のんびり・・・いそいそ~(*くうかんあそび*付き)

なんとか音楽の勉強を続けているちょっと変な主婦兼ピアノ指導者兼ボランティア演奏者の日常。取り留めのない駄文揃い。

本とDVD近況

2017-08-24 16:24:29 | ほんとえいがのこと
観ちゃってますよ~~~!ツインピークス(^^♪








今有料放送でやっている「ツインピークス リターン」の番宣を偶然目にしてしまい

「マジでWowow契約・・・??!!」

と思いあまった私ですが、
間もなく教育費のピークを迎えつつある数年が待ち構えている現実に打ちのめされ
あえなく断念。


盆に帰省した妹が、こいつを貸してくれました。
おかげでダークな夏休みにならずに済んでます(^◇^)

とはいっても、また3枚目までしか観てないのですが、楽しすぎますっ。
ミステリーでサイコホラーでコメディなリンチの世界。
まだしばらく楽しめそうです。


ところで、ボビーとマイクがつるんで出てくるとどうしても

「バカが来たよ~~」

とつい口をついてしまうのは・・・なぜ???


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、例年夏休みは漫画を大人買いして楽しむのですが
今年はまたも予算の壁に阻まれて断念。

でも、夏前にまとめて購入しておいた本をたまに読んでいます。

半年くらい前に知ったのですが、
武田百合子さんって、巷じゃ結構有名な方なんですね。

私、この方の感性と物事に対する着眼点、
すっきりとした文体をとても好いとります(笑)。

旦那さんである武田泰淳さんとの生活を描いた「富士日記」もいいですが
もっと小さな本である「遊覧日記」がとても気に入っています。

「子供が手を離れ、私もふらふらと遊覧してみたい。」


そして、色んな場所に出かけていくという内容ですが
外出先も主に都内という近場。
そしてそんな近場でもものの見方によっては、
海外に行くよりも色んなものが発見でき、そして楽しめるという内容です。

私もいつかそういった遊覧をしてみたくなりました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都内へ

2017-08-24 15:26:14 | がいしゅつ
みなさま、おひさしぶりぶりんです・・・
この夏はおそらく今までの人生で一番忙しく、
休むことができない夏になりそうです~。
時間が取れるときにグチグチ書いてみようと思います(笑)。


異様な湿気に包まれた関東平野の夏ですが、
ここ数年の夏休みの忙しさによる疲労(子供関係だね)が積み重なってか
どーも体調があまりよくありません。
寄る年波もあり、この夏を病気せずに乗り切ることが最重要課題になっており
暇があればゴロゴロするに徹しています。


そんな怠惰な状態のワシですが、先日意を決して上野の都美術館に行ってきました。
教室の休みは2週間ほど。
昨日はグループレッスンがあり(楽しかった)、
明日から通常レッスンが再開されるので、もう観にいけないな~~~と
しぶる下半身を振り絞って歩いてまいりました。

ただ~~~~~、ものすごーーーく暑かったんですがぁ・・・(泣)。


上野は春のテッツィアーノ展でもお邪魔していたので、今年2回目。
やはり開館前からお客さんが並んでいるアルチンボルト展の西洋美術館を横目に
都美術館へgo。
今回はボストン美術館だったんですが、やっぱりいっておいてよかったなぁ。
この美術展はどの作品も見ごたえがあったと思うのですが
やっぱり目玉のゴッホとかモネですか・・・シスレーとかも好きなんですが
作品から伝わる情報量(っていうと野暮ですが)の質と量が違う気がします。
ちょうどお盆直後だったので、上野も早い時間は静か。
あの激混みのスタバですら、着席できそうでした(笑)。


はてさて。
今回、行きの電車が奇跡的に座れたので思ったより体力が温存できたってことで
実はもう一つの野望がありました。


美味しい紅茶を飲みたい。
アフタヌーンティとかじゃなくて、できたら昔池袋にあったハロッズみたいなところで。


銀座に行けば結構その手のお店はあるようですが
その気力はなし。
できたら東急ハンズにもよりたかったので
結局新宿に向かうことにしました。

すでに新宿に着くころ11時を回っていたので、飲食店はランチ時。
混むと嫌だなぁ~派なので、とにかく他人より早く行動がモットーです。


・・・でも、しっかり来たのは・・・おそらく20年ぶりくらいの新宿。
(ハンズくらいならその間1回くらい来たかも)

某デパートの近くに紅茶専門店があるというので、JRの駅から歩く歩く。
早く誰にも邪魔されずに、しっぽり紅茶が飲みたいんじゃ!!

その一念で自慢の(?)脚力でお久しぶりの新宿の街を闊歩。

で、ちなみに新宿って色々変わりました?
そうだとしたら、ワシ、街が変わったことすらわからんよ。
でも、伊勢丹の横に無印があったし、新宿ライオンもあったからそうでもないよね。
(↑これくらいしか、見たことがあるお店の記憶がない。しかも独身時の記憶)


しかし、探せど探せど目的の店は見つからず。
私は比較的地図を見るのは得意な方だと思っているのですが
同じところを何回転してもそのお店は姿を見せない。

・・・つぶれた???
いや、でも簡単につぶれるような様子のお店でもなさそうだし・・・。


そうこうしているうちに、都会の蒸し暑さが私を直撃。
ジムに来ているみたいに大汗かきまくる羽目に。
(もうこの時点で、お店が見つかってもポットサーブの紅茶を一気飲みするかも)


精根尽き果てるかと思う頃、何と奇跡的にそのお店を発見!!
どーも1回くらい見落としていたらしい。
ババアになった故に、こういうケアレスミスを犯すようになったんだとシミジミ(笑)。


よっしゃ!!と自動ドアを軽快にオープンっ!!

やった~~~~!!お紅茶だわぁぁぁぁぁ~~~~!


「いらっしゃいませ!」


・・・とカフェ風のお兄様が感じよく笑ってくださる。
見回せば、清潔だけど・・・こじんまりしたお店???



「お二階行かれますか~?」


促されるまま・・・まさか??ここかい???

?マークを頭に連発しつつ、どんどん店の奥に進んでいくワシ。ついてくるカフェ風お兄さん。

差し出されたメニュー、そして周りの客層からして、
そこは紅茶専門店ではナッスィング。

「ああああ・・・」
と心の中で大きなため息をしつつ、カウンターのスツールにどっかりと腰を下ろし
とりあえず目についたメニューを頼む。

ウィンドウの外を観れば、サイレンを鳴らした救急車が走りすぎていく。

どうして、このお店だと思ったのだろう?
入店する根拠があったはずなのだけれど、
なぜか吸い込まれるようにしてドアを開けてしまった。

メニューの内容からしても、食事の到着まで時間のかかりすぎるお店だった。
素材はよかったけれど、自分でも作れる内容の食べ物。

・・・まぁ、仕方ないか。
幸い店内は静かだったし、値段も高くはない。何よりスタッフさんは親切だった。


食事を終え、元気なく会計をお願いする私にオーナーらしき年配の男性が

「お料理遅くなっちゃってすみません」

と声をかけてくれた。
野菜はとても新鮮だったし、何か事情があったのだろうし
私は今日は急いでいないから大丈夫と思ったけれど
その日は朝からほとんど誰とも話していなかったので
頭とのどの反応が遅くって、会釈での対応しかできかったのが、残念だった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかたない。
紅茶は諦めてハンズへ行くべ。

そう気持ちを切り替えて店外に出ると、何と隣がかの紅茶店。

もしかしてそうかもとは思っていたけれど
何てバカなんだろう(笑)。

でもまた来よう。


・・・なんて、その情景に入り込んで文字を打ち込んでいるうちに
文体やら時制やらが、ふらついて終わりました(笑)。


ではまた。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プチリフォーム

2017-07-02 17:27:13 | ほーむきーぴんぐ

本当は大掛かりなリフォームをしたいなぁというのが本音。
特に壁のクロスと、水回りのフロアがそこそこ傷んでいるから。


でも、それは東欧への旅行と同じくらい
夢の世界の出来事になりつつある・・・。ちーん。



ところが(先日にも記事に挙げたけれど)
100均のリメイクシートでもリフォームは素敵にできるということを知り、
我が家でも半信半疑でキッチンのリフォームを実行してみたら
本当にガラッと見た目が変わって、かなりの気分転換になった。


低予算でキッチンがきれいになって、
気をよくした私はトイレと洗面所のフロアを
クッションシートでリフォームしてみようと旦那さんに持ち掛けた。
商品はネットで驚くほど安く売っているし
柄もシンプルで色調も望み通りのものがたやすく見つかった。

元々のフロアは暗い木目調だ。
それはそれでいたく気に入っていたのだけれど
築20年になると結露などでやや傷んできている。
ここを、白木の木目調に変身させるのだ~~~!!


浮かれた私は、先週末旦那さんの施工終了を心待ちに。
まる1日かかって無事補修終了した個所を見ると・・・


むむむむむ・・・
確かに白木のフロア調は一気に空間が明るくし、何とも爽快だ。
でも、でも。木目がずれてる~~~~~~~( ノД`)シクシク…

仕方ないよなと思う。
素人の施工だし(でも、旦那さんは以前内装屋のバイトに行っていたんだけど)。
便器の形に合わせてシートをくり抜くなんて、
私のような不器用には到底無理。

だから、これでいいじゃん。

と自分を納得させ、1週間が経過した。

と、昨日。
とりわけ私が気になっていたトイレに敷かれた
フロアシートの波打った縁が、まっすぐに修正されていた。
先週の施工後、私は出来について何も言わなかったけれど
さすがに便器に腰掛けるとあの縁の出来の悪さは気になったのだろう。


これに懲りず、今度はトイレの壁紙が痛んでいるので
ウォールステッカーを貼ってみたいなと思っている。

そうそう、失敗用に多めに買ったトイレと洗面所に敷いたクッションシートは
まだ残っている。
今度はどこに敷こうか?そう、出番待ち(笑)。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あれ~~??

2017-07-02 16:56:53 | けんこう
今日も暑い。
明日も暑い。
その次も暑いだろう。


・・・としょーもないことを書いていますが、
この時期、この年齢ってTシャツ1枚だと何かと都合が悪い気がして
(ほら、老いた体のラインが出ちゃうとか、インナーなしだと腹が冷えちゃうとか)
何を着ていいかイマイチわからん。


襟なしのTシャツはこの夏からはもう手の施しようのない位、似合わない。
当分着る気が起きないわい。
なので、とりあえずリネンシャツを愛用しようと決めた。

ところで、そこそこ愛用していたメーカーのリネンシャツが今年辺りから
リネン100%ではなくなった。
製品表示を見ると綿とか化学繊維と混紡になってしまっていて
とりあえず今年は買う気が失せてしまった。

縫製がよく、張りのある生地で体のシルエットを都合よく隠してくれていたのだが
値段も7,8000円くらいしてしまう。
でも、耐久性もあるし、今までは小金を貯めて購入に勤しんでいたのだが
やはり素材が変わってしまうとモチベーションが下がってしまうものらしい。


なので、今年は無印とUNIQLOのバーゲンでリネンシャツをまとめ買い。
これらのメーカーも定価では買う気がしないのだが
一応リネン100をうたっているから、まあいいかって感じです。


ところでリネンシャツって夏場は涼しく快適なのだけれど
真夏でもそれ1枚では着れない。
レッスン中なんてエアコン利かせているので、体が冷えてしまうから
必ずインナーを着る。

問題はその他の時間だ。
基本、ピアノに関わる時間以外はエアコンなしの生活なので
その場合はインナーなんて着てらんない。
でも、シャツ1枚も心もとない。


そうだ!!腹巻があるじゃん!!

と思いつき、腹巻を探せど見つからず・・・。はて??どこにいったかな?

というのも、私3年前のオペ後に腹巻をごっそり購入した経緯があります。
(オペ経験者の友人の助言による)
しかもオールシーズン使えるよう、シルク。
最近は安価にシルク腹巻がネットで買えるから、助かる。


あれ~~~???それが探せど探せど見つからない~~~~!
くーーーー、あいつがいれば快適生活なのに(?)。
しばらく押し入れだの屋根裏だのを探索したけれど、
そろいもそろって団体でお出かけしてしまったのか、全く見つからない。


最近こういうことが多い。
何かの拍子に整理したり、移動した私物の収納先を忘れてしまう。
しかもゆっくり探す暇がなく、結局同じものを買ってしまい、
後でトンでもな所から見出して、激しく後悔する。


そういうわけで、今日は3回ほど捜索してみたら
何度も確認したはずのパンツ置き場からこそっと出てきました。
しかし、時すでに遅し。
短気な私は、2回目の捜索後にポチってしまい済み。とほほ。


また腹巻が増えるなぁ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻婆豆腐を美味しく

2017-06-25 20:26:49 | たべること
この週末バタバタ。
でもまあ、何とか色々片付いた今現在です。
明日からまたできる限り頑張ろー(^^)





子供の頃は全く好きじゃなかった麻婆豆腐。
うちでは麻婆丼にすることがほとんど。

花椒というスパイスがあるのだけど、仕上げにコレをパラパラとふると、香りも旨みも極上にアップします〜〜。


スーパーではなかなか見当たらないスパイスなのが残念。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カブトガニの思い出

2017-06-18 20:17:43 | しょくぶつといきものとしぜん
今、ダラダラテレビを観てたらカブトガニがいっぱいの映像(^^;)


わたしが小学生の頃、学研の教材で「カブトガニの卵入り土&ミニ水槽」セットが来た。
密かに未知の生き物カブトガニに憧れを抱いていたわたしは嬉々として、水槽に土、指示通りの水を入れて待つこと数日。



…なんと、あの形の幼生が数匹、水槽の底を這っておるではないか!
もう、驚きと喜びー!


でも数日するうちに、
「これが、順調に成長したら?!どーする!?」


成虫?がうちにいることを想像したら何だか怖くなってしまった。
となりの川に流すか?!

幼いわたしは、もう水槽を観察する勇気がなくなって、そのままそれを放ったらかした。


数週間経った日に勇気を出して水槽を覗いたら、幼生はすっかりいなくなっていた。

死んでしまって溶けてしまったのか、はたまた成長してどこかにいってしまったのか?!
(んなわけない)
でも、すこしホッとしたのを覚えている。
カブトガニには申し訳ないけど、何であんな教本をよこしたのか、学研…トホホ。

カブトガニの思い出でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クッションを求めて

2017-06-18 18:31:34 | けんこう
何とか持ちこたえていたけれど、雨が降り出しましたねぇ。
先ほどまで雨が降っているとは思えない、空の色だったのになぁ。
降り方も、小雨だったり、やみ間があったり、
大粒の雨が降ったりと実に気まぐれ。
この気まぐれ具合、何だかうらやましい。
巨人が負けてるときに無口になる、
豆腐屋さんに対する羨望と同じくらいのレベルだよ。



さて、ここでもたびたび話題になっている私の坐骨神経痛。
ジムに行けない週末は殊に症状がひどくて、
床についていてもつらく不眠を誘ってしまう。
先週末はまたまた酷くて、週明けのジムが待ち遠しかった。
(実際、ジムに行き始めると症状は軽減するからなぁ・・・)


せめてもの週末の坐骨神経痛対策は

 ①低周波治療器を使う
 ②サロンパスを張って寝る

くらいなものだけれど、まぁ効果はイマイチ。やっぱり運動しちゃった方が得策。


こうしてPC打っていても、ご飯食べてても、本を読んでいても
もうとにかく尻が痛いったら。
そのせいか、ついついクッションをあれこれ物色してしまう。
先週もニト○で羽毛クッションをうっかり買ってしまったし
ネットショップでMOGUのシンプルなものを買ってしまった。


どれもいいクッションだと思うけれど、それでもよりいいものを探し続けてしまう。
何かいいクッションはないものか・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辛ーいが美味い(^^)

2017-06-11 18:47:59 | たべること


巷で人気のこれ。
初めは辛さに食べ進められなかったけど、不思議に慣れるもんで、今はそこそこいただけます(^^)


カロリー控えめなんで、おつまみに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自信とダイレクトばかりではなく

2017-06-11 16:47:23 | おんがく
やっとこさ、先日録画しておいたローザンヌのバレコンクールを観ています。
10代の(たぶん18歳まで)新進気鋭の各国のダンサーが
一堂に会し、その芸術性や技術を競うコンクール。


例年通り、まずはクラシックバレエの課題から始まる。
参加者はいくつかの課題から選択して踊るので
各自の個性が際立って観ていてとても楽しい。


プロバレエ団よりはローザンヌ。
プロ野球よりは、夏の高校野球。
大人のアマチュア合唱団よりは、中学校の合唱コン。



・・・ってな具合に、若い人のパフォーマンスを観ることが
こんなにも楽しいとは以前は思わなかった。
これも年を重ねたことによる功罪(?)なのだろうなぁ。



クラシック部門の後はコンテンポラリーダンス部門が披露されるのだが
新作なので作品の解釈の自由度が高いだけに
観ているこちらもわっくわくの心躍り度(ダンスだけに笑)。


今回の課題はジョン・ノイマイヤー振り付けで
楽曲はショパンのノクターンやバッハの組曲、バルトーク、ドボルザーク、
ストラビンスキー、プロコフィエフ、となぜかフォスター・・・いや、いいんだけど。


と、まぁおなじみの聴きなじんだものが並ぶ。
ピアノ曲も多いので、もちろんかつて自分で演奏したものもある。
そして素晴らしい彼らのダンスを観ていると
当然ながら自分がその楽曲に抱いてたイメージとは
少々乖離しているなぁという違和感を抱いた。


それも当然だよなぁ・・・。
楽曲から弾き手にダイレクトなのか、楽曲から振付師→そして踊り手と
実際に表現するまでの過程がそもそも違うし
表現方法も、楽曲の役割も違うわけだし・・・。


でも自分がいつもいる場所でその楽曲と関わり続けるだけではなく
時には違う場所から眺めることも必要なのだと改めて感じてしまった。


いい年になった自分の中にある、いつの間にか築かれた固定観念。
それは「自信」につながるものでもあるけれど
自分を縛るものにもなりうるんだよなぁ~・・・としみじみ感じた
この週末でした。


それにして、リズムの活発な(というか激しい笑)
ストラビンスキーやらプロコフィエフって本当にダンス向きじゃのう♡
今回の優勝者は確かコンテンポラリーで
ストラビンスキーの曲でニジンスキーを演じた男性でした。
(確かにこのニジンスキーは圧巻でございました)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬から続いてます~

2017-06-04 19:35:03 | たべること
すっかり暑くなりましたねぇ!
・・・といいつつ、この週末は湿気も少なめで気温も程よいさわやかな気候でした。
残念なのは、やや風が強かったこと。
雨がすくないことで、窓から家の中に埃が侵入してきてしまい、
家じゅうザ~~リザリなことも・・・(´;ω;`)


まぁ、仕方ないので水拭きしますがね・・・。
もうすぐ入梅でしょうし、洗濯物の乾きが悪いのも結構な悩みになるので
晴れていれば風が強いくらいでつべこべ言ってはいけないのかもしれません。



さて、最近週末ごとに意外に用事が入ってしまい更新が遅れていました。
特に高3の娘の進学先を検討する時期に入っており
2回ばかりオープンキャンパスにつき合ったりして
余計に忙しさに拍車がかかっておりました。


オープンキャンパス。
私は2校付き合っただけですが、
こうも学校によってその疲労度に差が出るもんなんですね~。
やっぱりその学校の雰囲気って大事なものなのだわ。うん。



さて。
タイトルの何が「冬から続いている」のか?ですが。


ズバリ!!!
「小松菜の漬物」です~~~!

味噌汁に漬物は私の大好物ですが、ずいぶん前にぬか漬けは挫折済み。
忙しくてなかなかぬか床を良好な状態にキープできませんでした。
夏の間は発行しすぎを防ぐため、
冷蔵庫の中にぬか床を入れるという荒技も実行できるスペースが
自宅の冷蔵庫になく、あきらめざるを得なかったのです。


それからはキュウリや大根を塩漬けにしたり、昆布茶で浅漬けにしたりと
インスタント手法に偏らざるを得なかったのですが
先の冬、母から簡単美味しい小松菜の塩漬けの方法を教えてもらい
実行したところ、後を引く引くの美味しさ。
シンプルなのに、いや、シンプルだからなのかの飽きのこさなのか
ずーーーっと食べていられるわけです。


作り方はいたって簡単。

・小松菜はお好みの長さにざく切り。
・沸騰したお湯を小松菜にざっとまわしかける。
 (お湯をかけすぎると歯ごたえがなくなるので注意)
・塩で小松菜をざっと揉む。
・(私は)鷹の爪と昆布を合わせ、冷蔵庫で保存。



これだけでできる美味しい自家製漬物。
是非お試しください~~。
小松菜は冬が旬かな?と思うのですが、
夏も出荷してくれるのか気になっている今日のこの頃です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加