武蔵野 MAD ケーチャン!!

ピンと来たものへの追求と、たった一度の人生、濃縮な日常を求め日々活動するオトコの記録。・・・チャンスはいつも一度きり。

ご褒美肉~日常は楽なのか苦なのか、その答えは風に吹かれている~

2017-06-20 10:46:34 | グルメ
、休日。自転車でまたも東西南北~とうろうろ散策していると!ええ!!あの肉の業務生鮮品専門店「肉のH」を見つける!こんなところに「肉のH」があったのか~~の大盲点、灯台下暗し
早速店内を物色し、ありましたありました!600gのオージービーフのランプ肉(もも肉)ステーキ!これが1000円前後で買えるなんて!街中のスーパーじゃなんとも半端なステーキ肉しかく、この「肉のH」のどかりと、そして脂身たっぷりなテキサス野郎が食らいつくような巨大ステーキ、たまりませんな!!こりゃご褒美肉と称し、今回はサーロインステーキを2枚購入!!、、じつは見つけてから3回目の来店でいて、前回、前々回は月一のご褒美ステーキランプ肉を購入したのだが、どうも固く(自分はしっかり焼いたウェルダムが好き)なのもあり、致し方ないのだが~今回はミディアム・レアで焼き目をつけてゆこうかと、、、。
おっと、ソースね。本当はイギリスのA1ソースがよろしい!!このA1ソースは沖縄のステーキショップで初めて知ったが、基地の文化~意外にもイギリスが原産国のようでいて~他にはスパムならぬ缶詰肉消費県民、第一位人気の「チューリップ」、あれも原産国はデンマーク、と国際色豊か~沖縄の事情がうかがえるもの。前述したA1ソースはおいてませんとのことで、かわりにといってはなんだが、かの有名な「ヨシダソース オリジナル」を購入。
このヨシダソース、名前のとおり邦人、団塊世代の一人の日本人が19歳で渡米して財を築いたブランドでいて、醤油ベースの甘辛いステーキソース、80年代にはテリヤキ・ソースがウケにウケたが、時代の波に乗った成功者のソースといえよう。これはかけてみるに、いられずにはいられない!!

帰宅後、ホットプレートに牛脂を乗せ、にんにくスライスを軽く炙った後に~鉄板へライドオン!!ジュウわわわわわ~~~~と肉が鉄板に滑るやいなや、大量の肉の水蒸気!!うわあ~~~とご褒美肉であるから、やや重たいフルボディの安赤ワインを呑みながら焼けるのを待つ、、、。そしてひっくり返せばいい焼き加減。おっと、今回は焼きすぎは厳禁、「ミディアムレア」っぽく、それっぽく焼き上げる、、、。(素人目)ね、、、。いい感じなので、ほろ酔いの胃袋に、やつを流し込むべく、バターをひとかけ、そしてヨシダソースのダブルコーティング!!

う、うまい!!最高のひとときである!!ささっと平らげてしまったかな、サーロインステーキ、On鉄板、In自宅。外で食べれば高くつくであろう、お酒付きならばなお!!
・・・楽あれば苦あり、言うまでもなく翌日からはストイックにジョグに励むプラマイゼロな日々、、、。BIGINのうたであったね「働くからこそ休まれる」、、、なるほど。
そしてどちらかといえば「苦」が多い日常へと戻るのでいた(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕暮れの街~野良猫・献上品~ | トップ | 臭蛇~シュウダ・アオダイシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。