控えめ予算の旅の記録

男ひとり旅ならではの少々過酷な旅。いっぱい旅したいので1つ1つの旅は低予算。それでいて充実した旅を目指します。

なるほど!やんば資料館

2017-02-24 10:31:00 | 青春18きっぷの旅・冬の上越&上州編

10:15草津温泉→(JRバス関東)→10:43長野原草津口

11:12長野原草津口→(吾妻線・普通)→11:17川原湯温泉

数年後、八ッ場ダムの底に沈んでしまう「 川原湯温泉 」へとやって来た。

温泉街を含め、水没してしまう地区に住んでいる住民達は、新しく 高台に作られた住居に移り住んでいるという事で、今度は そちらへ行ってみる。

高台に移設された、新・吾妻線の「新・川原湯温泉駅」前の道路を東方向へと歩いて行く。

トンネルを抜けると、真新しい住宅街が見えてきた☆

向こうに見える橋は「 八ッ場大橋

高台から眺めると、同じ目線上にあるが、橋の下は こんな感じになっている。

通常では有り得ない程、高い位置に架かっている。

これは 7年前に撮った写真で、現在は 工事が本格化し、このような視点から 橋を見上げる事は 不可能。


かつて 下の温泉街にあった、川原湯温泉のシンボル的存在「 王湯 」も 高台に移転された。


↓↓の写真は、既に 取り壊されてしまった、かつての「王湯」

雰囲気が よく似ている。


では、このまま「八ッ場大橋」の方まで行ってみる事にしよう!
橋の真ん中まで行けば、八ッ場ダムの全容が眺められるかもしれない。



真新しい住宅街の中を歩いていると、プレハブ小屋を発見!

工事関係者の休憩施設かと思いきや、観光客向けの施設。
その名も「 なるほど!やんば資料館

横にある巨大なタイヤは、工事で使用している重機と同じものを 展示しているらしい。
デカい!


それでは、中へ☆



ドアを開けると、最近 様々な場所に出没している 感情認識ヒューマノイドロボット “ ペッパーくん ” とやらがお出迎え。

一度 目が合うと、場合によっては しばらくの間、見つめられてしまうところが不気味だと ささやかれる“ペッパーくん”☆

室内にいるのは、自分だけ。
今も、黒目だけが ひそかに こっちを向いている。

こ、怖い・・・?

自分が目をそらそう!


巨大な地図となっている床は、土足OK!

展示物によると、ダム周辺は こうなっているらしい。

水色の部分が 水没 するエリアのようだ。

なるほど!
以前からあった 川原湯温泉駅や国道は、水没を余儀なくされるワケか。


また、上空から見ると・・・

ダムの完成前と完成後の光景が わかりやすく表示されている。

現在は「高台にある住宅地」と呼べるエリアも、
ダム完成後は「貯水池の畔(ほとり)」という表現が ふさわしい光景になるワケね。

確かに、資料館名に偽りなしの“なるほど” ぶり?


展示物の中には、旧・川原湯温泉駅の写真もある☆

そうそう!

以前 訪れた時は、この駅で下車したんよ!

駅の上に見える橋が「八ッ場大橋」というワケか。
という事は、橋の上に行けば、駅が見下ろせるのかな?

行ってみるか!

ペッパーくん に別れを告げ、八ッ場大橋へと向かう。

“ペッパー”と言う名前だけあって、故障しがちでなければ良いが・・・



つづく

☆ブログランキングに参加しています☆
一人旅ランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 川原湯温泉街の「今」と「昔」 | トップ | 見放台から眺める八ッ場ダム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。