ある作業療法士のブログ

仕事を通じて考えたり,感じたことなど・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

供養

2013年04月29日 23時35分21秒 | 日記&雑記
昨年度、うちの施設では浴室を改修した。
新しい浴室棟をつくり、そこへ移行したのだ。
そして、開設以来30年以上に渡ってうちの施設の入浴介護をになってきた旧浴室はその役目を終え、新たな役割を待ちながら眠りについていた。
そして、いよいよ新たな役割のために生まれ変わる時がきたのだ。

30年も前にできたものだから、あちこち不具合が出てきて、運用する職員たちもずいぶん苦労していた。
とはいえ、これまでありがとう、という感謝の気持ちを込めて、そっと酒を供えた。
何か特定の宗教儀礼というわけではないが、何かしたかったのだ。

開設初期から務めている上司と、機械関係を担当している職員と、介護長と、僕とで思い出を話しながら…。

間も無く工事が始まり、リフォームされて様変わりしてしまうだろうが、新たな施設としてともにがんばっていこう。

と、思ったのだった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コーヒーを飲みながら

2013年04月24日 21時11分31秒 | 手帳・ノートにまつわるエトセトラ
思えば、最近、コーヒーを飲みながら手帳を見返す(自分を振り返る)時間を作れなかったように思う。

手帳には仕事のことも私的なことも何でも書いているので、やらなきゃいけないことが見えてがっかりすることもあるが、空いているところに楽しい予定を入れようとあれこれ思いを巡らすこともある。

また、その時の感情を書き殴ることによって、“吐き出し”の場になることもある。

スケジュール管理やライフログをとる手段としては、クラウドサービスやSNSなど便利なツールはたくさんあるが、手帳は字の形や筆圧等によってその時の感情や心の動きも記録することができるという点で、まだまだ欠かせないツールだな、と思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩

2013年04月07日 09時32分37秒 | リハ室の窓から

先日、とても綺麗な風景に出会って、思わず撮影したのがこの写真。

今年は梅の花の開花が例年に比べてずいぶん遅かったように思う。
これは1週間ちょっと前の写真だ。

全体的には介護度が高い入居者が多いが、歩行能力の高い方も入居している。
そうした方への運動兼作業として散歩を行なっている。

僕は、冬であっても晴れていれば、利用者に厚着をしてもらって散歩に出るようにしている。
日光を反射して眩しい雪景色や、葉が落ちた木々や雪の白とのコントラストで際立つ空の青、冷たい空気、そして雪や氷を踏みしめる感触を味わって欲しいと考えるからだ(もちろん、ある程度天気のいい日に限る)。

施設内にいると、空調により気温の差は少なく、職員もユニフォームなので季節による変化も大きくはない。
だから、五感で季節の変化を味わってもらうには外へ出るのが一番だが、誰もができるわけではない。
しかし、できる人には少しでもそうした機会を提供できれば、と思っている。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あれから2年。

2013年03月11日 23時27分26秒 | 日記&雑記
随分久しぶりの投稿だ。

さて、今日は東日本大震災から2年ということだ。

この写真は、東北を旅している時に三陸海岸で撮った写真。

いま、この辺りはどうなっているのだろう…。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iPad活用術+α

2012年10月14日 21時15分34秒 | 物ログ
前回、今更ながらのiPadのことを書いたけど、それ+αとしてコンパクトな無線LANルータを紹介する。

見ての通りで、ホテル等の有線LANのケーブルにつなげてWi-Fi環境を作るというもの。
これでタブレット端末もインターネットにつなげることができる。
LANケーブルはつなげられないからね。
と言って、タブレット端末でもう一回線持つのもちょっとなぁ…という人にはうってつけだと思う。
かさばるものでもないので、どこへでも持って行けるだろう。



もちろん、PSPとかもつなぐことができる。
(ま、出先でそこまでゲームに熱中する人がいるかどうかは疑問だが…)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある作業療法士のiPad活用術

2012年10月06日 11時18分30秒 | 物ログ
僕は、最近iPadを購入した。



コツコツ貯めていた500円玉貯金が溜まったので、思い切って購入することにした。

僕は、はじめはiPadに対してかなり懐疑的だった。
例えば、電子カルテとかみたいに業務用で使用するなら、かなり使えるアイテムだと思ったのだが、個人で所有することには疑問だった。
とても中途半端、という印象があった。

しかし、思い切って使ってみると、思った以上に便利というか使えるものである気がしてきた。

使い始めてからまだ日は浅いが、僕なりに実践している、あるいは考えている使い方について書いてみたい。

学会の抄録集を入れる、みる、持ち運ぶ。

学会に参加する際には、抄録集を持って参加する。
発表演題の数や規模によって異なるだろうが、分厚い本だったりすることもある。そんな抄録集をiPadの中に入れてしまうのだ。
方法は、少し手間がかかる。

①まず、抄録集を裁断する。
 1枚毎にバラバラにするのだ。
 本や雑誌の“自炊”が流行ったこともあり、裁断機もいろいろなものが販売されているので検討してみるといいだろう。

②そして、それをドキュメントスキャナで読み込み、PDF化する。
 僕はscansnapを使用している(結構前の型だけど)。

③PDF化したファイルをiPadへコピーする。
 これで準備完了だ。
 学会によっては、抄録集をCD‐ROMで配布するところもあるので(日本作業療法学会はCD-ROM配布)、そういう場合はもっと簡単だ。
 GoodReaderというアプリの中で、抄録のCD-ROMと同じフォルダ構成にすればPCでCD-ROMをみるのと同じに参照することができる。

この方法の利点は、本のままではかさばる抄録集をコンパクトに持ち歩くことができることだろう。
僕は、予め参加するセッションの部分のファイルを立ち上げておいて、すぐに参照できるようにしていた。

さて、出張で学会に参加している場合は、職場へ報告書の提出を義務付けられていることが多いだろう。
Bluetoothにより接続する外付けキーボードも多く発売されているが、iPad画面に表示されるキーボードでも、けっこう快適に文字入力することができる。
清書するのは帰宅後にPCで行うにしても、下書きするにはiPadでも十分だ。
データはクラウドサービスを使えば共有することができる。

学会の抄録にかぎらず、文献や論文のファイルを入れておいて、持ち歩いたり参照したりするのにも優れている。
なんといっても、PCと違ってすぐ起動するので、さっと取り出して閲覧することができる。
学会や研修会への移動の新幹線の中で予習のために文献を読んだり、気分を変えてカフェなんかで勉強したりする時にもいいだろう。
僕はiPhoneのスキャナアプリで読み込んだ資料を、こうした移動時間などで読んだりしている。

ま、こういった方法はすでにたくさんの方が実践しているであろう多分初歩的な使用法だが、今更ながら感心してしまったので、、、、、。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラベラーズノートと旅をする。

2012年09月17日 22時20分57秒 | 手帳・ノートにまつわるエトセトラ
日常の中でも、トラベラーズノートは僕の思考の場であったり吐き出しの場であったりしている。

そんなトラベラーズノートは、趣味であるドライブの相棒にもなりつつある。

僕はドライブするのが好きだ。
なんとなく景色を眺めたりいろんなことを取り留めもなく考えたりする。
いい気分転換になる。

多くの場合、そのドライブは特に目的地や細かなプランを立てることはなく、大まかに方向を決めて気分に任せてドライブする。
その途中で、道の駅があるとチェックしている。
道の駅めぐりもいつの間にか趣味になっていた。
といっても、スタンプラリーに参加するわけではなく、あくまで自分の中でのラリーだがスタンプは集めている。
そのスタンプの収集には「SHOT NOTE(ショットノート)」を使っていた。
ショットノートにスタンプを押し、それをあとでまとめてアプリに取り込む。
こうしてデータとして保管できる。

しかし、トラベラーズノートを使い始めてから、アナログでも思い出を残しておきたくなった。
そこで、トラベラーズノートのメモにスタンプを押してみたが、思った以上に裏写りすることがわかった。





そこで、
(1)スタンプをショットノートに押す。
(2)専用アプリで取り込んで…、
(3)取り込んだあとのショットノートをメモに貼る

これで、デジタルとアナログの両方で記録することができる。
また、写真のように、スタンプだけではなくて食券の半券なども貼り付けると、あとで見返した時により思い出が蘇りやすいだろう。
貼り付ける時にはテープのりを使うと綺麗に貼り付けることができる。
それにこれならあとから書き込むこともできる。




思い出は、その時ででき上がるわけではなく、あとから時間をかけながら作り上げていく、という側面もあるように思える。
思い返した時に、新たに思ったことや思い出したことを加えながら思い出をつくっていく。
「記録」であればこのようなことは不適切だが、「思い出」ならそれもまた良いだろう。

後で何度も見返したくなる、そんな手帳を創っていきたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラベラーズノート

2012年09月15日 20時52分02秒 | 手帳・ノートにまつわるエトセトラ
少し前に、ある人からのプレゼントでトラベラーズノートをいただいた。

すでに、今年の手帳として「ほぼ日手帳WEEKS」を使用していたので、とりあえずはしまっておいた。
しかし、時々出して手にとって眺めたりレザーのカバーの匂いをかいでいるうちに、無性に使いたくなってきた。
そこで、年の途中ではあるが下半期はトラベラーズノートを使うことにした。

いろいろ試行錯誤した結果、リフィルはマンスリー、ウィークリー、メモを使用している。

使っているのはパスポートサイズ。

随分とコンパクトになった。
おかげで、バッグの中も幾分かすっきりしたようだ。

そして、以前に購入したウィスキーの樽木でできた柄のボールペンがしっくりくることがわかった。
何とか使う機会を増やしたいと思っていたのだが、これでいつでも持ち運ぶことができそうだ。

お気に入りの手帳、お気に入りのペンとくれば、自然と何か書きたくなってしまう。
考えたこと、できごとについての感想や考えたこと、アイデアなど、何かと書き込んでいる。

単に機能という側面でみれば、他にも使い勝手のいい手帳はたくさんあるが、「何となくいつも手にしていたい」と思える手帳は稀だ。
このトラベラーズノートは、僕にとってはまさしくそんな“稀”な手帳だ。



トラベラーズノート、
この人生という名の旅路をともに…。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりgooブログがしっくりくる。

2012年09月15日 08時29分51秒 | 日記&雑記
しばらくアメブロさんへいていましたが、やっぱり僕にはこのgooブログさんがしっくりくるようだ。

再びこちらで書いていこうと思います。

アメブロさんで書いた記事も逆輸入していこうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ。

2012年06月25日 00時29分31秒 | 日記&雑記
ちょっと気分を変えたいと思い、しばらくの間別な場所にブログを書くことにいたしました。

そっちに行ったままになるのか、すぐに戻ってくるのかわからないけど、気分転換みたいなもんです。

とは言っても、マメに更新もせず放置気味の当ブログですが、もしご覧頂いている方がいらっしゃったら、今後ともよろしくお願いします。

では、ちょっと行ってまいります。

新しい場所:

ある作業療法士のブログ2 http://ameblo.jp/muscle-strength/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加