、つくづく思った。
大事なのはテクニックとか理屈ではなく
本当にピアノで歌うことなのだと。


(すみません、さっき見直したら付点4分=50でした。
 やべ~、もっと速いってか。)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

お祭り&愚痴

2006-10-23 11:45:47 | こどものこと
今日はスッカリ雨模様ですが、週末はよいお天気でしたねぇ。
皆さんはどこかは行かれたのでしょうか?
場所によっては紅葉も見ごろを迎えているらしいですし
赤やら黄色やらの・・・あの別世界に身を置きたい欲望は
とどまることを知りません~(泣)。


・・・ええ。ワタシ、疲れています(相変わらず)。
以下、グチなのでスルーしてください。


この週末は子供のお祭りにすっかり振り回されておりました。


土曜は児童館の秋祭り。
児童館に未就学児(ムスコのこと)が入館する場合は保護者同伴が規則。
「秋祭り、子供でごったえすよ~」と脅しをかけられていたし
自分の風邪がまだ調子が良くなかったので行きたくはなかったんです。
その日も正午近くまで休養を取っていました(ダンナさんは仕事)。
「もうこのまま、どこにも行くまい・・・いや、午後から図書館には行こう。」
とダラダラを決め込んでいたのですが、ジャスト正午。

「ピンポ~ン」と玄関の呼び鈴が。
モニターを見るとムスメの友達が写っていました。
「・・・・・・。」
仕方なく、玄関に出ると「秋祭り、行こう~!!」


そのまま昼食をかっ込んで、
子供達が団子になりそうな館内で
ズーッと立ちっぱなしで付き添うことになりました・・・閉会は15時半。
もう少しの辛抱と思っていたのが甘かったようで
そのまま場所を変えて子供達の遊びの付き添いをしてマシタ(泣)。
重い足を引きずりながら帰宅したのは
カラスも家路に着いた17時。
外は既に夕闇に包まれつつある時間でしたがな~。
ちなみに洗濯物も夕飯の下ごしらえもまだなんですわ~(泣×2)。
その夜の太極拳サークルではワタシ、思わず寝てしまいました。


昨日はムスコの通園する幼稚園の秋祭り。
駐車場が少ないので、朝9時半に出発。なんと1番乗り。
「ああ~~、そんなに楽しみにしていなかったのにぃ。」
おかげで去年まで完売で買えなかったお面だのクジだのが買えて
それはそれでよかったんですが、日曜くらいゆっくりしたかったデス(泣)。
昼に帰宅後、3時間ほど家の拭き掃除(しないとキタナイ)。
時、既に夕方。
なんか悲しいゾ・・・。


で、今日はムスコが代休で家にいるわけです。
しかも今週はムスコの芋掘り
就学前健康診断(しかもレッスンとぶつかりやがって~怒)
遠足(しかもムスメの親子運動会とぶつかりやがって~怒×2)
と羅列していても頭がくらくらするような
送迎&準備&片付けの連続業。
こんなこと書いていてもイヤになるけれど
ムスコが卒園するまでの辛抱かしらねぇ。


あ、ピアノはノクターンで死んでます。しかも3週間も。
速度から運指から音の強弱まで、全て迷って、迷っています。
いったん成形したものを3週前に壊したから仕方ないのですが。
週末と来週末は久々に連続レッスンが予定されているので
やや気持ちも焦り気味ですが
これだけ生活が荒れていると
現時点では内容的にはこれ以上どうしようもないかなぁ。

ああ・・・ワタシの大好きなノクターン。
もうプログラム制作に入らなければならないのに、載せちゃって大丈夫か?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

癒しバトン

2006-10-20 11:26:36 | もろもろ
大変遅くなりました~!
chibaggioさんから頂いたバトンに回答です☆
お題は『い・や・し(癒し)』
『癒し』ですかぁ・・・コレを求めない人間って存在しないはず。
奥深いお題でございますね(笑)。



  *最近思う『癒し』


  今、まさにアロマテラピーとか
  森林浴とか動物セラピーとか求めてます(笑)。
  2週間に及ぶ毎夜の「ショパンノクターン缶詰」で
  感性が疲れ切っていますので(泣)。 
  こういう時には自然の中に身を置きたい・・・シクシク。
  誰かワタシを自然の中に連れて行ってぇええ~


 *この『癒し』には感動


  そりゃ、動植物、森羅万象の癒しには本当に感謝しています。
  コレがなかったら貧弱なワタシのインスピレーションは
  あっと言う間に枯渇します。
  その大いなる影響力と心身の癒しの効果に感動。



  

 *直感的『癒し』


  家族ですかねぇ。
  一番身近でお金がかからない上に
  この上もなく幸福な瞬間をくれる場合が多いので。



 *好きな『癒し』

 
  こちらは少々お金をかけた癒しを(笑)。
  暖かい南の島のリゾートホテル(フォーシーズンズ系やアマン系)で
  食べる→泳ぐ→寝る→散歩する→食べる→泳ぐ・・・のループ!!



 *こんな『癒し』はイヤだ


  ん~、ないヨ(笑)。


 *この世に『癒し』がなかったら


  想像がつくと思いますが
  お互いいいことなく人類は滅亡、でしょうか。


 *次に回す5人とお題

  このバトンは既に色んなところを回っているようなので、
  もしお題にインスピレーションが沸いたらどうぞ☆

  『クリスマス』『受験勉強』『大人の事情』(笑)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

持ち物バトン!

2006-10-19 16:39:41 | もろもろ
マイミクさんから頂いた「持ち物バトン」~。
結構面白そうです☆
では早速挑戦してみます!


#現在使用中の携帯の機種は?

 auのA5512CA(ホワイト)。
 今はもう廃盤商品(笑)。


#今のメールアドレスの意味は?

 
 確か楽語で「穏やかな、緩やかな」とかいう意味に「ピアノの音」という言葉
 を無理無理にくっつけました♪
 長すぎて友人達には不評。


#現在の着信音は?


 シンプルなFM着信音20



#待ち受け画面は?


 飛行機のフラッシュアニメ。


#自分の携帯で入力して、初めに出てきた文字を書こう!

  あ→「会えたら」
  い→「行くので」
  う→「うから」
  え→「演奏」
  お→「お話」


 ・・・「会えたら」「行くので」って不倫か?!(笑)
 「演奏」「お話」ってブログやミクシィの記事と
 そう内容の種類が変わり栄えしてないような・・・


 

#手帳は持ってますか?

 
 子供に合わせて年度版を1冊。



#バッグはどんなモノを持ってますか?


 今は無印良品の黒トートバッグ。
 安いものを季節ごとに買い換えることが多いです。



#バッグの中身は?

 
 お財布(中身はあまり入れない。持っているだけ使っちゃうんで)
 化粧ポーチ(中身はグチャグチャ 笑)
 カードケース(お得なポイントカードだらけそろそろ限界)
 文庫本
 フルーツキャンディ(子供ごまかし用)
 ガーゼハンカチ
 ネットワークウォークマン
 鍵
 ウェットティッシュ(子供用)



#財布は?

 昔ダンナさんが買ってくれたノーブランドの財布。
 ・・・そういえばそろそろ買い換えたい(泣)。


#持ち歩いてないとダメなものは?


 財布、携帯、鍵。



#これをまわす、持ち物が気になる人5人


 芙蓉さん、ゆきりんさん、lapunzelさん、chibaggioさん、イモ。
 度々スミマセン・・・やってみたかったらやってみてください~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チチの休日

2006-10-18 10:00:13 | もろもろ
電気工事職人であるワタシのチチはココのところ暇だ。


おかげで

 1、庭にスロープができた。
   (孫が自転車を出しやすいように今更配慮したらしいが
    そこに愛犬黒ラブが滑りそうになりながらも寝そべるようになったので
    逆効果という噂も・・・笑)



 2、自転車置き場ができた。
    (今までチチが使ってきた電材だの古びた道具だのがはびこっていた。 
     そこを整理した。)


 3、ハハが貧血で倒れた。
    (チチが愛犬の散歩に孫連れででかけるハメになった。)


 4、ウチの屋根裏にデカイ換気扇が設置された。
     (今までありあわせのトイレ用換気扇しかついてなかったため
      真夏は灼熱の館になっていた。
      本当は夏に施工して欲しかった・・・泣)


 5、ウチに実家のDVDプレーヤーが運ばれてきた。
     (暇になったチチは家電量販店で
      最新型DVDプレーヤーを購入したらしい。)


 6、ぴちょんくんの風船を孫のために4つもらってきた。
      (電材屋の展示会で奪ってきたらしい)



・・・1週間の休暇の後、明日から現場があるそうだ。
久しぶりのお休み、チチはしっかり働いて過ごしたねぇ・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ケンカ?

2006-10-17 22:12:46 | ピアノ練習記録
昨夕はうっかり再び発熱してしまったものの
今日は仕事を無事に終えることができてホッとしている。
明日も仕事以外にもイロイロ・・・でも何とかなると思う(笑)。


3日ぶりに弾いたピアノは、すっかり演奏のキレが悪くなっていて
音色のコントロールが効かなかった・・・シクシク。
若い頃は1ヶ月弾かなくてもそんなことがなかったのだが
(多分今以上にレベルの低い演奏だったからだろう)
30代になってからというものの数日間弾かないだけで
他の雑事のことで頭は一杯になってしまうせいもあり
調子ががたっと落ち込んでしまう。
来月にかけての健康管理が重要な課題になってくると実感した。


でも、演奏が一瞬腰抜けになったおかげで
ノクターンはいいヒントが得られたんだけど。ウフ。


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


生徒さんたちのレッスンはほぼ順調。
そんな中で三手連弾のチームが思わぬつまづきを見せた。
(三手連弾といっても、二手連弾用を三パートに分けただけ 笑)
仲良し同学年3人組だし
あまりそのような心配をしていなかったのだが
どうやら練習中に色んな面で気が合わなくなったようある(笑)。


同じ教室に通っていても3人の演奏スタイルとキャリアは全く違う。

耳はいいし、演奏の勘は素晴らしくいいが楽譜を見ない「のだめ」な子。
要領は少々悪いが類稀な努力を惜しまないコツコツ型の子。
意志のハッキリした音色を持つのだが、まだキャリアが浅い子。


本格的に連弾指導するとなると、時間もないしソレは骨が折れる。
だから自分たちだけでも(努力すれば)
ある程度仕上げる程度の曲を与えた。
1回時間外に教室を開放して練習時間を与えたのだが
その時は・・・まあまあだった。
(まあ、この曲は遊びのようなものだし、後1、2回面倒を見れば大丈夫かな)
と思っていたのだが、そうも行かなくなったらしい。


よく連弾を勉強中にお互いの主張が合わなくてケンカする例はあるようだ。
だから驚かないっていったら驚かないけれど
まさかこの子達がこんな状態になるなんて。


・・・まぁ、いいか。みんな立派だ。偉いと思う(笑)。


「いったん決めたことなので、よく話し合って練習は続行ね~」
大体、今日になるまで事情をこちらに説明しなかった君たちも悪い。
今回は諦めて頑張ってね。ワタシも頑張るからサ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記念品選び

2006-10-16 16:46:08 | おんがく
すみません・・・。
先週多忙のためにあまり更新できなかったので欲求不満気味で
今日は書き散らしています。
軽くスルーしてください(泣)。


今日は発表会で生徒さんたちに贈る記念品を注文。
予算がどうなるのか、最後の最後までさっぱりわからないし
それについて様々なシュミレーションをしている暇もないので
赤字覚悟で選んだ。


確か音符のモチーフが描かれているペーパーウェイト(←うろ覚え)。
先端がボールペンにもなる優れもの(?)だ。
値段は300円。
コレに鉛筆も1本つけようと思ったが
予算オーバーが怖いので今回はパス。
皆気に入ってくれるかな?


今週中にそろそろプログラムの草案を作らなきゃ~。
子供達の仕上がりはだいぶ揃ってきた。
後はワ・タ・シだけ・・・(壊れてるな~ 泣)。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加