むさしドリーム眼科

「社会に対する感謝の気持ちを持って、
来院された方々に健康・元気・夢を提供します」

日本臨床眼科学会

2017年10月23日 | Weblog

 

 こんにちは、視能訓練士の小林です。

 

先日10月12日から15日にかけて、日本臨床眼科学会が東京国際フォーラムで行われ、当院でも数名参加しました。

日本臨床眼科学会は、眼科界では特に大きな学会で、年に一度たくさんの研究発表や学術展示、最新の器械展示などが行われます。

そして今回初めて、当院の視能訓練士田中が発表させて頂きました。

題材は、「5歳6歳に対して行ったオルソケラトロジーの成績」についてです。

オルソケラトロジーは取扱いを怠らなければ安全で、なおかつ眼鏡よりも有意に近視進行抑制効果が有ることを認めました。

オルソケラトロジーに興味があるかたは、ぜひスタッフまでお尋ね下さい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多焦点眼内レンズ

2017年09月22日 | Weblog

 

こんにちは

視能訓練士の神田です

 

先日、最近新しく発売された多焦点眼内レンズの勉強会がありました。

手術された患者さんの結果は好評なようです。

 

多焦点眼内レンズでは、夜間に光がにじんで見えるハロー現象や眩しく見えるグレア現象などが起こることがありますが、この多焦点眼内レンズでは独自のデザインで抑制されるようになり、眼全体の色収差が補正され単焦点眼内レンズに近い良好なコントラスト感度が得られるようになっています

また、多焦点眼内レンズは焦点が遠方・近方の2箇所に設定されているため、中間距離においては視力が落ち込む傾向に有りましたが、このデザインにより中間距離の視力の落ち込みを少なくし明視域が広がっています。

 

 

当院においてもこの多焦点眼内レンズを取り扱うことになり、患者さんにより良いサービスが提供出来るようになると思います。

また、この眼内レンズは先進医療の対象となっているので、先進医療保険に入っておられる方はご相談下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

納涼会

2017年08月18日 | Weblog

 

こんにちは

看護師の齋藤です。

まだまだ残暑厳しいなか、みなさま体調いかがですか?

 

むさしドリーム眼科は毎年恒例の納涼会を貴船の川床で行いました

川のせせらぎを聞きながら、美味しいお料理を食べて…のはずが、

15分後にゲリラ豪雨がくるという予報のもと、室内での納涼会に変更 (なんとその予報は大当たり) 

でもスタッフ一同楽しい時間を過ごすことができ、

明日からも日々患者様を笑顔でおむかえしたいと気持ちを新たにしました。

 

もうすぐ9月そろそろ秋の花粉 (ブタクサ) が飛びだす季節です

なにか最近目がかゆいな…と感じたら、もしかしたら秋の花粉症かも?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天王寺区 夢・みらい教室【職業講話】

2017年07月12日 | Weblog

こんにちは。事務担当の堀井です。

2017年7月9日(日曜日)、天王寺区役所にて、中高生を対象に当院院長が職業講話を行いました。
参加された皆様が大変に熱心に講義を聞く様子が伺えました。

日本一の文教「都市」を目指さしている天王寺区。本当に良い取り組みをされてると感じました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「こころの健康・からだの健康まつり2017」に参加しました

2017年07月03日 | Weblog

視能訓練士の田中です

6月28日枚方市立渚市民体育館で行われた「こころの健康・からだの健康まつり2017」に昨年に引き続き参加させていただきました。

今回も緑内障検診をさせていただき、多くの方に参加していただきました。

緑内障は40歳以上の20人に1人以上もいると推定されていて、視覚障害の原因疾患の第一位の疾患です。視野が欠けるなどの症状も進行するまで自覚しづらいため、40歳を過ぎたら定期的に眼科の検診をおすすめします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加