控えめ予算の旅の記録

男ひとり旅ならではの少々過酷な旅。いっぱい旅したいので1つ1つの旅は低予算。それでいて充実した旅を目指します。

秋の奥日光③ 小田代ヶ原から戦場ヶ原へ

2016-11-26 11:15:00 | 秋の奥日光ハイキング
秋の紅葉シ-ズン真っ只中の“奥日光”にやって来た。
朝一のバスで、奥日光の最も奥「湯元温泉」に到着したのは、7:25。

8:50に「湯滝 」に到着し、9:15「戦場ヶ原」の入口に差し掛かる。

泉門池で ひと休みした後は、まだ 足を踏み入れた事のない「小田代ヶ原(おだしろがはら)」へ☆

国境(じゃないけど)を越え、小田代ヶ原の領域に入ると、イイ感じに紅葉した木々が目に飛び込んできた☆

戦場ヶ原の さらに奥に広がる「小田代ヶ原」


戦場ヶ原が ハイキングの定番ルートなら、小田代ヶ原は 穴場 ルート。
こっちまで やって来る人は少ない。

後で調べたら、この木は カラマツらしい。

別に、何の木でもいいの!
とにかく紅葉してれば。
でも、この場合は“紅葉”と言うより、“黄葉”と言うらしい。

カラマツの黄葉は、今(10月下旬)がピークの様で、ベストなタイミングで来たもんだ。

遊歩道のある場所をよく見ると、景観を損ねない為か?木々と湿原の境目に作られているのがわかる。

ようやく 第一村人 じゃなくて観光客を発見!

人とすれ違う事もほとんどなく、静かで落ち着いた雰囲気の小田代ヶ原。
いいねぇ!この静けさ。
まさに、穴場。

10:00、小田代ヶ原の南端にある「小田代ヶ原展望台」に到着。

約1ヶ月前(9月下旬)なら、草が一面 真っ赤 に染まる 草紅葉(くさもみじ)と言う光景が見れたらしい。

現在(10月下旬)草の紅葉は 完全に終わってしまったようで、すっかり冬の光景となっている。

ただ、カラマツの黄葉は 今がピークって事で、草の紅葉とは1ヶ月くらい ピークがズレるようだ。
今回は“カラマツ”の方を押さえたって事で。

展望台の近くには、ピクニックテーブル。

その向こうには、国境(じゃないけど)を挟んで、トイレと車道。
車道には、バス停もある。

こんな所まで、路線バスが来ていたんだ!

それはさておき、この後どうしようか?
「小田代ヶ原展望台」まで来てしまうと、完全に戦場ヶ原を迂回している事になる。

戦場ヶ原を通らずに、南に抜けるルートもあるが、やっぱり 戦場ヶ原も通りたい!
再び「泉門池」まで戻る事にした。

今日は、相当歩く事になりそうだ。


30分ぐらいかけて 先程休憩した「泉門池」まで戻り、戦場ヶ原の入口に再び差し掛かる。

10:40、湯川に架かる「青木橋」を渡り、

「青木橋から見た湯川」


10:45「戦場ヶ原」に到着!


つづく



























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 秋の奥日光② 湯滝から戦場ヶ原へ | トップ | 秋の奥日光④ 戦場ヶ原から竜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

秋の奥日光ハイキング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。